志麻 さん レシピ 鶏肉。 「沸騰ワード10」キャベツと鶏肉のブレゼのレシピ!志麻さんのスゴ技料理!

家事代行(料理)志麻さんの作り置きレシピがすごい!タスカジ伝説の家政婦

志麻 さん レシピ 鶏肉

まいたけ、じめじは石づきを取り除き、小房にわけ、しいたけは薄切りにします。 熱したフライパンに切り分けたキノコを加え、あまりさわらずに焼き色をつけます。 焼き色がついたら塩、こしょうをふり、強火で炒める。 きのこがしんなりしたらソースの材料を加え、1~2分煮からめる。• 鶏もも肉の皮と身の間に切れ目を入れ、炒めたキノコを詰めます。 熱したフライパンにキノコを詰めた鳥肉を皮目を下にして入れ、重しをのせ皮目をパリッと香ばしく焼きます。 皮目がきれいに焼けたらひっくり返して全体に火を通し中まで火が通ったら完成。 まとめ 志麻さんの鶏肉とキノコのステーキはとっても簡単に作ることができますね! きのこ類には健康によい成分がたっぷりと含まれています。 さらにシイタケに含まれる、ビタミンDのもとになるエスゴステリンという成分は、筋肉や骨を丈夫にする効果がありカルシウムの吸収をアップし、骨粗しょう症の緩和と予防に効果的です。 鶏肉には、豊富なタンパク質やビタミン、コラーゲンなど嬉しい栄養素がたくさん詰まっていて、鶏むね肉には、血中コレステロールを抑えてくれる不飽和脂肪酸が多く含まれています。 さらにビタミンB2も多く含まれているので糖質、脂質、たんぱく質を体内でエネルギーにするのに役立ちます。 ビタミンB2が不足すると、口内炎や皮膚炎の原因になるともあるそうです。 そんな体に良い成分がたっぷりと含まれている「鶏肉とキノコのステーキ」。 是非参考に作ってみてください。

次の

「沸騰ワード10」キャベツと鶏肉のブレゼのレシピ!志麻さんのスゴ技料理!

