長崎 バス ジャック 事件。 西鉄バスジャック事件

佐賀・西鉄バス乗っ取り事件

長崎 バス ジャック 事件

長崎バスジャック事件(ながさきバスジャックじけん)は1977年(昭和52年)10月15日に発生したバス乗っ取り事件である。 なお「バスジャック」という語はもともと「ハイジャック」の意味と語源の勘違いから生まれた和製英語であり、本来ならば「バス・ハイジャック」が妥当であるが、そのまま定着しているため使用することとする。 この事件は2人の犯人によって起こされた。 犯人の1人は射殺され、人質は無事救出された。 1977年10月15日午前、長崎県平戸市から佐世保市・大村市を経由して長崎駅前に向けて運行中の西肥自動車の路線バスが途中の大村市内を走行中、銃や爆弾を持ち「阿蘇連合赤軍」を名乗る2人組の男性に乗っ取られた。 その後、バスは給油のため長崎市内のガソリンスタンドに立ち寄ったが、スタンド従業員からの通報を受けた警察はバスのエンジンスターターを不作動にする措置を行い、バスを包囲した。 犯人たちは、乗客5人の解放と引きかえに食料(寿司30人前)や水、そして毛布50枚を要求していた。 また「瀬戸山三男法務大臣と、新自由クラブの河野洋平代表(当時の野党)及び細川隆元政治評論家を連れてこなければ交渉には応じない」などと主張した。 しかし、この時に犯人らは自分達の事を「阿蘇連合赤軍」と極左風の団体名を名乗っておきながら右翼的な論評の目立つ保守派評論家であった細川隆元の事を「細川隆元先生」と呼ぶなど思想的に考えて支離滅裂と思わざるを得ない発言が目立ったことから、警察では早い時点で犯人達は赤軍派とは無関係の集団だと判断していた。 実際、犯人らは赤軍派を名乗っていたが政治思想とは何ら関係ない場当たり的な犯行であった。 長崎県警は犯人らに対して説得をおこなったが、人質の体力が限界に達したとして、事件発生後18時間経過した翌16日午前4時25分に警察官の一人が説得しながら最終的に犯人を挑発したところ、主犯格の男が手製爆発物を投擲、爆発物が爆発した瞬間に突撃隊は一斉にバス内部へ突入した。 3名の警官が合計7発を発砲、この銃撃で主犯(当時31歳)は被弾し20分後に死亡、もう1人の犯人(当時39歳)は重傷を負った。 人質16人は全員無事に救出された。 生き残った犯人には懲役6年が言い渡された。 犯人射殺による人質事件の解決は1970年に発生した瀬戸内シージャック事件以来2例目となった。 この事件は長崎放送とテレビ長崎が、突入から逮捕、人質救出までの様子を全国に中継しているが、後側からズームカメラで写した映像がVTR保存されており、この映像は鮮明に写っている(近距離の映像は、16mmフィルムで撮影されているため不鮮明である)。 偶然にも長崎放送は当日夜にカージャックを題材にした洋画「続・激突! しかし、その洋画は途中で中断し、本物のバスジャック事件としてこの事件の中継が流され続けた。 なお、長崎放送はその日フィルムカメラのオーバーホールを始めたうえ、中継車は翌日のゴルフ中継に出していたが、最終的にゴルフ中継に支障が出ても中継車を投入すべきだという意見が通り、人質救出の様子は中継できた。 なお、テレビ長崎がNNN加盟局として日本テレビに送った映像が同局ワイドショーでも使われ(これ自体は正当でよくある話)、そのワイドショーが長崎放送にネットされていたため、テレビ長崎取材の映像が長崎放送で流れる羽目になった。 テレビ長崎ではその映像をみて全員が驚いたという。 2000年の西鉄バスジャック事件が本事件と混同されているケースが多い。 事実、サーチエンジンで「長崎バスジャック」を検索すると、このようなケースが検索結果として多く出てくる。

