浜名湖競艇リプレイ。 ボートレース浜名湖の特徴やイベントやアクセス方法など詳細まとめ

全国の競艇ライブ中継&リプレイ

浜名湖競艇リプレイ

ボートレース浜名湖とは? ボートレース浜名湖(浜名湖競艇場)は、静岡県の浜名湖南岸にあるボートレース場です。 当施設は、東日本で最初に開設されたボートレース場であり、当初は旧浜名郡舞阪町弁天島(現:浜松市西区弁天島)に作られていましたが、1968年に現在地に移転となりました。 施行者は浜名湖競艇企業団(湖西市、浜松市)で、JRの新居町駅のレース場専用改札口から至近の場所にあり、駅のホームからレース場の大型掲示板を確認することができるほか、東海道新幹線の車窓からもレース場を見渡すことができて、晴れた日には場内から眺められる富士山が絶景です。。 ボートレースに対する啓蒙活動は全国24か所の競艇場の中でもかなり熱心であり、職員によるモーターボートの説明および競技の説明が頻繁に行われたり、お笑い芸人などのゲストを呼んでライブやトークショーがあったり、ゲストを交えてのボートレース初心者向け講座が行われていたりもします。 ボートレース浜名湖の特徴 ボートレーサの間で最も走りやすいと言われるのがボートレース浜名湖の大きな特徴です。 その為、競艇選手によるアンケートなどで苦手な水面をあげる場合、浜名湖競艇場が出ることはほとんどありません。 そしてレースを予想をする上では欠かせない情報として、冬場になると強い北西の風が吹き、インの勝率が上昇するという点もあげられます。 水面は浜名湖を利用したプールの競争水面で、水質は汽水もしくは海水です。 競争水面の面積は日本の競艇場の中で最も広く走りやすいとされています。 主要競走 それでは、ボートレース浜名湖の主要競走をご紹介します。 周年記念 GI の名称は「浜名湖賞」です。 新鋭リーグ戦の名称は「若鮎杯」で、女子リーグ戦の名称は「フラワーカップ」となっています。 マスコットキャラクター ボートレース浜名湖のメインマスコットキャラクターはツバメをモチーフにした「スワッキー」です。 他にもクロッキーとローリーがいて、それぞれにちなんでスワッキーアタック、クロッキーアタック、ローリーアタックのレースが開催されています。 なぜツバメをモチーフとしているのかはわかりませんでしたが、かなりアクティブな動きを魅せてくれる印象があるマスコットキャラクターです。 一押しグルメ ボートレース会場と言えば中で食べることの出来る飲食は注目したいところですよね。 ボートレース浜名湖の名物グルメとなっているのは、串カツとエビフライといか五平です。 どれも価格が安く、サッと食べることが出来るのが良いですね。 ビールを片手に観戦するときのお供には欠かせない絶品グルメです。 他にも2階のレストランには定番の牛丼やたこ焼き、カレーやラーメンと充実したラインナップになっているので、食べ物グルメで困るということはないでしょうね。 そして、3階の指定席内にあるレストランでは浜名湖の名物とも言えるウナギを堪能することも出来ます。 競艇でガッツリ稼ぐことが出来たら豪勢に鰻を嗜む贅沢プランも良さそうですよね。 充実した屋内席 ボートレース場の屋外観戦は迫力もありますし、一番見ていて楽しいのですが、夏や冬はどうしても気温が気になりますし、悪天候時は使えませんよね。 ボートレース浜名湖では屋内の席にかなりゆとりがあり、有料の予約席も豊富に用意がある上、とてもきれいで見やすい席となっています。 ロイヤルルームと南スタンド3Fに席が分かれており、価格も1500円からと良心的です。 ボートレース浜名湖の予想は難しい? 実は、全国24か所のボートレース場の中でも非常に予想が難しく、勝ちにくいと言われているのがボートレース浜名湖です。 レース予想をする上で押さえておきたいポイントが二点あります。 まず一点目は、先述していますが、風向きの問題です。 それだけではなく、夏場はインが不利なのかと思いがちですが、2号艇の勝率は比較的高いのでインが不利ともいえず、予想が安定しづらい傾向にあります。 夏場には向かい風、冬場には追い風になるということを必ず知っておきましょう。 そして二点目は、ボートレース浜名湖の4レース目はランチタイム戦で開催されるということ。 ランチタイム戦とはいわゆる鉄板番組と呼ばれるもので、1号艇がA級選手、他がB級選手というの決まっている形式のレースとなります。 これだけの状況下ともなれば、1号艇の3着連対率は非常に高く、予想も安定しやすくなりますよね。 それだけ固いレースになりますが、配当もあまりつきません。 荒れた際には配当は美味しいですが、荒れ予想でいくのか本命でいくのか迷いやすいレースです。 これらの傾向を把握しておく事は、レース予想する上で重要となりますので必ず覚えておきましょう。 レースはライブ配信で結果を確認 会場内では巨大なスクリーンにて展示航走やレースを見ることが出来ます。 そして、インターネット上でもレースをライブ配信している他、リプレイも確認できるので使い分けていきましょう。 アクセス方法 JR東海道本線新居町駅競艇場口から専用通路(屋根付き)を歩いて3分程でつきます。 ・無料バスが多数出ておりますので公式HPでチェックしましょう。 ただ、インターネット投票が全盛な今だからこそ、直接足を運んで競艇を楽しむという原点に立ち戻るのは大切なことではないでしょうか。 また、予想が難解ということは、それだけ高配当が出やすいとも言えますので、穴党には狙い目の会場です。 是非とも会場を訪れて、文章だけでは伝えきれない魅力の数々を是非体験してみてください。