志麻 さん レシピ 鶏肉

夕暮れどきの「今日ごはんどうする」の流れから「あれ作ってよ」とリクエストが出るとうれしい。 別々に暮らす家族から「お姉ちゃんのあれ、また食べたいな」というメッセージがくると「いつ作りに行こうか!? 」とすぐ返事を打ってしまう(ああ疲れているのかもな、と少し心配になるが)。 そういう「常連レシピ」を増やしたい人は絶対読んだほうがいい。 おいしくて、気軽にリクエストに応えられる、そんないいとこ取りなレシピがいっぱいだ。 伝説のスーパー家政婦「志麻さん」が作る、プライベートのごはん 本書の著者「志麻さん」についてテレビを通じてご存じの方も多いはずだが、簡単に説明したい。 大阪とフランスの料理学校で学び、日本の有名なフランス料理店で15年働いたのち、家事代行サービス「タスカジ」で人気ナンバーワンの家政婦となった女性だ。 どうして人気ナンバーワンなのかというと、志麻さんの作るごはんが最高においしいから。 「また、あれ作って!」という気持ちで、みなさん志麻さんに繰り返しお仕事を依頼するのだろう。 そして、本書は次のようなコンセプトのお料理本となっている。 ここだけの話、プライベートで料理の作り置きはいたしません。 家政婦の仕事では各ご家庭の1週間分のお食事を3時間で作っていたので、作り置きがマストでしたが、自宅ではまとまった時間が必要な作り置きはせずに、その分家族との時間を大切にするようにしてます。 優先度ってほんと大事。 泣いても笑っても24時間で毎日が終わる。 筋トレは絶対、7時間寝たい、ゲーム「スパイダーマン」も早くクリアしたい、湯船につかりたい、読みかけの本も山ほど。 おいしいものを作って食べたい。 つまり、私の日々は「ぜんぶ最優先で進めてください」という指示を平気で繰り出す無能なマネージャーが常駐しているようなものなのだ。 危ない危ない。 だから、本音を言うと私も志麻さんに来てほしいが、まずは「志麻さんのプライベートのごはん」を作ってみよう。 レシピは大きく分けて以下の3つに分類されている。 「時間がない日のすぐ出来ワンプレートごはん」 「時間がない日のすぐ出来単品おかず」 「今日はゆっくりごちそう作り」 10分でできる濃厚ドリア「コーンスープドリア風」 遅起きした日曜の朝、「時間がない日のすぐ出来ワンプレートごはん」から「コーンスープドリア風」を作ってみることに。 思わずレシピを2度見したんですけど、これ、所要時間がなんと10分。 マジか! 出前より早いぞ! 秘密は「コーンクリームスープの素」にある。 コーンクリームスープの甘くて濃厚な味の助けをかりて、一気に仕上げてしまうわけです。 もう少しチーズに焦げ目をつければよかった。 ミルクとチーズとコーンの香りに我慢できなかったんですよ。 大慌てで撮った1枚。 1口食べて、すぐ「うん!」と声が出た。 コーンスープの素、やるやん……。 炒めたのでコクもしっかりある。 しつこいようだが本当に10分で作れる。 うちのグリルの火が弱かったので最後の焼き時間は少しかかったが、それでも調理前に回し始めた洗濯機は、まだ脱水のフェーズにすら入っていなかった。 みんな大好き「鶏の照り焼き丼」 次は平日のお夕飯として「鶏の照り焼き丼」。 「三色の丼物」ってビジュアル完璧。 出来上がったのがこちら。 鶏のカリッと香ばしい焼き色! カリカリなのに柔らかい。 卵もふわふわ。 ししとうも絶対必要。 週末にもう一度作りました。 こちらの「鶏の照り焼き丼」は「皮目から弱火~中火で動かさずに10分ほど焼く」ことを守れば、カリカリでジューシーに仕上がる。 こういう「おさえておきたいコツ」がしっかり記載されているので「慌てて作った」感じがまったくない。 「チーズ入りじゃがいものガレット」「コールスロー」「鯛の白ワイン蒸し」 最後に、週末の夕食として3品作ってみた。 どれも簡単なので全部で1時間もかからなかった。 時々食べたくなるけどレシピを常に忘れるコールスロー。 志麻さんご指名の「シーチキンLフレーク」を使っておいしく出来上がりました。 じゃがいも好きとして見逃せなかった「チーズ入りじゃがいものガレット」。 ひっくり返すときに崩壊させてしまうんじゃないかとヒヤヒヤしましたが、しっかり焼いたらこの通り。 そして「鯛の白ワイン蒸し」。 土鍋を使いたかったのだが、レシピ通りフライパンでジュッと作ったほうがいいです。 とはいえ、フツフツ蒸し上がった鯛はおいしかった! 「おいしかった? いつでも作るよ!」って言える 志麻さんのレシピはどれもすごく作りやすい。 だから「気合を入れて料理するぞ!」というより「食べたいときはいつでも言って~」とフランクに胸をはれる。 「おさえどころ」をキチンと教えてくれるので、出来上がったごはんはどれも味が決まっているところもいい。 どれも1口食べて「うん!(=おいしい)」と誰もが言ってしまうような、そんな幸せなレシピばかりだ。 自分や家族の「おいしかったなあ」の記憶に残って、なにかと食卓に登場する常連のごはんって、こういうものなんだろうな。 さぞかしご自宅でもすごい作り置きをしているのでは!? と企画の相談にうかがってみると「私、まとまった時間がないので、家では作り置きはしないんですよ(笑)」とのお答え。 本書は志麻さんが仕事から帰って、30分以内にちゃちゃっと作って食べたレシピを中心に76レシピご紹介。 使われている食材は近所のスーパーの特売肉や、特売野菜、冷蔵庫の残りものなど身近なものばかり。 そんな普通の食材をおいしく生まれ変わらせるためには、志麻さんの長年のシェフ経験を活かした調理ポイントが多数ありました。 と思うところからさらに何分も焼きます。 10分近く中火で焼かれた、かな~りしっかり焼き色がついたお肉、食べてみるとびっくりするほど美味しい。 志麻さんに理由をたずねると、「鶏の臭みは皮にあるので、多めの油でしっかり皮目を焼くことで臭みを飛ばしています。 皮はどんなに焼いてもパサパサになることはなく、カリカリに仕上がっておいしくなるんですよ」とのこと。 水気の取り方、塩のふり方など、炒め方など、当たり前すぎてつい自己流でやってしまいそうなコツをもらさずにピックアップしました。 ぜひご自宅で再現なさってみてください。 レストランの味が楽しめます•

