赤ちゃん スキンケア 夏。 赤ちゃんのスキンケア!夏も保湿はする?お風呂の時のポイントは?

赤ちゃんのスキンケア!夏も保湿はする?お風呂の時のポイントは?

赤ちゃん スキンケア 夏

こんにちは。 薬剤師で3児の母、ゆりです。 夏場はじっとりムシムシ。 乾燥とは無縁だし、保湿もしなくていいかな~と油断していると、赤ちゃんのお肌に次々トラブルが発生…… あせも!? 日焼け!? とびひになっちゃった!? …なんてことがよくあります。 実は、 夏の赤ちゃんのお肌は、冬場よりも過酷な環境におかれているのです。 夏場こそ、ママのスキンケアサポートで、赤ちゃんの肌を様々なトラブルから守ってあげる必要アリ! 夏のスキンケアの基本は「 清潔、保湿、紫外線対策、室温の調整」です。 湿度の高い夏場にも気を抜けない赤ちゃんのスキンケア。 詳しくお話していきますので、アツ~い夏にもツルピカ赤ちゃん肌をキープしてあげてくださいね。 夏の赤ちゃんのスキンケアって必要なの? 待って待って! 夏こそ、スキンケアが一番手を抜けない時期なのよ~! 確かに、夏場は冬に比べて湿度が高いから、「乾燥してカサカサ」というトラブルは減ります。 一方で、夏だからこそ起こるトラブルも山盛りなんです。 自分で汗を拭いたり、シャワーを浴びたりできない赤ちゃんだからこそ、夏のスキンケアはママが冬以上に頑張る必要があるのです。 夏の赤ちゃんのお肌はとても過酷な状況 赤ちゃんのお肌は大人の肌に比べて、とても薄く、バリア機能が未熟です。 水分量も、いちばん潤っている夏場でさえ、大人の半分以下。 湿度たっぷりの夏でさえも、常に乾燥しやすい状態なのです。 最近はエアコンでさらっと除湿してしまうため、実はお部屋の中は乾燥気味。 夏場は、さらに汗や紫外線の刺激にさらされて、お肌はとても過酷な状態。 放っておくと、すぐにトラブルに見舞われてしまうのです。 夏に多い赤ちゃんの肌トラブル 汗がお肌を刺激してしまうことで起こる「」。 強い紫外線にさらされることで起こる「」。 あせもをかきこわしてしまうと起こる「とびひ」。 湿疹や、よだれかぶれ、おむつかぶれなど年間通して発生しやすいトラブルも相変わらず起こります。 とくには、オムツの中が蒸れやすくなる季節には悪化しがち。 関連記事 関連記事 関連記事 ……ですが、これらのトラブルはすべてきちんとスキンケアを行うことで予防したり、軽くしたりすることができます。 以下に夏場のスキンケアのポイントをまとめておきますので、ぜひ気をつけてケアしてあげてください。 夏のスキンケアのポイント 夏場のスキンケアは、次のポイントに注意してあげるとうまく行きます。 こまめに清潔を心がける• ベビーローションで保湿ケア• 紫外線対策は万全に• トラブルには早めに対処• エアコンも上手に使って 詳しくお話していきますね。 こまめに清潔を心がける 夏場のスキンケア、基本中の基本。 いちばん大切なポイントになります。 とにかく新陳代謝が活発な赤ちゃんは、 汗を大量にかきます。 肌の上に残った汗や不要な角質は、毛穴に詰まったりお肌に刺激を与えたりする原因になってしまうのです。 