マクロス δ セグ。 【マクロスΔ(デルタ)】の声優まとめ!

FマクロスΔ: 団塊おやじの趣味ブログ

マクロス δ セグ

本機は1種2種混合機のライトミドルスペックで、実質大当り確率と時短回数が全く異なる2種類の時短モードを搭載。 これまでにないスペックを有した機種となっている。 )』も同時登場しているぞ。 ヘソ入賞時(特図1)の初当りは「SPECIAL FEVER(9ラウンド)」と「FEVER(4ラウンド)」の2種類。 前者は最上位の時短モード「ワルキューレRUSH」へ直行、後者は時短「デルタゾーン」へ突入する。 初当りの80%はFEVERなので、デルタゾーンからの引き戻しがワルキューレRUSH突入のメインルートとなるぞ。 デルタゾーンは99回の時短モードで、盤面右の上側にある上チャッカーが開放。 このチャッカーはヘソ同様に特図1なので、大当り確率とラウンド振り分けは通常時と同じとなっている。 ただしデルタゾーン中は稀に下側の「ルンピカチャッカー」が開放することがあり、こちらへ入賞した玉は特図2扱いに。 特図2は実質大当り確率が約6. 1分の1にアップしており、当たればワルキューレRUSH突入濃厚なので、入賞時は大チャンスとなるのだ。 なお、デルタゾーンには高・低の概念があり、「デルタゾーン高」だとルンピカチャッカー開放頻度が、時短99回に対して4回程度にアップする。 「デルタゾーン通常」の場合は1回程度だ。 どちらにしてもデルタゾーン中は、リーチ中などでも常に打ちっ放しで遊技するのが良いだろう。 無駄玉は生じてしまうが、特図2は1回転の重みが全く違うので、少しでも多くルンピカチャッカーを開放させておきたい所だ。 ワルキューレRUSHは時短5回+残保留最大4個の時短モードで、常にルンピカチャッカーが開放。 先述のように実質大当り確率が大幅アップしており、全9回転以内に大当りを引ける割合は約80%となる。 また、ここからの大当りはワルキューレRUSHへ必ず突入するので、約80%で大当りがループすることになるぞ。 デルタゾーン中は2種類の演出モード「バルキリーバトル」または「ワルキューレライブ」を選択可能。 後者を選択した場合は、デルタゾーン高滞在が濃厚となる演出が発生することも!? ワルキューレRUSH中は1〜4回転が擬似変動となっており、パネルによって信頼度や発展演出を示唆する。 ラスト5回転目は残保留も参照して当否を告知する演出「ワルキューレチャンス」が発生。 信頼度は50%オーバーとなるので最後の引き戻しに期待しよう。 Vストック発生時は保留内での大当りが濃厚! Vストック告知タイミングは「V入賞時にVがWに変化」 「ワルキューレアタックSUPERの出玉獲得の代わり」 「エンディング中にVコン出現」など多数存在。 オーバードライブ発生時はMAXラウンド+Vストック濃厚だ。

次の

【マクロスΔ(デルタ)】の声優まとめ!