次の

長崎バスジャック事件とは

長崎 バス ジャック 事件

経過 [ ] 1977年10月15日午前、長崎県発・経由行きのの( ・F623号車 登録番号:佐世保22か・344 が途中の大村市内を走行中、改造や手製を持ち「阿蘇連合赤軍」を名乗る白い覆面姿の2人組の男に乗っ取られた。 その後、バスは給油のため茂里町にある南国殖産のに立ち寄ったが、スタンド従業員からの通報を受けたはバスのを不作動にする措置を行い、バスを包囲した。 犯人たちは乗客5人の解放と引きかえに(30人前)や(30人前など)、50枚を要求した。 また「のと(当時の)代表の及び、政治評論家のを連れてこなければ交渉には応じない」などと主張した。 しかし、この時に犯人らは自分達の事を「阿蘇連合赤軍」とを想起させる団体名を名乗ったが、的な論評の目立つ派評論家であった細川について「細川隆元先生」と呼ぶなど、思想的な見地からは矛盾する発言が目立ったことから、では早い時点で犯人達はとは無関係の集団と判断していた。 実際、犯人らは赤軍派を名乗っていたが、とは何ら関係なく、身代金を狙った場当たり的な犯行であった。 犯人は人質の女性の首に爆発物のようなものを巻き付け、また、車内の窓に針金のようなものを張り巡らし、「窓が一枚でも割れたら爆発する」などと脅迫していたが、警察官が差し入れを行った際に針金の一部が外れたものの爆発しなかったことから、女性の首に巻かれた爆発物が偽装であることを警察に把握されていた。 警察は犯人らに対して説得を行ったが、人質の体力が限界に達したとして、事件発生後18時間経過した翌午前4時25分にの一人が説得しながら最終的に「撃つなら俺を撃て、撃つなら撃ってみろ! 」と犯人を挑発したところ、主犯格の男が手製爆発物を投擲、爆発物が爆発した瞬間に突入隊は一斉にバス内部へ突入した。 3名の警察官が合計7発を発砲、この銃撃で主犯の男が被弾し20分後に死亡、もう1人の犯人は重傷を負った。 人質16人は全員無事に救出された。 重傷を負った犯人には6年が言い渡された。 犯人射殺による人質事件の解決はに発生した以来2例目となった。 また本事件の約1年3ヵ月後のに発生した以降、日本国内における人質立てこもり事件で犯人射殺により解決に至ったケースは存在しない。 また警察はとしてを差し入れ、犯人の一人が味噌汁の入った鍋の取っ手をつかんだと同時に犯人を取り押さえ、バスに突入する作戦を検討していたが、事件発生翌日の明け方の時間帯に突入が行われたためこの作戦は実施されなかった。 その他 [ ] この事件はと が、突入から逮捕、人質救出までの様子を全国に中継しているが、後側からズームカメラで写した映像がVTR保存されており、この映像は鮮明に写っている(近距離の映像は、16mmフィルムで撮影されているため不鮮明である)。 またも運転席側から突入の瞬間を撮影している。 長崎放送では事件発生当日夜に、パトカーに対するカージャックを題材にした映画『』が、において同年7月に『 』として放送されたものを『 』として放送していたが、それを中断してこの事件の中継が放送された。 長崎放送では事件発生当日にフィルムカメラのオーバーホールが行われており、また中継車を翌日のゴルフ中継のために準備させていたが、最終的にゴルフ中継に支障が出るとしても中継車を事件現場に投入すべきとの意見が通り、人質救出の様子を中継することとなった。 また、テレビ長崎がとしてに送ったこの事件の取材映像が日本テレビ制作の朝のワイドショー番組『』でも使われたが、この番組がテレビ長崎ではなく長崎放送で時差ネットされていたため、テレビ長崎の取材映像が長崎放送で放送されることとなった。 テレビ長崎では社内でその映像を見た全員が驚いたという。 このバスジャック事件の通称は「長崎バスジャック事件」だが、「長崎市内で発生したバスハイジャック事件」の意であり、「長崎バス()の車両がハイジャックされた事件」ではない。 また、事件が起きた「平戸 - 佐世保 - 長崎」間の路線バスは既に廃止となっているが、佐々 - 佐世保 - 長崎間は高速バスにより運行が継続されている()。 バスジャックに遭った車両は、のちに西肥自動車に返還され、修理を受けて営業用に復帰し、(平成7年)まで使用された後、長崎県内の山中に置かれていて、物置きとして使われていた。 注釈 [ ]• 1981年2月18日に放送された『 日本100大犯罪』(テレビ朝日制作)では「 北九州バスジャック事件」(きたきゅうしゅうバスジャックじけん)と称している。 瀬戸内シージャック事件では、所属の2名により当時のとが(最終的には)されているが、この事件においては同様の告発はなかった。 当時の長崎県の民放テレビ局はこの2局だけで、テレビ長崎は当時とのだった(突入が行われた時間帯は日本テレビ系列の番組をネット)。 2018年8月9日 閲覧 関連項目 [ ]• - 本事件と同じく犯人射殺により終結した事件。 - 本事件と同じく犯人射殺により終結した事件。

次の

長崎バスジャック事件の動機は?犯人のその後はどうなった?

長崎 バス ジャック 事件

1977年10月15日、長崎県内で発生したバスジャック事件の当該車両が、このほど同県の山中で発見された。 バスの外観は当時の広告が張られたままで、車内は物置のような状態になっていた。 発見した長崎市内の30代男性は、こう語る。 「数か月前から知り合いの間でバスジャック事件の車両が放置されていることが話題になっていました。 自分は30代ですが、みんなは50~60代なので、当時のことをよく知っているんです。 そんな車両なら一度、見てみたいと思って出かけてみたところ、意外にも簡単に見つかりました。 犯人はこのバスに立てこもっているときに、警官に撃たれて亡くなったんですよね。 そんな車両がこうした形で残されていることに、びっくりしました」 長崎バスジャック事件とは、長崎県平戸発、長崎駅前行きの路線バスが走行中に「阿蘇連合赤軍」を名乗る覆面姿の2人組の男に乗っ取られたものだ。 犯人は改造銃や手製爆弾を持っていた。 赤軍派を名乗っていたが、政治思想はなく、身代金を狙った短絡的な犯行だった。 この事件は発生後18時間を経過した16日午前4時25分に警察官の一人が「撃つなら俺を撃て! 撃つなら撃ってみろ!!」と言いながらバスに近づいたところ、主犯格の男が手製爆発物を投げた。 この爆発物が爆発した瞬間に突入隊がバス内部に突入。 3人の警察官が7発を発砲したことにより、主犯の男が被弾して20分後に死亡。 もう1人は重傷を負った。 人質16人は全員無事に救出されている。 事情通は「この車両は鉄くずになる直前に現在の所有者が入手したそう。 お盆前後に九州の別の場所に移動される予定になっているようです。 どのような目的で移動されることになったのかは全く分かりません」と語る。 事件から40年以上の時が流れ、このような形で当該車両が残されていたことは驚きだ。 あわせて読みたい•

次の