次の

ボートレース浜名湖の特徴やイベントやアクセス方法など詳細まとめ

浜名湖競艇リプレイ

次節の総展望 頑張れレノファ! 徳山からエールを送る6日間! ボートレース徳山では7月20日から「レノファ山口カップ」が開催される。 サッカー・J2リーグで戦うレノファ山口とコラボしたこの大会は、17年にスタートして今年で4回目。 毎年夏の恒例レースになってきた。 今回はA1勢から山一鉄也(福岡)、荒井輝年(岡山)、市橋卓士(徳島)、竹田辰也(山口)、海野康志郎(山口)、中田元泰(香川)、末永由楽(岡山)、片岡雅裕(香川)、長谷川雅和(岡山)、高田明(佐賀)が参戦。 高速ドリブルで水面を切り裂き、Vゴールを駆け抜けるのは誰になるのか。 V候補の筆頭格に挙がるのは市橋卓士だ。 今年の勝率7. 05は今節出場メンバーのなかでトップの数字。 今年5優出1Vとコンスタントな活躍を見せており、3月のSGボートレースクラシックでは予選6位に入るなど記念戦線でも存在感を示している。 徳山では過去2回のV歴。 当地前走となる18年のG3企業杯で堂々のオール3連対Vを飾っており、今節は徳山2節連続3回目の優勝がかかる一戦だ。 対抗一番手は竹田辰也と海野康志郎の地元勢か。 竹田は昨年7月に行われた「レノファ山口カップ」で優出2着。 羽野直也と優勝争いを演じて惜しくも準Vだっただけに今回は頂点を狙いたい。 徳山は通算15優出0V。 悲願の当地初Vを目指す。 海野は徳山通算19優出2V。 近況当地2節連続優出中だ。 今年初めての徳山参戦で大暴れを見せるのか。 荒井輝年も見逃せない。 4月の江戸川戦と5月の若松戦で優勝するなど今年6優出2Vをマークしている。 徳山は今年すでに2回走っており、2月の「山口マツダ周南東店カップ」では松井繁や上條暢嵩らとV争いを演じて優出4着に入っていた。 徳山初Vは射程圏だろう。 その他ではG1タイトルホルダーの意地を見せたい片岡雅裕や、5~6月に4節連続優出を飾るなどリズム上昇中の山一鉄也、前期勝率6. 20で2期連続のA1級キープに成功した末永由楽、6月のG1大村周年で予選6位に入るなど近況地力アップが光る中田元泰、前期勝率6. 44で4期ぶりのA1級復帰を果たした長谷川雅和、6月の住之江戦で約3年9カ月ぶりの優勝を飾った高田明らがV争いに加わってきそう。 またA1勢以外にもSGタイトルホルダーの田頭実(福岡)と濱村芳宏(徳島)や、徳山2Vの実績がある上田隆章(香川)と眞田英二(徳島)、6月の丸亀戦で約7年ぶりの優勝を飾った吉田光(佐賀)、4月の宮島GWレースで優勝した松本博昭(広島)など楽しみな選手が揃っている。 (データはすべて7月2日現在。 カッコ内は所属支部)• 一般戦• モーニング• 女子戦 本場一般席 7月 1 水 2 木 3 金 4 土 5 日 6 月 7 火 8 水 9 木 10 金 11 土 12 日 13 月 14 火 15 水 16 木 17 金 18 土 19 日 20 月 21 火 22 水 23 木 24 金 25 土 26 日 27 月 28 火 29 水 30 木 31 金 本場 JLC放送 682 680 680 680 680 681 681 681 681 681 681 680 681 681 681 681 681 684 683 683 683 683 683 683 684 684 場外 本場指定席&すなっちゃ徳山 本場 休館 モーニング デイ ナイター•

