本当に良い時代 キャスト。 韓国ドラマ「本当に良い時代」のあらすじ、キャスト、最新ニュース|wowKorea(ワウコリア)

「本当に良い時代」韓国ドラマ46話・47話・48話感想動画dvd: 韓国ドラマあらすじ紹介ブログ

本当に良い時代 キャスト

カン・ドンソク 35歳。 幼い時から学年1位の秀才で、IQ150の天才的な頭脳に、整った顔立ちの持ち主。 クールな性格で、いつも物事を冷静に判断する。 幼い頃、母と双子の姉ドンオクの復讐のためにヘウォンの自分への想いを利用し傷つけたが、15年ぶりに再会する。 検事になるために上京して15年。 一度も実家に戻らず家族を敬遠していたが、転勤になったことで15年ぶりに帰ることになる。 ところが、久しぶりに再会したヘウォンのそばにはオ・スンフンにいた。 ドンソクは、ヘウォンを自分でもなくスンフンでもない、この世で一番素敵で優しい男に会わせて、永遠に幸せに暮らせるようにしてあげたいと思う。 その後、自分にプロポーズをしてくれたジェギョンのそばに戻ろうとする。 イ・ソジン 「階伯-ケベク-」「イサン」 チャ・ヘウォン 33歳。 貸金業社勤務。 明るくいつも真っ直ぐで、一度気に入ったモノは誰がなんと言ってもそれが良い。 父親が慶州最高の権力者で、近郊の土地と果樹園を所有しており裕福な暮らしをしていたが、幼い頃から人々が父に屈従するのが嫌だった。 ドンソクの事が大好きでやっと想いが通じたと思ったのもつかの間、ドンソクに傷つけられてしまう。 2014年、ヘウォンは留学を終え故郷に再び戻ってくるものの、父の会社が上手くいかず、財産はなくなり、父までも他界してしまう。 この不幸にオ・チスが関与していることを知り、オ・チスの息子スンフンが代表を務める貸金業社に就職する。 キム・ヒソン 「アングリーママ」「シンイ-信義-」 カン・ドンヒ 27歳。 ドンソクの弟。 スンフンのボディガード。 無知で、口より先に手が出るタイプ。 へウォンとは猿犬の仲だが、ヘウォンと同じ貸金業社の社長のボディガードとして働いている。 「この赤ちゃんはカン・テソプの子だ」というメモと共に玄関前に置かれていたドンヒは、育ててくれたソシムを慕い本当の母親のように大切にしている。 高校の時、施設出身のソ・ジョンアをいじめから救おうと暴力を振い退学となってしまう。 後にジョンアから双子を妊娠した事実を聞かされる。 まだ若すぎるドンヒの将来を心配する両親の意向で、子供たちを弟として戸籍に入れた。 最初は猛反対したが、自分みたいな人間が父であることや、母に捨てられたことがわかるよりは、むしろ彼らの分別のない兄だと思ってもらったほうが、ましだと考える。 テギョン(2PM) 「ドリームハイ」「君を守る恋」 カン・ドンタク 40歳。 ドンソクの兄。 地方イベントの司会者。 常にマイペースに人生を謳歌してきたが、ただ一つ結婚だけは失敗してしまいバツイチで実家に戻った。 高校を卒業後、演劇映画科に行くためにソウルへ上京。 演技力はなかなかだったが、方言を直すことが出来ずエキストラのバイトをして生活していた。 そんな時元妻と出会い結婚、一人息子の父となる。 しかし現在は離婚し息子のムルと実家に戻り暮らしている。 方言が直らず夢を諦め、イベントの司会や歌手として才能を生かしている。 リュ・スンス 「黄金の帝国」「総合病院2」「冬のソナタ」.