まずはコレをこまめに取り除いてあげることが大切。 とはいっても、 一日に何度も石けんでゴシゴシ洗うのは逆効果なので要注意! 石けんで全身をしっかり洗うのは、基本的には 一日一度だけ。 お出かけから戻ったとき、お昼寝から起きたときなど、赤ちゃんが汗をかいたときには、こまめにぬるま湯のシャワーで流してあげてください。 この時、ゴシゴシこする必要はありません。 汗やホコリなどの汚れは、こびりついてはいないので、 さっと手のひらで撫でるように洗い流してあげれば十分です。 ベビーローションで保湿ケア 夏場も大人に比べてぐっと水分量の少ない赤ちゃんの肌は、乾燥しがち。 きちんと保湿することでバリア機能をサポートして、夏の肌トラブルから守ってあげることが必要です。 シャワーで汗を流すたびに、たっぷりの保湿剤で全身を保湿ケアしてあげてください。 クリームタイプやオイルタイプだと夏場はちょっと重たいかな……という場合には、さらっとしたローションタイプの保湿剤がオススメ。 \刺激が少なくサラッとして夏場でも使いやすい/ もちろん、赤ちゃんのお肌の状態によっては、夏場でもこってり目のクリームがピッタリということもあるので、お肌の調子を見極めて選んでくださいね。 紫外線対策は万全に お肌のバリア機能が未熟な赤ちゃんにとって、紫外線対策は一年中とても大切ですが、夏場は必須中の必須。 日焼けしてしまうと、真っ赤になってヒリヒリしたり、水ぶくれになってしまったりと大変です。 ちょっとした日常のお散歩でも、 きちんと紫外線ケアをしてお出かけしましょう。 日焼け止め選びは以下のページを参考にしてみてください。 参考 トラブルには早めに対処 赤ちゃんの肌トラブルは、ひどくなる前に対処することが大切。 軽いうちにケアしてあげれば、案外すぐに良くなってしまうことが多いのも赤ちゃんの肌の特徴です。 それぞれの症状にあったホームケアはもちろん、「これはちょっとホームケアでは手におえないかも…」と思ったら、すぐに皮膚科を受診するようにしましょう。 エアコンも上手に使って 赤ちゃんのあせもを予防する一番の対策が、じつは 室温を管理すること。 あまりに暑いお部屋にいると、体温調節がまだ未熟な赤ちゃんは、熱中症になったり体調を崩してしまうことも。 赤ちゃんが小さいうちは、適切にエアコンを使用して、快適な室温を維持してあげてくださいね。 冷やしすぎないこと、また冷房の風が直接赤ちゃんにあたらないように気をつけてあげてください。 まとめ:夏もスキンケアは大切 夏場は湿度が高いので、保湿はいらないのでは…?と思いがちですが、赤ちゃんのお肌は一年中乾燥気味。 エアコンで乾燥したり、汗や紫外線の刺激にさらされたりと、冬のカサカサ以上に過酷な状態です。 夏のお肌のトラブルを予防するためには、ぬるま湯シャワーで汗をこまめに優しく洗い流した後、しっかり保湿することが大切です。 お外に出かけるときには、紫外線対策を忘れずに。 暑い日にはエアコンも適切に使って、赤ちゃんの身体に負担がかからないような環境を整備してあげてください。 夏場も気を抜かず、ツルピカ赤ちゃん肌を目指して頑張りましょう!.

