少女 ネタバレ。 「時をかける少女」のネタバレ&あらすじと結末を徹底解説|大林宣彦監督

【月刊少女野崎くん10巻 ネタバレ注意】若松がモテる…青春の一大イベント修学旅行が描かれる

少女 ネタバレ

1年後にまた東根の家に戻るまでの間、優里は一人で暮らすことになりますが、それは東根に大人になったところを見てもらうための、けじめだと話すのでした。 社畜と少女の1800日【第108話】のネタバレ 家で一人机に向かって勉強をする優里。 その時、優里の携帯が鳴りました。 相手は浅岡からで、今優里の家の近くまで来ており話したいことがあるとのこと。 優里がアパートの階段を下りると、浅岡が下で待ち構えていました。 浅岡は大家さんに怒られないか心配しているようですが、部屋の外で話せば大丈夫だと答える優里。 さらに部屋の電気も消えているため、恐らく寝ていると話します。 そして優里が話したいことは何なのかと浅岡に聞きました。 浅岡はこの間東根が病院に行ったことを優里に伝えましたが、余計なことを言ってしまったのではないかとずっと気になっていたと言います。 東根が病院に行くことを優里が知らないと思わなかったらしく、優里が真っ青な顔をして学校を飛び出していったため、心配になったようです。 そんな浅岡に、心配かけてごめんと謝る優里。 しかし浅岡に教えてもらわなかったら、ずっと知らないままだったため、あの時伝えてくれてありがとうと感謝します。 すると浅岡は優里に、あの人のことが好きなのかと唐突に尋ねました。 そんな浅岡の問いに優里は少し沈黙した後、顔を赤らめながら「うん」と答えます。 それを聞いた浅岡はショックを受けている様子。 しかし表情には出さず、また卒業式で会おうと別れを告げる浅岡。 優里はお礼を言い、浅岡が自転車で走っていく姿を見送って家に戻りました。 一方浅岡は自転車を無我夢中でこぎながら、涙を流すのでした。 平日の昼間に公園で子供たちが遊ぶ中、東根はベンチでボーっと空を眺めていました。 こんな風にのんびりしたのは、とても久しぶりでした。 しかしそんな東根を子供の母親たちは昼間から何をしているのかと変な目で見つめ、近所であったニュースの話をコソコソ始めて、東根を不審者扱いします。 それに気づいた東根は、苦笑いしながら軽く会釈しました。 それでも母親たちが東根を見る目は変わらず、警察に連絡しようとコソコソ話しています。 居心地が悪くなった東根はそっとベンチから立って、公園を離れることに。 男一人で平日の昼に出歩いていると、想像以上に居心地が悪いことを知った東根。 本当は家にこもっていたいのですが、手術後は体力や内臓機能を回復させるために、家事や散歩などの適度な運動を積極的に行うよう医者に言われているのです。 そんな中、先ほど母親たちがニュースの話をしていたことを思い出した東根は、携帯でそのことについて調べてみました。 母親たちが噂していたニュースとは中年男性が女児に、前を見て歩かないと危ないと声をかけたというもの。 それを見た東根は、これがニュースになるのかと驚き、むしろ親切なんじゃないかと感じます。 最近この手のことは話題になりやすいため、自分も気を付けないといけないんだろうと東根は思いました。 さらに記事を下にスクロールすると、関連トピックとして歳の差20歳以上の教師と教え子が、卒業と同時に結婚したというニュースが出てきました。 そのニュースのコメント欄には、親子ほど年が離れてる子に好意を伝えられたからといって受け入れるのはあり得ない、先生へのあこがれなんて思春期の気の迷いだから大人が制止しないといけないなどと書かれていました。 その時、東根は歩道橋の上を歩いている女子高生を見かけます。 優里もちょうど同じくらいの年だろうと思いながら、ぼんやり彼女たちを見つめていると、女子高生たちは東根の視線に気づき、気持ち悪がって逃げていきました。 自分はただの中年オヤジなのだから、これが普通の反応で優里が特別なだけなのだと感じる東根。 しかし優里は東根と一緒にいたいと懇願しましたが、本当にこれでいいのかと東根の中に懸念が生まれるのでした。 今なら、まんが王国では期間限定で2巻まで無料で読めるキャンペーンを行なっています! 他にも常時3000冊以上のの電子書籍で読める漫画が取り揃えてあり、無料キャンペーンや50%オフクーポンがありボーナスポイントも付与されたりと漫画好きには必見のサービスです。 東根は大人として優里とどう接するべきなのか迷うと思いますが、個人的にはこれからも今まで通り仲良くいてほしいですね。 次回の社畜と少女の1800日109話が掲載される週刊漫画TIMES7月10日号は6月26日に発売されます。