マクロス δ セグ

Contents• マクロスシリーズの時間軸と年代 タイトル 年代 出来事 プロトカルチャー時代 紀元前100万年 宇宙初の知的生命体プロトカルチャー誕生 プロトカルチャー時代 紀元前50万年 プロトカルチャー暦 P. C 元年 プロトカルチャー時代 P. マクロスシリーズの時間軸で言えば 最も未来の話になります。 マクロスFでは人類が長距離移民船団 マクロス・フロンティア船団 で生活し 新たな新天地を目指して航行している最中という話でした。 そんな中、宇宙生物バジュラと交戦することとなるフロンティア船団の人たち。 最終的にはバジュラの本星とされる惑星を発見しバジュラより譲り受けることとなる。 惑星に降りたフロンティア船団 つまり、ずっと移民船団での暮らしを余儀なくされていた人類が 新たな惑星で生活をすることになるかもしれない そういったことを思わせる終わり方でした。 そんな前作マクロスFとの繋がりを感じる世界観に置き換わっています。 移民船団からたどり着いた惑星には既に別の種族が存在していたことになる。 移民船団のナンバリングは不明、アバンタイトル映像でも文字が細かすぎて特定できませんでした ですが、今後シナリオが進むにつれて発覚する可能性はあります。 新たな種族の登場 前作マクロスFでは人間とゼントラーディ 巨人族 が主な種族でした。 TVシリーズいうと 前作のマクロスFでは宇宙生物バジュラ 前々作マクロス7ではゾラ族や未知の生命体プロトデビルンなど別の種族、生命体もちょこっと出てきますが 基本的に今までのマクロスシリーズでは人間とゼントラーディの2種族での構成で話が進んできました。 元からウィンダミアという惑星にいた先住民ということになる ウィンダミア人は運動神経と引き換えに短命な種族と劇中でも言われていたので 今までのマクロスシリーズの人間やゼントラーディとは全く違った種族だということが分かります。 2012年に地球から 2014年に惑星エデンから 多数の長距離移民船団が出発している。 ちなみにTVシリーズで描かれたマクロス7とマクロスFは 両方移民船団の名前で、地球から出発した移民船団を元にした話。 画像でも分かるようにやはりマクロス7とマクロスFは地球から出発している。 この後、地球から出発した移民船団のひとつが惑星エデンにたどり着き その惑星エデンから多数の移民船団が出発している。 アニメ「マクロスF」では地球から出発したマクロス・フロンティアと 惑星エデンから出発したマクロス・ギャラクシーの2つの移民船団が登場する。 マクロス・フロンティアとマクロス・ギャラクシーはTV版では交戦することになる。 劇場版ではバジュラとの交戦でマクロス・ギャラシーは破壊される。 長距離移民船団がたどり着いた惑星 マクロスシリーズの設定で分かっているだけでも これらの長距離移民船団が惑星へだどり着いている。 移民船団 出発地 年代 到着した惑星 マクロス4 地球 2033 惑星セフィーラ マクロス3 地球 2040 不明 マクロス5 地球 2045 惑星ラクス マクロス25 マクロスF 地球 2059 バジュラ本星 惑星ラクスについてはマクロス7で登場するがプロトデビルンによって消滅してしまう惑星。 だが、これらの設定から明らかに複数の船団が惑星にたどり着いており その他の船団も惑星にたどり着いていると予想される。 「様々な異星人と遭遇し、一大星間文明を築きつつあった。 」 つまり、人間が移民船団によって新たな惑星にたどり着き 様々な異星人と出会い、現在は共存しているということになる。 惑星間の文明については 移民船団で生活していた人間の文明によるものだと推測される。 マクロスFでも移民船団同士の通信という描写があったので 惑星間の通信と航行を可能にしたのは 移民船団が様々な惑星にたどり着いた結果だといえるだろう。 人間やゼントラーディはプロトカルチャーの高度な技術によって生み出されたとされている。 ゼントラーディは元々プロトカルチャーが戦争をするために 遺伝子操作によって作った種族で、人間の約5倍の大きさで巨人族とも言える。 プロトカルチャー同士の戦争のために作られたゼントラーディだが 遺伝子レベルでプロトカルチャーには手を出せないように作られていた。 しかしゼントラーディは暴走し プロトカルチャーは自らが作った戦闘種族によって滅ぼされる。 なので、マクロスシリーズに登場する人間やゼントラーディは プロトカルチャーによって 遺伝子操作などで生み出された種族の末裔ということになる。 マクロスシリーズでの人間とゼントラーディは プロトカルチャーによって作られた種族でしたね。 第5話のアバンタイトルで 「高度な文明でこの銀河に君臨したプロトカルチャー 彼らの生み出した子供たちが数十年の時を経て会いまみえるということでもあった。 」 というナレーションが入っています。 ここで言う「子供たち」は人間とゼントラーディ、またはその他惑星の種族を指します。 「数十年の時を経て」というのは人間が移民船団でやっと惑星にたどり着いたことを意味しています。 飛来する移民船団を眺める先住民 地球から旅立った人間やゼントラーディの他にそれぞれの惑星で プロトカルチャーによって生み出された異星人が元から存在していたことになります。

次の

MACROSS PORTAL SITE|NEWS|ワルキューレNew Single「未来はオンナのためにある」発売決定!さらに新曲お披露目イベント開催!