次の

赤ちゃんに本当に必要なスキンケアは?肌トラブルは食物アレルギーの引き金に。皮膚科医・友利先生に聞いたおすすめスキンケア9選

赤ちゃん スキンケア 夏

赤ちゃんの肌はとても綺麗に見えますが、肌の機能は未熟でデリケート。 ここでは赤ちゃんのスキンケア方法についてご紹介します! スキンケアって保湿だけ? 保湿だけでなく、清潔にすることからはじめます。 外に出るときは紫外線対策も意識しましょう スキンケアには以下の3つの役割があります。 これらの3つのポイントをしっかりおさえてこそ、赤ちゃんにやさしい、効果的なスキンケアができるんです。 健やかな肌のために、毎日のスキンケアを続けましょう。 洗うときの手順は? 洗浄料をよく泡立て、ていねいに洗い、すすぎ、ふき取りましょう 1. 洗浄料を選ぶ ・洗浄料は低刺激のもので赤ちゃんの肌に合うものを選びましょう。 ・洗浄料はよく泡立てること。 泡タイプのものを選んだり、泡立てネットを使うのもおすすめです。 やさしく洗う ・赤ちゃんの場合は、素手で洗ってあげましょう。 泡をからだに塗るだけでなく、手のひらと指の腹でやさしくていねいに洗っていきます。 ・くびれや耳のうしろ、指の間なども忘れずに。 ていねいにすすぐ ・シャワーを使い、くびれやしわを伸ばしながらよくすすいでいきます。 ・洗浄料が残ると肌を刺激するもとになるので、きちんとすすぎましょう。 水分をふき取る ・やわらかいタオルでこすらず、そっと押さえるように水分をふき取ります。 ・くびれやしわの中の水分は残りやすいので、ふき忘れがないように気をつけましょう。 保湿するときの手順は? 保湿剤を全身にたっぷり塗りましょう 1. 保湿剤を選ぶ ・ワセリンやクリーム、乳液、ローションなどいろいろな種類がありますが、赤ちゃんの肌に合うものを選びましょう。 ・乾燥しやすい冬だけでなく、1年を通じて保湿をしてあげましょう。 ・冬は乳液・クリーム、夏は乳液・ローションを使うなど、季節に合わせて保湿剤の種類を変えてあげると、赤ちゃんもきっと喜んでくれるはずです。 保湿するタイミング ・1日2~3回程度、お風呂あがり、お着替えの時間などに塗るのがおすすめです。 ・生活スタイルに合わせて工夫してみてください。 気になるときにはこまめに塗ってあげましょう。 たっぷり塗る ・顔やおなか、背中、手足など、部位ごとに全身に塗っていきます。 ・塗りたいところに保湿剤を何カ所か置いて、手のひらをすべらせるように塗り広げていきます。 ・しっとりするくらいが目安です。 ・首や耳、わき、手首、ひざの裏、足首などのくびれた部分にも塗り忘れがないように気をつけましょう。 紫外線対策するときのポイントは? 強い日差しを避け、必要に応じて 日焼け止めを使うことも考えましょう 1. 基本的な対策を行う ・紫外線が強い春から秋の午前10時~午後2時ごろは、できるだけ長時間戸外にいないように心がけましょう。 ・直射日光だけでなく、地面や水面からの反射する光にも要注意です。 ・帽子をかぶり、衣類は肌の露出が少ないものを選びましょう。 ・お出かけや遊ぶ際は、できるだけ日陰を選んであげましょう。 日焼け止めを塗る ・必要に応じて乳幼児用の日焼け止めを塗ってあげましょう。 ・2~3時間ごとに塗り直すのがポイントです。 ・顔に塗るときは、両頬、おでこ、鼻の頭、あごに適量を置いて、塗り残しがないようにやさしく伸ばします。 ・腕や足など広範囲に塗るときは、塗る部分に線をかくように出し、手のひら全体を使って大きく円を描くように塗り伸ばします。 ・湿疹があるときに日焼け止めを塗る際は、医師に相談しましょう。 日焼け止めを洗い流す ・洗浄料を使って、日焼け止めが肌に残らないように洗い流しましょう。 ・洗ったあとは、タオルを使って水分をふき取るのも忘れずに。 赤ちゃんのスキンケアで他に大切なことは? ママの細やかな配慮もスキンケアにつながります 1. スキンシップしながらスキンケア 毎日スキンケアを続けるのは大変かもしれません。 でも、スキンケアをすることは赤ちゃんの肌とママの肌が触れ合う貴重な時間です。 赤ちゃんにやさしく話しかけてスキンシップをはかりながら、スキンケアをしてあげましょう。 爪・髪にも気をつけて 爪の角が残っていると肌を傷つけてしまう可能性も。 赤ちゃんもママも、爪をこまめに切るように心がけましょう。 また、デリケートな赤ちゃんの肌には、毛先が肌に触れるだけでも刺激になることもあります。 なるべく肌に触れないようにヘアスタイルを整えてあげたり、肌を衣服でカバーしてあげましょう。 衣類選びや脱ぎ着も大切 衣類は綿や刺激が少ない素材を選びます。 タグや縫い代が刺激になることもあるので、選ぶときにはよくチェックしましょう。 襟首がきつすぎると、服を脱がせるときに耳たぶにあたり、刺激を与えてしまうことがあります。 服を脱がせるときは、襟首を広げて脱がせてあげましょう。