次の

少女(湊かなえ)の1分でわかるあらすじ&結末までのネタバレと感想

少女 ネタバレ

概要 『車輪の国、向日葵の少女』(Sharin no Kuni: The Girl Among the Sunflowers)は、あかべぇそふとつぅより2005年11月25日に発売されたPCゲームである。 初出のPC版はR-18のアダルトゲームで、内容はシナリオ重視のいわゆる「泣きゲー」の類。 そのストーリーは非常に高い人気を誇り、多くのシナリオゲーマーがこの作品を「名作」として好評している。 2010年の10月に、一度は開発中止になるなどの紆余曲折を経て、Xbox360への移植版が発売された。 対象年齢は15歳以上対象(CERO:C)で、R-18の個所はすべて差し替えられた。 また、2012年の2月にはXbox360同様の修正をかけたPS3、PSPへの移植版が発売され、現在はPC、PS3、PSP、Xbox360の4つのハードでのプレイが可能。 物語 物語のジャンルはヒューマンドラマ。 SFや非現実的な要素はほとんどなく、「日本によく似た架空の国」が舞台だが、犯罪の取り締まりなどのシステム以外は、ほぼ全て日本と同じである。 また、物語は終始「社会」、「人間」をテーマとしていて、人間の在り方、社会の姿などを強く訴える描写も多い。 構成は全5章。 物語のあらゆるところで伏線を幾重にも張り巡らしていて、その伏線を知る前と後では、大きくとらえ方が変わってくるシーンも少なくない。 感動的なシナリオはもちろん、こうした物語の重厚さが、この作品が「名作」と呼ばれる所以だろう。 あらすじ・ストーリー 物語の舞台は日本によく似たとある架空の国。 この国は罪を犯すと懲役や刑罰に代わり、その罪に応じた「義務」というものが科せられていく。 その義務を負うものは「特別高等人」という超法規的存在によって更生、指導される。 主人公、森田賢一は、その特別高等人を目指している候補生。 幾つもの非常に過酷な試験を突破した賢一は、最終試験の課題として、ある3人の少女を更生するよう指示される。 異性との接触を禁じられる、恋愛できない義務を背負う「日向夏咲」。 1日が12時間しかない義務を背負う「三ツ廣さち」。 親の命令には絶対服従の大人になれない義務を背負う「大音灯花」。 森田賢一の特別高等人になるための大きな試練が始まる。 多くの遺産が眠るという洞窟の探検、さちのルームメイト「まな」が南方の国に売り飛ばされるのを防ぐためにさちが一億円をかけて描く一枚の絵。 子供に義務を負わせた責任を問う「親権者適正研修」、灯花の父親をめぐる事件と虐待の過去。 彼女らの更生の中で、様々な困難が賢一と被更生人たちを悩ませ、追い詰めていく。 そしてさちと灯花の更生後、夏咲の更生の途中、試験監督の法月将臣からの試練が待ち受けていた。 なんと、法月は夏咲を断頭台にかけ死刑にするという。 そんな賢一と夏咲のピンチに現れたのは、極刑を背負う賢一の姉「樋口璃々子」だった。 璃々子や更生した少女たちと共に、賢一は法月の試練を乗り越えていく。 登場人物・キャラクター 森田 賢一(もりた けんいち) 物語の主人公。 特別高等人を目指している。 史上最年少の特別高等人候補であり、頭脳明晰で運動神経抜群、容姿端麗で冷静沈着、行動力もある完璧超人。 