次の

韓国ドラマ 本当に良い時代 キャスト 相関図

本当に良い時代 キャスト

韓国ドラマ-本当に良い時代-あらすじ全話!1話 韓国ドラマ-本当に良い時代-あらすじ全話の1話のネタバレです! 今回ご紹介する韓国ドラマは、10人以上の大家族が舞台となる韓国ドラマです。 検事役のカン・ドンソクは苦労して検事になり、上京していて検事をやっていたが 突然の異動命令で15年ぶりに自分の故郷に帰ってきたところから物語が始まっていきます。 ヘウォン役のイ・ソジンが演じるおてんばなお嬢様ぶりも見所となっています! ギクシャクする兄弟関係など、どのような展開になっていくのか楽しみですね。 平均視聴率は24.5%、最高視聴率は30.3%とかなりの好成績な 韓国ドラマである本当に良い時代は視聴率が高いのも納得な出来栄えとなっています! どうぞお楽しみください。 【スポンサード リンク】 韓国ドラマ-本当に良い時代-概要 ソウル治検の検事であるカン・ドンソクは異動の辞令を受けて 15年ぶりに故郷である慶州へ帰ってくることになった。 父が大昔に蒸発したドンソクの家族は祖父や母を筆頭に10人以上の大家族。 ドンソクは祖父の頼みで、不本意であったが再び実家で暮らすこととなります。 だが、弟であるドンヒは過去に事件を起こした際に自分をかばってくれなかったと ドンソクを恨んでいたため、歓迎しようとしなかったのです…。 そんな中、ドンソクは彼を慕っていたヘウォンと再会することに。 ドンソクの母が家政婦として働いていたヘウォンの家は 裕福だったが父親の急逝で没落し、彼女はドンヒと同じく取り立て屋として暮らしていたのでした。 やがて、互いの想いを確認したドンソクとヘウォンは結婚を考えるようになるのだが ヘウォンの母は断固反対の姿勢だったのです。 ヘウォンの母に反対されているだけではなく 2人の間には思いもよらない障害が存在していたのでした…。 激務に自宅にまで仕事を持ち込んでいたが眠ってしまった。 携帯電話が鳴ったのが午前3:45… 慶州で襲われたと先輩検事が訴えた。 先輩検事は、ドンソクは慶州出身だったことからドンソクが適任だという。 そして、ドンソクを慶州支庁へ異動することを提案した。 ドンソクは、故郷に行くのを嫌がりそれを断った。 だが最終的には引き受け慶州に向かう。 さかのぼること1998年… 当時高校生のカン・ドンソク。 成績は優秀でイケメンな彼は憧れの存在だった。 だが、家は貧しく母チャン・ソシム(ユン・ヨジョン)は家政婦として働いていた。 雇われ先は、町内一裕福なお屋敷だった。 そこに住んでいるドンソクと同級生のチャ・へウォン。 ヘウォンは、ドンソクのことが好きだった。 ドンソクに猛烈にアタックするが相手にされていない。 だが、ヘウォンが犬に襲われて怪我をした際ドンソクが助け、自宅までおぶって帰った。 嬉しそうなヘウォンだったが、自宅の前で母親イ・ミョンスンが家政婦のソシムとドンソクの 双子の姉カン・ドンオクを厳しく叱っている場面に出くわす。 ドンソクの双子の姉ドンオクは、9歳の頃大きな事故に遭い7歳の知能になってしまっていた。 母ソシムはそんなドンオクを一人自宅に残すわけにもいかず、家政婦の仕事に連れて来ていたのだ。 必死に謝るソシム。 だがヘウォンの母は執拗に騒ぐ。 その様子を見たドンソクとヘウォンは絶望する。 夜中、ヘウォンは酒に酔ってドンソクの自宅の前に現れた。 実はヘウォンに好きな気持ちのあるドンソクだったが、クールで気持ちを表現できないドンソクは知らん顔。 いちど自宅に入ったドンソクだったが、再びヘウォンのもとに現れ泣くヘウォンの涙をぬぐい尋ねた。 僕と付き合って後悔しない自信があるか… ヘウォンは、明るく自信があると答えた。 (2014年に戻ります) 故郷の慶州に戻るドンソク。 町内の入口に歓迎の幕が掲げられている。 『卒業生カン・ドンソク 慶州支庁検事発令 慶州第一中学校卒業生一同より』 ドンソクの叔父で豚足店の料理長を務めるカン・サンホ(キム・グァンギュ)がドンソクの歓迎のためにご馳走を用意していた。 ちなみにこの豚足店の経営者はドンソクの母ソシムである。 そこへやって来たドンソクの父の愛人ハ・ヨンチョン(チェ・ファジョン)。 並べられたご馳走をつまみ食いし、サンホに隠れてご馳走をタッパーに詰めていた。 その日は、ヨンチョンの息子カン・ドンヒ(テギョン)が事故を起こし拘留されていたが出所する日だった。 警察署で待つヨンチョン。 ドンヒの産みの母がヨンチョンであることはドンヒは知らないもよう。 ソシムもまたドンヒを迎えに警察署に向かっている。 だが先にいたヨンチョンの姿を見て黙って戻っていく。 ヨンチョンを嫌うドンヒ。 警察署を出てヨンチョンの姿を見ると目つきが変わった。 婆さん誰が嬉しがると思ったの? さっさと帰って寝ろよと声を荒げるドンヒ。 どうしてそんなこというの?と肩を落とすヨンチョン。 だがドンヒは容赦なく消えろ!といい放った。 一方、ソウルから慶州へ車を走らせるドンソク。 緑が美しい王陵が広がった。 ドンソクが住んでいた町に入って行く。 そこでドンソクは、近所の男と言い争う兄カン・ドンタク(リュ・スンス)を見る。 男は国会議員の方が偉いといい、兄は検事の方が偉いといい張っていた。 ドンソクは呆れながら兄に歩み寄った。 そして仲裁をした。 ひとまず兄ドンタクと別れドンソクは家に向かった。 家族のことを思い憂鬱そうなドンソク。 薬局に寄ると、胃薬を買う。 薬局で叔父サンホとその双子の弟カン・サンシク(キム・サンホ)と会う。 ドンソクが戻ったのを祝い酒をたくさん飲もうと、予め薬を買いに来ていた。 再会を喜ぶサンホ。 一方、ドンヒ。 元恋人ジョンア(のちに出てくる双子の母親)とともに居ると思われるチョルミンの父の理髪店に入った。 ジョンアの連絡先を教えるよう凄むドンヒ。 一方、チャ・ヘウォンは留学先から戻り、貸金業者で働いていた。 以前は裕福だったはずだが、何かの事件によって全てを失ったもよう。 勤め先である貸金業者の社長がヘウォンの父を陥れた過去があり、復讐のために近付いているようだ。 そんななか、ドンヒが暴れた理髪店には借金回収にヘウォンがやって来た。 借金のかたになる品をドンヒが壊したと怒り狂う。 外へ出て喧嘩する二人。 ドンヒがヘウォンを突き倒すと、そこにドンソクが現れた。 ヘウォンを助け起こすドンソク。 複雑な空気の中、こんにちはとぎこちない挨拶を交わす。 一方、ドンソクの双子の姉ドンオクが花束を手にドンソクの帰りを待っている。 私を見てドンソクが恥ずかしいっていったらどうしよう…私バカだから。 そんなドンオクに母ソシムはいった。 おまえはバカじゃない。 こんなに優しくて綺麗なおまえを恥ずかしいなどと思うのは人ではないよ。 もしそういうやつがいたら追い出してやるよ。

