バレー 男子 日本 代表。 【2019最新版】バレーボール男子日本代表メンバーのプロフィールを一挙公開!

石川祐希

バレー 男子 日本 代表

1960年代 [ ] No. 1980年のモスクワオリンピック年はOQT出場の選手を記述してあります。 オリンピック出場を逸した2000年と2004年はOQT出場メンバーが記載してあります。 オリンピック出場を逸した2012年は世界最終予選出場(OQT)出場メンバーを記述してあります。 2010年WL本戦は予選落ちで不参加のため、2010年に開催された2011年WL予選に出場した選手を記述してあります。 三重県で行われたセルビア・モンテネグロ戦ではキャプテン登録されていたが、怪我のため出場はなし• 2009年に行われたワールドリーグ2010予選に出場• 2012年に行われたワールドリーグ2013予選に出場• 2012年に行われたワールドリーグ2013予選では「1」• 2012年に行われたワールドリーグ2013予選に出場• 2012年に行われたワールドリーグ2013予選に出場 関連文献 [ ]• 「」2012年6月号、p. 93-97 オリンピック歴代代表選手全167名リスト 外部リンク [ ]• 五輪関連 [ ]• 世界選手権関連 [ ]• ワールドカップ関連 [ ]• グラチャン関連 [ ]• - (2009年8月26日アーカイブ分) ワールドリーグ関連 [ ]• 関連項目 [ ]•