人間科挙とも呼ばれる特別高等人試験のほぼ全てにを上位成績で合格しているが、試験の中で唯一『意志力要請訓練』というものにだけには合格することが出来ていない。 その補習として地獄と言われる南方紛争の最前線に送り込まれてしまい、そのショックから精神障害を抱えている。 そのため、言動や行動に落ち着きがなく、「あんたもそう思うだろう?」など、誰かに話しているかのような独りごとが多い。 さらに、精神障害を落ち着けるため非合法の麻薬にも手を出していて、よく吸っている。 森田の監督である法月は社会への莫大な貢献を条件に容認している。 本作のメインヒロインで、大きなリボンが特徴。 課されている義務は「恋愛できない義務」。 異性を騙し騙しにとっかえひっかえしているような者が背負う義務。 この義務は、異性との接触を一切禁止するもので、相手が接触してきた場合は相手も同罪になるというもの。 そのため、この義務を背負うものは、異性は同罪になることを恐れ、同性はその義務を負うことへの侮蔑から誰からも近寄られず、常に孤独である。 性格は非常に気弱。 しかし自分が正しいと思った主張は譲らない、芯の強さをのぞかせる一面も。 男性との接触を極度に恐れていて、それを警戒し挙動不審なことも多い。 昔は快活で元気な心優しい女の子だった。 課された義務も実は冤罪で、無理やり罪を着せられ、今のような性格になってしまった。 暇があると向日葵畑に行き、「ケンちゃん」という人物を待ち続ける。 リボンもそのケンちゃんからもらったもの。 三ツ廣 さち(みつひろ さち)CV:芹園みや 本作のヒロインの1人。 快活で非常に元気な性格。 賢一とはなかなかウマが合う。 「アガるね!」など、独特の言葉を使うことがある。 課されている義務は「1日が12時間しかない義務」。 この義務はその名の通り1日が12時間しかない。 残りの12時間は薬により強制的に眠らされる。 しかしこの眠りで一般的な睡眠のように疲れをとったりなどはできず、さちはこの時間の眠りを「止まる」と言っている。 これは通常、博打などで散財を繰り返すものに対して、時間の大切さを教えるという意味で課せられる義務である。 だが、本人にあまり更生の気はなく、現在も為替による収益で生活している。 実は絵画の才能があり、昔はコンクールなどでも入賞していた。 現在は描いていない。 家には「まな」という数年前に拾った孤児の移民がいて、一緒に生活している。 本作のヒロインの1人。 課されている義務は「大人になれない義務」。 この義務は親権者の言うことには絶対に服従しなければならないというもの。 遠い昔の、家長が絶対的権力を持っていたような時代に制定された義務で、現代においては時代錯誤な義務と言え、本来なら親権者の一声で義務の解消は可能。 学級委員長だが、それは母親からの命令によるもので、本当はみんなと遊びたかったり、子供っぽい一面も見せる。 性格は真面目だがかなりのドジっ子で、テストでは計算の桁数を間違えるなどのうっかりミスが非常に多く、点数は全く芳しくない。 怒るとよく「ぶっこぉすぞ!」と言うのが特徴。 これは「ぶっ殺すぞ!」と言いたいのだが舌足らずでこのようになっている。 樋口 璃々子(ひぐち りりこ)CV: 籐野らん.

次の

映画「少女邂逅 」ネタバレあらすじと結末・感想|起承転結でわかりやすく解説!