マクロス δ セグ

8の一種二種混合機。 「ワルキューレRUSH」は電サポ5回からなる時短状態。 1の図柄揃いを引き当てることができれば大当りとなる。 通常時から大当り中まで各所で流れる楽曲は12種類とボリューム大! 原作シーンをふんだんに盛り込んだ演出群などファン垂涎の内容となっている。 6 3. 5円 20. 4 3. 3円 20. 8 3. 0円 21. 6 2. 5円 23. 信頼度 55. 大当り消化中に発生すれば10R大当り且つ、保留内連チャンが濃厚に!? 信頼度 55. チャンスアップが発生すれば更に信頼度アップ! 信頼度 59. ミュージックプレイヤー保留とミネラルウォーター保留は変化濃厚。 レイナドクロ保留は中から出てきたものによって信頼度が大きく変化する。 ワルキューレロゴ保留や オーバードライブ保留が出現すれば信頼度大幅アップだ! 保留 信頼度 【ミュージックプレイヤー保留】 変化濃厚 【ミネラルウォーター保留】 【紫リンゴ保留】 1. 保留変化など、他の先読み予告との連動にも注目しよう。 シルエット 信頼度 【赤】 14. 発光色で信頼度が変化する。 シンボル 信頼度 白 5. 連続時の演出内容にも注目しよう。 擬似回数 信頼度 擬似2 5. 連続回数と連続時に出現する内容で信頼度を示唆している。 トータル信頼度 19. 次にボタン演出成功で二段階目の煽りが成功、テロップやカットインの色で信頼度が大幅に変動する。 チャンスアップ 信頼度 ワルキューレ擬似連成功トータル 33. 文字は出現する内容で大きく信頼度が跳ね上がるパターンが存在するので注目してみよう。 ダッシュ君の行動 信頼度 走り抜ける 1. リーチ中などに発動し、チャンスアップとなって信頼度を上昇させる。 注目ポイント ワルキューレアタック発展直後に流れてくる曲に耳を傾けよう。 ボタンの種類 信頼度 通常ボタン 30. Are you OK?の後に出現する内容で信頼度が変化する。 途中停止図柄 信頼度 Ride on 18. また、シャッターが桐生七美ならば大当り濃厚となる。 種類 信頼度 【シャッター 赤】 15. 基本はフレイアだが、ワルキューレの5人だった場合は大当り濃厚となる。 キャラ 信頼度 フレイア 47. リーチ後にワルキューレの5人が決めセリフを放ち発展を盛り上げる高信頼度予告だ! 信頼度 55. また、突如デルタ2の機体が飛んできて全回転リーチに発展することも!? ルンがピカッと光ったらリーチ 左右に「居場所みつけちゃったよ」の図柄停止後、真ん中に「止められない」図柄が停止で発展。 「Wow wow」の文字の色に注目しよう。 「Wow wow」の文字の色 信頼度 青 8. ハズレ後にフレイアチャンスへ発展の可能性がある。 キャラ 信頼度 【キースリーチ】 6. キャラSPリーチ タイトルの色やテロップの色で信頼度が変化。 デルタフレームカットイン時にルンピカありなら大当り濃厚となる。。 ワクチンライブリーチ 進行中はチャンスアップの有無に注目。 ハズレ後の上位リーチ発展に期待しよう。 テロップの色が 赤ならチャンスアップ。 デルタフレームカットインは ルンピカ有りなら大当り濃厚となる。 随所にチャンスアップポイントがあるので見逃さないよう注視しよう。 「一度だけの恋なら」が本機の最強リーチとなっている。 リーチ 信頼度 【激情ダイビング】 29. レンチキュラー 信頼度 ウミネコターン 30. 最終煽り 信頼度 ボタン 41. 種類 信頼度 トータル 20. 突如大当りを告知する特殊演出。 全回転リーチ ロングリーチ中などから発生。 【その他図柄揃い】 4R大当り消化後にデルタゾーンへ移行。 演出は 「バルキリーバトル」と 「ワルキューレライブ」の2種を任意で選択可能となっている。 当選時は 「ワルキューレRUSH」突入濃厚となるため入賞時は大チャンスとなる。 デルタゾーン中に、いかにルンピカチャッカー 特図2 の抽選を受けるかが、RUSH突入の肝であると言えるだろう。 注目ポイント 右打ち中は「ルンピカチャッカー」の開放条件であるベロ入賞時の抽選を途切れさせないため、打ちっ放し推奨。 ルンピカZONE デルタゾーン中のルンピカチャッカー入賞時に突入するチャンスゾーン。 演出モードの影響を受けない共通演出となっている。 相手によって演出やチャンスアップ発生ポイントが異なるため、見逃さないよう注視しよう。 VSキースなら信頼度大幅アップ!図柄がバラケ目でも 「エリシオンリーチ」に発展の可能性がある。 リーチ 信頼度 【カシム】 12. 楽曲の種類などで信頼度が変化する。 1を引き当てることができればワルキューレRUSH継続となる。 5回転目に発生する 「ワルキューレチャンス」は、時短最終回転と残保留4個の抽選結果をまとめて告知するのが特徴。 パネルは全27種類あり、ゲージがパネル上を通過したときに対象の演出へ発展する可能性がある。 パネルは、出現後の ゲート通過時に内容が昇格することがあるので注視しておこう。 デカルチャージタイム ゲート通過でチャージ後にV-コントローラーで当否を告知! ボタン連打SPリーチ エフェクトの色で信頼度を示唆。 虹まで到達すれば10R大当り濃厚となる。 エフェクト 信頼度 青 3. また 「一度だけの恋なら」リーチや当否告知時にレバブルが伴えば、大当りかつ最大ラウンドも濃厚になるといった法則性がある。 信頼度 65. ボタンプッシュでキャラのパネルの色をランクアップさせ、チャージ完了後にキャラクターを決定する。 ボタンを連打したにも関わらず 白のまま変化しなかったり、 虹のパネルが選択されれば大当り濃厚となるぞ! リーチ トータル信頼度 【カナメ】 34. 8 V-STOCK V-STOCK 保留内連チャン の告知は、V入賞時やラウンド決定時、さらには大当り終了時など様々なタイミングで発生する。

次の