次の

バレー男子日本代表メンバー一覧(背番号あり)!エースは誰?【ワールドカップ2019】

バレー 男子 日本 代表

歴史 [ ] で最多優勝9回を誇る男子日本代表は、アジアを代表する古豪チームでもある。 にが設立し、にへ加盟。 (第4回大会)に初出場を果たすと、1960年代から1970年代にかけて世界の強豪国として活躍し、で、でを獲得した。 東欧の強豪・東ドイツを破り、を獲得したでは、準決勝のブルガリア戦でセットカウント0-2からの逆転劇を演じ、当時「 ミュンヘンの奇跡」と呼ばれた。 その後、(・・らのブームはあったものの )からにかけて長い低迷の時期を迎えた。 以降、3大会連続でオリンピック出場権を失っていたが、において、 16年ぶりのオリンピック出場を決めた。 だが、では5戦全敗で1次リーグで敗退、11位タイという結果に終わった。 オリンピックで1勝もできなかったのはこれが初めてであった。 翌年の(グラチャンバレー)ではの銀メダル獲得以来、主要国際大会において32年ぶりとなる銅メダルを獲得したが、金メダルのや銀メダルのにストレート負けを喫するなど課題も残した。 では2次リーグで敗退して前回の8位を下回る13位タイに終わった。 翌年のでは1勝11敗の15位に終わったがの影響ですべてアウェーの試合だったことを考慮され、プレーオフ免除で2012年の出場が認められた。 は5位に終わり、4大会ぶりにメダルを逃した。 は開幕5連敗に始まり、とに2勝したのみで過去最低タイの10位に終わり勝つチャンスをミスでフイにしてしまう勝負弱さを露呈した。 では昨年のW杯の惨敗を受けてサーブやブロックの強化を図り、その成果は所々で現れてはいたが大事なところで勝ち点を取りこぼし最終戦直前にがアジア枠で出場権を獲得したため、日本の敗退が確定して消化試合となった戦もストレート負けに終わった。 より初の外国人監督としてかつてアメリカ代表のコーチを務めた( )が就任した。 だが、成績不振のため辞任し2月5日付でが新監督に就任したことが発表された。 南部監督は4月、、、、の若手4選手を次世代の日本代表のリーダー候補として「NEXT(ネクスト)4」と命名すると発表した。 彼らをキャラクター化したコメディタッチのミニアニメ『』も同年、フジテレビで放送された。 「NEXT4」らが出場した9月のの男子大会は徐々に観客数が増え、顕著には視聴率には直結しなかったものの 中盤からは会場(Aサイト)が連日満員となった。 しかし、翌年の2016年6月のでは、4敗した5日目の時点で日本の五輪出場の夢が絶たれた。 試合中に両エース柳田・石川の負傷発生もあった。 、監督就任にあわせて、元フランス代表のがコーチを務めた。 では、初となる5連勝を含めて8勝3敗で終え、28年ぶりの4位となった。 呼称について [ ] かつては競技スポーツ全般において、日本のナショナルチームを「全日本」と呼ぶことが通例であったが、他の競技ではこの呼称は使われなくなってきており、バレーボールに関しても報道機関によっては「日本代表」と呼称している場合があった。 日本バレーボール協会では2018年までの「全日本」「全日本チーム」という呼称を変更し、2019年より「日本代表」という呼称を使用することとした。 「」も参照 日本バレーボール協会は「監督名+ジャパン」のような(例: 「植田ジャパン」)メディアからの番組放送上の呼称発信ではなく、協会が自らキャッチフレーズを提唱することを決定している。 2009年3月から4月にかけてチームの愛称を公募した。 2009年6月、一般公募の中から協会での選考の結果、チームの愛称を「 龍神NIPPON」とすることを表明した。 のちに龍をモチーフにした、キッズバージョンのキャラクター「龍神くん」も登場した (女子は「火の鳥ちゃん」 )。 ユニフォーム [ ] に遅れること6年、男子ものから、型を採用した。 が発生した、で着用したユニフォームのデザインテーマは TSUBASA(ツバサ)。 左胸(日の丸の上部)に、 こころはひとつと、女子同様に縫いつけられた。 2013年 、ユニフォームが半袖に変わった(戻った)。 黒い長袖のアンダーシャツを着用する選手も数名出てきた。 サプライヤーのアシックスは、2020年東京五輪に向けて「Star cluster(星団)」をコンセプトに定め、2017年は「Light emission(発光)」をテーマにフラッシュイエローの新色を採用した(他の2パターンは従来通り赤と白で、黒は休止)。 過去の成績 [ ] アジア選手権の成績 [ ]• - 3 銅メダル• - 2 銀メダル• - 1 金メダル• - 4位• - 最終予選敗退• - 7位• - 10位• - 6位• - 最終予選敗退• - 敗退• - 敗退• - 11位• - 敗退• - 敗退 世界選手権の成績 [ ]• - 不参加• - 不参加• - 不参加• - 8位• - 5位• - 5位• - 3 銅メダル• - 3 銅メダル• - 11位• - 4位• - 16位• - 11位• - 9位• - 15位• - 9位• - 8位• - 13位• - 17位 ワールドカップの成績 [ ]• - 4位• - 2 準優勝• - 2 準優勝• - 6位• - 6位• - 6位• - 4位• - 5位• - 10位• - 9位• - 9位• - 10位• - 6位• - 4位 ワールドグランドチャンピオンズ杯の成績 [ ]• - 4位• - 5位• - 5位• - 4位• - 3 3位• - 6位• - 6位 ワールドリーグ・ネーションズリーグの成績 [ ]• - 6位• - 7位• - 10位• - 6位• - 8位• - 8位• - 9位• - 12位• - 不出場• - 不出場• - 不出場• - 9位• - 13位• - 13位• - 10位• - 10位• - 13位• - 13位• - 6位• - 15位• - 15位• - 15位• - 18位• - 19位• - 13位• - 24位• - 14位• - 12位• - 10位 現在の代表 [ ] の OH WS• 0U MB 0S 0L 0R• 過去の代表は「」を参照。 2019年度の代表登録メンバー は下記の通り。 背番号はの番号。 監督 コーチ コーチ No. 選手名 シャツネーム 身長 所属 P 備考 01 SHIMIZU 193cm OP 02 H. FUKATSU 180cm パナソニック・パンサーズ S 03 FUJII 183cm S 04 OTAKE 201cm パナソニック・パンサーズ OP 05 FUKUZAWA 189cm パナソニック・パンサーズ WS 06 YAMAUCHI 204cm パナソニック・パンサーズ MB 07 DEKITA 200cm MB 08 YANAGIDA 186cm WS 09 IDE 174cm 東レ・アローズ L 10 KOGA 170cm L 11 NISHIDA 186cm OP 12 SEKITA 175cm 堺ブレイザーズ S 13 TAKANO 190cm 堺ブレイザーズ WS 14 ISHIKAWA 191cm WS 15 LEE 193cm 東レ・アローズ MB 16 TAKAHASHI 201cm 東レ・アローズ MB 17 HISAHARA 188cm パナソニック・パンサーズ WS 18 KURIYAMA 190cm WS 19 ASANO 178cm ジェイテクトSTINGS WS 20 ONODERA 201cm MB 21 A. FUKATSU 183cm JTサンダーズ広島 S 22 YAMAMOTO 171cm 堺ブレイザーズ L 23 HIGUCHI 191cm 堺ブレイザーズ WS 25 FUSHIMI 207cm ジェイテクトSTINGS MB 26 ARAI 188cm OP 歴代の監督一覧 [ ] 名前 国籍 就任時の所属 在任期間 注1 、、、 注2 注3 、、、 注4 注5 、、 - - - - 長崎中野蒲鉾店 - - 小山勉 再 富士フイルム - - - 新日鐵 - - 注6 新日鐵 - - 2014年 - 注7 堺ブレイザーズ 注 戦前は単発的にあったと、などが開催された時のみ全日本チームが結成された。 以前の極東選手権に参加したバレーボールチームは、のメンバーになどの選手を借りてきて編成した。 予選(2012年9月)では、コーチ職だった(所属:キャリアスポーツ)が監督代行となった。 注7 2017年の初めは、コーチ職のが監督代行。 注2 の第4戦(イタリア戦)では、山村がベンチメンバー12人から外れたため、越川がキャプテンマークが付いた17番のユニフォームで試合に臨んだ。 注3 2015年のワールドリーグ等で阿部がベンチメンバーから外れた際は、清水がキャプテンマークが付いた1番のユニフォームで試合に臨んだ。 その後、2015年のワールドカップより、正式に阿部から清水にキャプテンを引き継いだ。 脚註 [ ] [] 注 [ ]• FIVB. 2019年7月18日閲覧。 FIVB. 2010年5月28日時点のよりアーカイブ。 2010年6月30日閲覧。 - どらくスペシャル• 日本トップリーグ連携機構. 2010年6月30日閲覧。 スポーツナビ. 2010年6月30日閲覧。 スポーツ報知 2012年1月6日. 2012年1月9日閲覧。 - スポーツナビ• 読売新聞 2013年2月18日閲覧• 日刊スポーツ 2015年4月21日• 週間高世帯視聴率番組10 最新 ビデオリサーチ• 週間高世帯視聴率番組10 最新 ビデオリサーチ• - Number Web• - スポルティーバ 公式サイト• - 産経ニュース(奥村信哉)、2016年6月1日• - FNN、2014年6月3日• - 日刊スポーツ、2016年6月3日• JCCテレビすべて 2019年10月15日• 日本バレーボール協会 2009年6月1日. 2010年7月26日閲覧。 日本バレーボール協会. 2010年8月7日閲覧。 日本バレーボール協会• バレーボールステーション• 日本バレーボール協会• 日本バレーボール協会 2009年11月13日. 2010年11月18日閲覧。 日本バレーボール協会 2009年11月13日. 2010年11月18日閲覧。 日本バレーボール協会 2013年6月1日. 2014年2月7日閲覧。 - 日本バレーボール協会、2016年5月28日• - アシックス、平成29年5月15日• - NPO法人日本バレーボール・オリンピアンの会• - JVA、2016年10月25日• - JVA、2016年10月26日• MSN産経ニュース. 2013年11月24日閲覧。 関連書籍 [ ]• (ミュンヘンオリンピック時の代表を実写とアニメで描いた作品) 外部リンク [ ]•