次の

本当に良い時代の無料動画視聴!日本語字幕吹き替えをデイリーモーションやパンドラで!

本当に良い時代 キャスト

韓国ドラマ-本当に良い時代-あらすじ全話!1話 韓国ドラマ-本当に良い時代-あらすじ全話の1話のネタバレです! 今回ご紹介する韓国ドラマは、10人以上の大家族が舞台となる韓国ドラマです。 検事役のカン・ドンソクは苦労して検事になり、上京していて検事をやっていたが 突然の異動命令で15年ぶりに自分の故郷に帰ってきたところから物語が始まっていきます。 ヘウォン役のイ・ソジンが演じるおてんばなお嬢様ぶりも見所となっています! ギクシャクする兄弟関係など、どのような展開になっていくのか楽しみですね。 平均視聴率は24.5%、最高視聴率は30.3%とかなりの好成績な 韓国ドラマである本当に良い時代は視聴率が高いのも納得な出来栄えとなっています! どうぞお楽しみください。 【スポンサード リンク】 韓国ドラマ-本当に良い時代-概要 ソウル治検の検事であるカン・ドンソクは異動の辞令を受けて 15年ぶりに故郷である慶州へ帰ってくることになった。 父が大昔に蒸発したドンソクの家族は祖父や母を筆頭に10人以上の大家族。 ドンソクは祖父の頼みで、不本意であったが再び実家で暮らすこととなります。 だが、弟であるドンヒは過去に事件を起こした際に自分をかばってくれなかったと ドンソクを恨んでいたため、歓迎しようとしなかったのです…。 そんな中、ドンソクは彼を慕っていたヘウォンと再会することに。 ドンソクの母が家政婦として働いていたヘウォンの家は 裕福だったが父親の急逝で没落し、彼女はドンヒと同じく取り立て屋として暮らしていたのでした。 やがて、互いの想いを確認したドンソクとヘウォンは結婚を考えるようになるのだが ヘウォンの母は断固反対の姿勢だったのです。 ヘウォンの母に反対されているだけではなく 2人の間には思いもよらない障害が存在していたのでした…。 激務に自宅にまで仕事を持ち込んでいたが眠ってしまった。 携帯電話が鳴ったのが午前3:45… 慶州で襲われたと先輩検事が訴えた。 先輩検事は、ドンソクは慶州出身だったことからドンソクが適任だという。 そして、ドンソクを慶州支庁へ異動することを提案した。 ドンソクは、故郷に行くのを嫌がりそれを断った。 だが最終的には引き受け慶州に向かう。 さかのぼること1998年… 当時高校生のカン・ドンソク。 成績は優秀でイケメンな彼は憧れの存在だった。 だが、家は貧しく母チャン・ソシム(ユン・ヨジョン)は家政婦として働いていた。 雇われ先は、町内一裕福なお屋敷だった。 そこに住んでいるドンソクと同級生のチャ・へウォン。 ヘウォンは、ドンソクのことが好きだった。 ドンソクに猛烈にアタックするが相手にされていない。 だが、ヘウォンが犬に襲われて怪我をした際ドンソクが助け、自宅までおぶって帰った。 嬉しそうなヘウォンだったが、自宅の前で母親イ・ミョンスンが家政婦のソシムとドンソクの 双子の姉カン・ドンオクを厳しく叱っている場面に出くわす。 ドンソクの双子の姉ドンオクは、9歳の頃大きな事故に遭い7歳の知能になってしまっていた。 母ソシムはそんなドンオクを一人自宅に残すわけにもいかず、家政婦の仕事に連れて来ていたのだ。 必死に謝るソシム。 だがヘウォンの母は執拗に騒ぐ。 その様子を見たドンソクとヘウォンは絶望する。 夜中、ヘウォンは酒に酔ってドンソクの自宅の前に現れた。 