次の

志麻さんのレシピ 鶏肉ときのこのステーキ作り方(チキンステーキのキノコ詰め)「沸騰ワード10」

志麻 さん レシピ 鶏肉

【沸騰ワード志麻さんレシピまとめ 人気レシピベスト10】 沸騰ワード10で人気の伝説の家政婦 志麻さん! 様々な作り置きレシピを番組で紹介してくれたので、そのなかでも当サイトで人気のレシピを10個ご紹介します。 では早速、沸騰ワード10で人気だった志麻さんのレシピを見ていきましょう。 沸騰ワード志麻さんレシピ 第10位 鶏ハム 大人気 ヘルシー食材の「鶏ハム」 志麻さんならではの鶏肉を柔らかくする方法や美味しい特製ソースの作り方も教えてくれました。 鶏肉には身体を温め、女性に多い冷え性を改善してくれる効果もあります。 さらに鶏肉の皮以外は低脂肪で消化吸収も良く、高たんぱく低脂肪でダイエットにも良い食材です。 沸騰ワード志麻さんレシピ 第9位 焼き鳥 焼き鳥屋で定番の第人気の「ねぎま」。 ネギに含まれる辛味成分のアリシンが、鶏肉に含まれるビタミンB1の吸収を助けてくれる働きがあり疲労回復に効果があると言われています。。 焼き鳥が家で作れるのか?と疑問に思いましたが、さすが志麻さん! 炭を使わなくても、とっても簡単に作る方法を紹介してくれました。 肉を敬遠しがちな高齢者にもオススメです。 沸騰ワード志麻さんレシピ 第8位 下仁田ネギのマカロニグラタン 下仁田ネギは群馬県甘楽郡下仁田町を中心として、その周辺に栽培される根深のネギです。 生のままでは非常に辛いが、加熱すると甘みが強くなり、非常に柔らかい滑らかな食感になる特徴があります。 そんな下仁田ネギを使ったマカロニグラタンの作り方を教えてくれました。 使う材料もそんなに多くなくとっても手軽に作れるレシピです。 白ワインには、ビタミンB群、ミネラル、パントテン酸、ビオチン、ポリフェノールなどが含まれています。 なかでも白ワインのポリフェノールの総量は赤ワインに比べて少ないのですが、赤ワインのポリフェノールに比べて分子量が小さいという特徴があり、胃や腸内で吸収されやすく、抗酸化作用が早く現れアンチエイジング効果が期待できます。 他にも血圧を下げ新陳代謝を活発にしたり、腸内環境を整えたりする効果があります。 一見難しそうな料理ですがそこは志麻さん! とっても簡単に作る方法を教えてくれました。 レモンは、抗ストレス作用のあるビタミンCが豊富なので、免疫力をアップして風邪などを予防してくれ、代謝を整えてくれ体内脂質を抑制する効果があります。 さらに、肌組織を形成するコラーゲンをつくるのに役立ち、メラニン色素の生成を防いでくれるので、乾燥や肌荒れを改善して美肌効果やアンチエイジングに効果的な食べ物です。 豚肉には、ビタミンB1が多く含まれていて、疲労回復効果が期待できます。 そんな健康にも美容にも良いレシピを簡単に作る方法を紹介してくれました。 など悩みの多い難しいレシピのように感じます。 しかし志麻さんは、今まで言われてきた定番の作り方ではなく簡単に美味しく作る方法を伝授してくれました。 今は日本でも大人気のおかずの一つです。 そんなローストビーフを家庭で作ろうとするとかなり大変ですよね? 牛肉の塊をオーブンで蒸し焼きにしたりグレイビーソースを作ったり。 そんな大変な作業しなくても簡単に作る方法を志麻さんが教えてくれました。 さらに砂糖をまぶすことで、より柔らかくジューシーで美味しく仕上がります。 柔らかく焼いた鶏むね肉をニンニク生姜醤油の中華風ソースで美味しくいただけるレシピです。 お肉を薄く叩き、ハムまたは豚のもも肉のハムとスイスチーズ等のチーズを包み、油で揚げるか焼いた肉のカツレツです。 レシピには多くのアレンジがありますが、肉とチーズを用いる点は共通しています。 そのコルドンブルーを志麻さんは、鶏むね肉を使って調理してくれました。 作り置きしておけば忙し日でも美味しい料理が食べれて便利です。 こちらの志麻さんのレシピ本がとても参考になりました。 よかったら読んでみてくださいね!.

次の