次の

バレー日本代表・西田有志“魔法のシューズ”に手応え「高く跳べている感覚する」― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

バレー 男子 日本 代表

1960年代 [ ] No. 1980年のモスクワオリンピック年はOQT出場の選手を記述してあります。 オリンピック出場を逸した2000年と2004年はOQT出場メンバーが記載してあります。 オリンピック出場を逸した2012年は世界最終予選出場(OQT)出場メンバーを記述してあります。 2010年WL本戦は予選落ちで不参加のため、2010年に開催された2011年WL予選に出場した選手を記述してあります。 三重県で行われたセルビア・モンテネグロ戦ではキャプテン登録されていたが、怪我のため出場はなし• 2009年に行われたワールドリーグ2010予選に出場• 2012年に行われたワールドリーグ2013予選に出場• 2012年に行われたワールドリーグ2013予選では「1」• 2012年に行われたワールドリーグ2013予選に出場• 2012年に行われたワールドリーグ2013予選に出場 関連文献 [ ]• 「」2012年6月号、p. 93-97 オリンピック歴代代表選手全167名リスト 外部リンク [ ]• 五輪関連 [ ]• 世界選手権関連 [ ]• ワールドカップ関連 [ ]• グラチャン関連 [ ]• - (2009年8月26日アーカイブ分) ワールドリーグ関連 [ ]• 関連項目 [ ]•

次の