ユーカリ アロマ 効能。 ユーカリの精油いろいろ [アロマテラピー] All About

ユーカリ精油(アロマオイル)の効果効能まとめ|種類別に詳しく解説!赤ちゃん子供妊娠中も使えるブレンドレシピはマスクにも!-メディカルアロマ事典

ユーカリ アロマ 効能

ユーカリの効果効能!種類別に効果も違う? ユーカリはオーストラリアやポルトガル、中国、スペインに生息する植物。 と同様に、オーストラリアの先住民族であるアボリジニたちが、葉を傷口に巻いたりするなど万能薬として利用してきました。 沢山の種類があるユーカリですが、薬効成分を求めて使用されるユーカリ精油の中には下の種類があります。 #精油名からそれぞれの精油の詳しい薬効成分が参照できます。 スッキリした香りから、鼻をスッキリさせるために焚かれることもありますが、薬効成分は主に、抗カタル・去痰作用と言って、 のどの炎症や淡を出す作用です。 ユーカリラディアータに含まれる1. 8シネオールは、免疫刺激や免疫促進(風邪などの免疫不良に)のほか、アレルギーなどの、アレルゲンに対する免疫の過剰反応を抑える免疫調整作用もあるのです。 主要成分(類) 主要成分 作用 75% 酸化物 70% 1. まとめ いかがでしたか?いろいろな種類があるユーカリ。 雑貨屋さんで売られている「ユーカリ」はこちら。 フランスやベルギーなどの薬局で薬効として利用されている精油ではないのですが、 そのスッキリとした香りから、香りを焚いて鼻をスッキリさせる用途に使われることも。 ダイエットに。 脂肪・セルライト溶解作用。 運動の20-30分前に気になる箇所にジェルに混ぜて塗布。 免疫促進、免疫調整作用。 風邪など免疫が弱っている時の免疫促進に加え、 アレルギーなどの免疫過剰反応を抑える免疫調整作用も。 精油の中でNo. 1の昆虫忌避成分含有量から、虫よけに。 の相乗効果で痛み止めにも使われます。 「ユーカリ」と一言で言っても沢山の種類ごとに、まったく違う薬効があることが分かります! ユーカリの薬効成分を使いたい場合は、どんな成分が欲しいのかによって、選ぶユーカリも違いますので注意してくださいね。 同じ様に、「ラベンダー」と言っても種類によって成分が異なります。