次の

秋〜冬の赤ちゃんのスキンケア|皮ふ・スキンケア(子どもの病気)の教えて!ドクター

赤ちゃん スキンケア 夏

もくじ• 赤ちゃんの入浴で気を付けたいこと!新生児の場合は? 生まれて間もない赤ちゃん。 お母さんも初めて経験する事ばかりで、慣れない事が多いと思います。 新生児って、首も座ってなくてふにゃふにゃで可愛いのですが、 何をするにも大事に大事に扱う事が必要ですよね。 入浴は母子共に体の負担を考えて沐浴をしている頃だと思います。 沐浴、毎回緊張しますよね。 さて夏の沐浴、まず気をつけたいのは赤ちゃんの扱いだけではなく、 お湯の温度です。 暑いからといって 冷水を使うのはやめましょう! 大人にとってちょっとぬるいかな、くらいの温度、38度で用意してあげてくださいね。 赤ちゃんの肌は綺麗に見えても、意外と汗やおしっこ等で汚れています。 特に 夏は汗をかきやすいですし、寝たままだと汗がこもって 汗疹もできやすいので、 赤ちゃんの機嫌をみながら沐浴の回数を増やしてあげるのもおすすめです。 ただ、毎回石鹸などで洗う必要はありませんので、さっとお湯で汗を洗い流してあげる程度にし、 1日の最後の沐浴の時に全身洗ってあげましょう。 そして、 室温の調整も忘れてはいけないポイントです。 外が暑いので室温は涼しく、とクーラーを使って冷やしていると思いますが、 赤ちゃんはまだ体温調節が苦手です。 入浴後濡れた体が冷えてしまわない様に、 27〜28度くらいにしてあげましょう。 沐浴後すぐに着替えができる様に、あらかじめバスタオル、着替え、オムツ、スキンケア類は準備しておくと良いですね。 赤ちゃんにとって沐浴は基本的には1ヶ月検診で入浴のオッケーが出たらおしまいにして良い入浴方法です。 大変なことも多いですが少ない期間しか行わない分、今だけの沐浴タイムをぜひ楽しんでくださいね。 赤ちゃんの入浴グッズでおすすめはこれ! 1ヶ月検診を経て、大人と一緒の湯船に入れてオッケーですよ、と晴れて沐浴を卒業した赤ちゃん。 けれど、赤ちゃんと一緒の入浴って思った以上にバタバタしますよね。 必要なものの準備は慣れてきたと思いますが、あと少しの工夫で赤ちゃんとの入浴時間が もっと余裕を持って楽しめちゃいます。 これはママの準備するものとしてのおすすめアイテムです。 バスタオルを体に巻きつけるのも、ずるっと落ちてきたりしてプチストレスですよね。 私は出産祝いに頂いたのですが、さっと羽織れば体を冷やさないし、水滴がポタポタ落ちる事もないので、 急いで自分の支度をする必要もなく、赤ちゃんのお世話を優先できるので、とても便利でした。 夏の時期こそ気を付けたい!お風呂後の赤ちゃんのスキンケア方法 赤ちゃんのお肌って、なめらかでみずみずしい、って思っていませんか? 実は、 赤ちゃんのお肌はとてもデリケートでトラブルを起こしやすいのです。 特に夏になると、汗をかいて汗疹ができてしまう事が多いので注意が必要! 知らずに放っておくと更にとびひになってしまったり、と夏の間中トラブル続きになってしまうかもしれません。 夏の赤ちゃんの汗ケアの一つとしてあげられるのが入浴、ですね。 入る回数が増えるから、といって入浴後のスキンケアを厳かにするのはNGです。 なぜなら、汗をかきっぱなしになっている事を防ぐのも大切ですが、それ以上に保湿して、 肌を乾燥からカバーしてあげる事も必要だからです。 薬局や赤ちゃん用品店に行くと、赤ちゃん専用の保湿剤が販売していると思います。 ではなぜ、大人と同じものを使わないのでしょうか。 それは、赤ちゃんのお肌はまだ未完成の状態だからです! そのため、赤ちゃん用の保湿剤には赤ちゃんにとって効果的な成分が入っているものが多いのです。 反対に大人用だと、まだ赤ちゃんには刺激が強すぎる、という事になりますね。 乳液やオイル等、様々な商品があってどれを選ぶか迷ってしまうかもしれませんが、 どれを選んでも共通で言えることは、赤ちゃんに塗りすぎかな?!と思うくらいたっぷり保湿剤をぬってあげる、 という事です。 特に、脇の下や膝の裏、首回りなどはシワも多く汚れや汗がたまりやすいので、 しっかり保湿してバリアを作ってあげましょう。 また、保湿剤を選ぶ時、キャップで開閉するものよりポンプ式の方がサッと塗れるのでおすすめです。 リラックスする為に入ったのに、入った方が疲れちゃった、なんてとても悲しいです。

次の