次の

【競艇】良いモーターはココが違う【成績/2連対率の見方】|ふねバカ

浜名湖競艇リプレイ

次節の総展望 頑張れレノファ! 徳山からエールを送る6日間! ボートレース徳山では7月20日から「レノファ山口カップ」が開催される。 サッカー・J2リーグで戦うレノファ山口とコラボしたこの大会は、17年にスタートして今年で4回目。 毎年夏の恒例レースになってきた。 今回はA1勢から山一鉄也(福岡)、荒井輝年(岡山)、市橋卓士(徳島)、竹田辰也(山口)、海野康志郎(山口)、中田元泰(香川)、末永由楽(岡山)、片岡雅裕(香川)、長谷川雅和(岡山)、高田明(佐賀)が参戦。 高速ドリブルで水面を切り裂き、Vゴールを駆け抜けるのは誰になるのか。 V候補の筆頭格に挙がるのは市橋卓士だ。 今年の勝率7. 05は今節出場メンバーのなかでトップの数字。 今年5優出1Vとコンスタントな活躍を見せており、3月のSGボートレースクラシックでは予選6位に入るなど記念戦線でも存在感を示している。 徳山では過去2回のV歴。 当地前走となる18年のG3企業杯で堂々のオール3連対Vを飾っており、今節は徳山2節連続3回目の優勝がかかる一戦だ。 対抗一番手は竹田辰也と海野康志郎の地元勢か。 竹田は昨年7月に行われた「レノファ山口カップ」で優出2着。 羽野直也と優勝争いを演じて惜しくも準Vだっただけに今回は頂点を狙いたい。 徳山は通算15優出0V。 悲願の当地初Vを目指す。 海野は徳山通算19優出2V。 近況当地2節連続優出中だ。 今年初めての徳山参戦で大暴れを見せるのか。 荒井輝年も見逃せない。 4月の江戸川戦と5月の若松戦で優勝するなど今年6優出2Vをマークしている。 徳山は今年すでに2回走っており、2月の「山口マツダ周南東店カップ」では松井繁や上條暢嵩らとV争いを演じて優出4着に入っていた。 徳山初Vは射程圏だろう。 その他ではG1タイトルホルダーの意地を見せたい片岡雅裕や、5~6月に4節連続優出を飾るなどリズム上昇中の山一鉄也、前期勝率6. 20で2期連続のA1級キープに成功した末永由楽、6月のG1大村周年で予選6位に入るなど近況地力アップが光る中田元泰、前期勝率6. 44で4期ぶりのA1級復帰を果たした長谷川雅和、6月の住之江戦で約3年9カ月ぶりの優勝を飾った高田明らがV争いに加わってきそう。 またA1勢以外にもSGタイトルホルダーの田頭実(福岡)と濱村芳宏(徳島)や、徳山2Vの実績がある上田隆章(香川)と眞田英二(徳島)、6月の丸亀戦で約7年ぶりの優勝を飾った吉田光(佐賀)、4月の宮島GWレースで優勝した松本博昭(広島)など楽しみな選手が揃っている。 (データはすべて7月2日現在。 カッコ内は所属支部)• 一般戦• モーニング• 女子戦 本場一般席 7月 1 水 2 木 3 金 4 土 5 日 6 月 7 火 8 水 9 木 10 金 11 土 12 日 13 月 14 火 15 水 16 木 17 金 18 土 19 日 20 月 21 火 22 水 23 木 24 金 25 土 26 日 27 月 28 火 29 水 30 木 31 金 本場 JLC放送 682 680 680 680 680 681 681 681 681 681 681 680 681 681 681 681 681 684 683 683 683 683 683 683 684 684 場外 本場指定席&すなっちゃ徳山 本場 休館 モーニング デイ ナイター•

次の