少女 ネタバレ

隣の少女のあらすじ紹介 小説家、高梨祐一。 十年前のベストセラーの稼ぎで 現在に至るまで生活をする彼は、 魅力的な妻を持ちながら、 いわゆるEDの状態にありました。 そんな彼らの家には、女性同士の 友達関係のためもあり、 晴香という少女が来ていましたが、 娘のようなその少女と祐一が 会うきっかけとなった妻も世を去り、 祐一は孤独な生活を強いられます。 しかしある時エレベーターの中で会った 晴香の意外な「姿」に対し、 祐一は激しく勃起してしまいますが、 よりセクシーな女性たちの性的な 様々なサービスには、 全く反応することはなかったのでした。 隣の少女のネタバレと今後の展開は? 小説家、高梨祐一。 十年前に作品がベストセラーになり、 その稼ぎで現在に至るまで 生活していますが、 魅惑的な妻がいるにも関わらず、 いわゆるEDの症状に 苛まれていました。 そんな祐一の家には、 妻の友人の娘である晴香が、 頻繁に出入りしており、 晴香自身も嫌っている母より 祐一たちの家の方を 気に入っている様子でした。 しかし夜の営みの際に、 EDの件で病院に行くことも 考えていると祐一が述べた数日後、 突如として妻はこの世を去り、 祐一は取り残される形になります。 その後晴香とエレベーターに 乗り合わせた祐一は、その途中、 鉢合わせになり揉める、 晴香とその母親の姿を 目撃することになります。 しかし晴香はその場から逃げ 祐一とエレベーター内で 再び居合わせる形になりますが、 その際にスカートを挟んでしまい、 マシンが動いたことで、布地は 上に運ばれてしまいます。 何故か晴香はスカートを履いておらず、 その艶かしくあられもない姿に、 EDだったはずの祐一は、 激しく下半身を勃起させていたのでした。 サイト内で【 隣の少女】を検索! 隣の少女の読んでみた感想・評価 いわゆる「落ちもの系」の 定番作品かと思いきや、 予想以上にエロい晴香が、 たまらなく良くて 興奮してしまいました。 本作の一番のウリは、 何と言っても晴香でしょう。 高校を出た後とは、 とても思えないほど幼く 華奢な感じですが、 彼女は少女っぽさだけでなく、 普通ではないエロさまでも 内包しているんですね。 今までまるで経験がなかったり、 そうした事が苦手な感じなのに 始まると皆一様に、 テンションを上げまくるのが 一部のエッチ系の定番ですが 本作はまったく違うんですね。 明快に「理由」が描かれているので、 その後の色々なシーンの 「説得力」もまた違うわけです。 無垢な外見と複雑な家庭環境、 そして特別な「素質」を持った 晴香のポテンシャルの高さに、 EDだった祐一もパワー全開ですが、 読んでいる私もまた、 大興奮し通しでしたね。 今まではもう少しデフォルメされた キャラの方がイイかなと 思っていたぐらいですが、 彼女のエッチさには完全に ハマってしまいました。 すぐには行為にいかず、 焦らしに焦らしていく展開も 興奮を煽ってきますし、 リアル画風のエッチ系作品を 読むならまずは本作から 入るのがベターかも知れません。 隣の少女はこんな方におすすめな作品!必見 エッチな女の子を主軸にしたような セクシー系の作品は無数にありますが、 その多くは外見からしてエロかったり、 あるいは分かりやすい形で内面に エロさを抱えていたりと、 非常に明快なのが特徴です。 もちろんそれは、女優や俳優の多くが 美しいのと同様に、作品世界なら 当然とも言える形なのですが、 現実的には「エロさ」は「機能的」な 部分が強く、外見からはどうにも 分からない部分が多いものです。 本作はそうした「内側」の部分に 全力を注いだエロスですので、 読んでいけばいくほどに、 ああ、あるあると納得しつつ、 「肉体」の難しさを 堪能することができます。 もっともシリアスになり過ぎず、 エンタメに徹している部分もあり、 それほど肩の力を入れずに、 読み進んでいけるので、 少し毛色が違うハードでエッチな 作品が読みたい方にオススメです。 晴香は高卒とは思えないほどに 無垢な感じの幼さがありますが、 話が進んでいくうちに、 少女っぽさだけでなく、 物凄い艶めかしさが出てくるのが 何ともイイですね。 あからさまだが意外な「秘密」も 絶えずエロ方面に向かう感じで、 メンタルが刺激されるのが、 娯楽作品として 非常に熱く良かったです。

次の