実はヘウォンに好きな気持ちのあるドンソクだったが、クールで気持ちを表現できないドンソクは知らん顔。 いちど自宅に入ったドンソクだったが、再びヘウォンのもとに現れ泣くヘウォンの涙をぬぐい尋ねた。 僕と付き合って後悔しない自信があるか… ヘウォンは、明るく自信があると答えた。 (2014年に戻ります) 故郷の慶州に戻るドンソク。 町内の入口に歓迎の幕が掲げられている。 『卒業生カン・ドンソク 慶州支庁検事発令 慶州第一中学校卒業生一同より』 ドンソクの叔父で豚足店の料理長を務めるカン・サンホ(キム・グァンギュ)がドンソクの歓迎のためにご馳走を用意していた。 ちなみにこの豚足店の経営者はドンソクの母ソシムである。 そこへやって来たドンソクの父の愛人ハ・ヨンチョン(チェ・ファジョン)。 並べられたご馳走をつまみ食いし、サンホに隠れてご馳走をタッパーに詰めていた。 その日は、ヨンチョンの息子カン・ドンヒ(テギョン)が事故を起こし拘留されていたが出所する日だった。 警察署で待つヨンチョン。 ドンヒの産みの母がヨンチョンであることはドンヒは知らないもよう。 ソシムもまたドンヒを迎えに警察署に向かっている。 だが先にいたヨンチョンの姿を見て黙って戻っていく。 ヨンチョンを嫌うドンヒ。 警察署を出てヨンチョンの姿を見ると目つきが変わった。 婆さん誰が嬉しがると思ったの? さっさと帰って寝ろよと声を荒げるドンヒ。 どうしてそんなこというの?と肩を落とすヨンチョン。 だがドンヒは容赦なく消えろ!といい放った。 一方、ソウルから慶州へ車を走らせるドンソク。 緑が美しい王陵が広がった。 ドンソクが住んでいた町に入って行く。 そこでドンソクは、近所の男と言い争う兄カン・ドンタク(リュ・スンス)を見る。 男は国会議員の方が偉いといい、兄は検事の方が偉いといい張っていた。 ドンソクは呆れながら兄に歩み寄った。 そして仲裁をした。 ひとまず兄ドンタクと別れドンソクは家に向かった。 家族のことを思い憂鬱そうなドンソク。 薬局に寄ると、胃薬を買う。 薬局で叔父サンホとその双子の弟カン・サンシク(キム・サンホ)と会う。 ドンソクが戻ったのを祝い酒をたくさん飲もうと、予め薬を買いに来ていた。 再会を喜ぶサンホ。 一方、ドンヒ。 元恋人ジョンア(のちに出てくる双子の母親)とともに居ると思われるチョルミンの父の理髪店に入った。 ジョンアの連絡先を教えるよう凄むドンヒ。 一方、チャ・ヘウォンは留学先から戻り、貸金業者で働いていた。 以前は裕福だったはずだが、何かの事件によって全てを失ったもよう。 勤め先である貸金業者の社長がヘウォンの父を陥れた過去があり、復讐のために近付いているようだ。 そんななか、ドンヒが暴れた理髪店には借金回収にヘウォンがやって来た。 借金のかたになる品をドンヒが壊したと怒り狂う。 外へ出て喧嘩する二人。 ドンヒがヘウォンを突き倒すと、そこにドンソクが現れた。 ヘウォンを助け起こすドンソク。 複雑な空気の中、こんにちはとぎこちない挨拶を交わす。 一方、ドンソクの双子の姉ドンオクが花束を手にドンソクの帰りを待っている。 私を見てドンソクが恥ずかしいっていったらどうしよう…私バカだから。 そんなドンオクに母ソシムはいった。 おまえはバカじゃない。 こんなに優しくて綺麗なおまえを恥ずかしいなどと思うのは人ではないよ。 もしそういうやつがいたら追い出してやるよ。

次の