次の

ユーカリアロマの効能:効果的な使用方法と注意点を解説

ユーカリ アロマ 効能

アロマテラピーでは、植物から抽出された精油を使います。 しかし、精油には多くの種類があり、それぞれ効果や効能が異なるため、選ぶのに迷ってしまうかもしれません。 好みや目的によって精油を選ぶことは、アロマテラピーを快適に楽しむために非常に大切なことです。 そこで今回は数ある精油の中で、ユーカリの効果・効能を紹介します。 ユーカリの特徴 ユーカリといえばコアラが食べるものというイメージがありますが、実際どのような植物なのか知っている人は多くないでしょう。 ここではユーカリの木について紹介します。 主にオーストラリアなどに自生している植物 ユーカリはフトモモ科ユーカリ属の常緑性高木の総称です。 主にオーストラリアやオーストラリア大陸南東部に位置するタスマニア島、ニュージーランドに自生しています。 成長がとても早く、高さ70メートルを超えるものもありますが、日本ではそこまで大きくなることはありません。 またユーカリといえば、動物園やテレビなどでコアラが美味しそうに食べる姿を目にすることがありますが、実際にコアラが食べるユーカリは限られた地域の限られた種類のものであり、しかも新芽しか食べません。 ユーカリの種類 ユーカリにはおよそ500ほどの種類がありますが、アロマテラピーに使用されるものはこの中の数種類に限られます。 その数種類の中でも、とくにグロブルス種というユーカリが有名です。 アロマテラピーでユーカリといえば、一般的にはグロブルスを指します。 そのほかには、ラディアータやシトリオドラ(レモンユーカリ)などがあり、それぞれ効果や効能が異なります。 ユーカリアロマについて ユーカリオイルは強い殺菌作用や抗菌作用を持っているため、アロマテラピーとしてだけではなく、医薬品としても利用されています。 ユーカリアロマにはどのような効果・効能があるのでしょうか。 心への効果・効能 ユーカリには集中力を高めたり、やる気を向上させてくれる効果があります。 また記憶力の向上や、イライラした心を鎮めて気分をリフレッシュさせてくれるなど、精神に及ぼす効果は大きいです。 身体への効果・効能 ユーカリには優れた殺菌作用があります。 オーストラリアの原住民であるアボリジニは、傷口にユーカリの葉を巻いたりして、傷ついた体を癒してきました。 切り傷や軽度の火傷、筋肉痛や関節痛などに効果的です。 また、風邪の引き始めや、花粉症や喉の痛みなどの気管支トラブルの対策にも効果を発揮します。 ユーカリの使用方法と注意点 アロマといえば、ディフューザーで部屋に香りを拡散させて使用するのが一般的です。 簡単な方法として、カップに入れたお湯にユーカリオイルを数滴垂らし、拡散した蒸気を吸い込む方法もあります。 また、ハンカチやティッシュに1滴落として吸い込む吸入法がありますが、刺激が強く、むせてしまうときなどは使用を避けましょう。 そのほか、アロマバスとして使う方法もあります。 さらにユーカリ・グロブルスは刺激が強いため、乳幼児や妊婦の方が使用するときはを特に注意が必要です。 まとめ 心と体にとても優れた効果・効能を示すユーカリアロマ。 香りもすっきりしており清涼感があるので、正しく使用し、日常生活の中に効果的に取り入れてみましょう。

次の

ユーカリアロマオイル6つの使い方とは?ブレンドに相性の良いオイル7選

ユーカリ アロマ 効能

ユーカリの効果効能!種類別に効果も違う? ユーカリはオーストラリアやポルトガル、中国、スペインに生息する植物。 と同様に、オーストラリアの先住民族であるアボリジニたちが、葉を傷口に巻いたりするなど万能薬として利用してきました。 沢山の種類があるユーカリですが、薬効成分を求めて使用されるユーカリ精油の中には下の種類があります。 #精油名からそれぞれの精油の詳しい薬効成分が参照できます。 スッキリした香りから、鼻をスッキリさせるために焚かれることもありますが、薬効成分は主に、抗カタル・去痰作用と言って、 のどの炎症や淡を出す作用です。 ユーカリラディアータに含まれる1. 8シネオールは、免疫刺激や免疫促進(風邪などの免疫不良に)のほか、アレルギーなどの、アレルゲンに対する免疫の過剰反応を抑える免疫調整作用もあるのです。 主要成分(類) 主要成分 作用 75% 酸化物 70% 1. まとめ いかがでしたか?いろいろな種類があるユーカリ。 雑貨屋さんで売られている「ユーカリ」はこちら。 フランスやベルギーなどの薬局で薬効として利用されている精油ではないのですが、 そのスッキリとした香りから、香りを焚いて鼻をスッキリさせる用途に使われることも。 ダイエットに。 脂肪・セルライト溶解作用。 運動の20-30分前に気になる箇所にジェルに混ぜて塗布。 免疫促進、免疫調整作用。 風邪など免疫が弱っている時の免疫促進に加え、 アレルギーなどの免疫過剰反応を抑える免疫調整作用も。 精油の中でNo. 1の昆虫忌避成分含有量から、虫よけに。 の相乗効果で痛み止めにも使われます。 「ユーカリ」と一言で言っても沢山の種類ごとに、まったく違う薬効があることが分かります! ユーカリの薬効成分を使いたい場合は、どんな成分が欲しいのかによって、選ぶユーカリも違いますので注意してくださいね。 同じ様に、「ラベンダー」と言っても種類によって成分が異なります。

次の