ラブコメ 漫画。 おすすめラブコメ漫画50選!最新から完結作品まで【少年・青年・少女】

ラブコメ漫画のおすすめ10選・俺の妄想を掻き立てる最高傑作

ラブコメ 漫画

友達の姉が企画した合コンに人数合わせで駆り出され、年齢と身分を偽って参加した、高校1年生の歌子。 そこで出会った功太といい雰囲気になるが、歌子が高校生だと分かると、途端に態度を急変させ去っていった。 後日、歌子は警察官の制服姿の功太と再会するが、功太は歌子を冷たくあしらう。 親友に傷心を慰めてもらい、帰りが遅くなった歌子は、変質者に襲われかけ、仕事中の功太に助けられる。 完全に功太に恋に落ちてしまった歌子は、積極的にアタックし、やがてその思いが通じるが、仕事柄、未成年との交際に問題が生じるため、2人は結婚することになる。 友達に怪しまれ始めて嘘も限界になってきたとき、街で見かけたイケメンを盗撮して自分の彼氏として写真を見せることでその場をしのごうとする。 だが、なんとその彼は同じ学校に通う佐田恭也だった。 事情を打ち明け彼氏のフリをしてもらうことを承諾してもらったが、恭也は優しげな見た目とは正反対の腹黒ドS男子だった。 エリカは恭也から犬扱いを受けるなどのトラブルに見舞われるが、二人は次第に本当の恋人として交流するようになる。 からかい上手の高木さん 主人公・水谷雫は、幼少期からトップの成績を取ることしか興味が無く、生き物に対しての慈しみも乏しい。 小学生時、クラスで飼っていたウサギが死に、皆が悲しむ中でも宿題を優先する発言をし、周囲から「ドライアイス」とあだ名をつけられるような勉強の虫だった。 高校へ入学して間もなく、担任から隣席との理由で依頼されてプリントを届けたことがきっかけで、入学式当日に流血事件を起こし、停学処分解除後も不登校を続ける問題生徒・吉田春(通称「ハル」)と知り合う。 本当の友達がいないハルの思い込みや勘違いも手伝い、非常に気に入られ、迷惑しながらも雫はハルの世話を焼くようになる。 やがてハルは登校を始めて2人の感情に友情が芽生え、次第に恋愛に近いものに変化していく。 実は頭脳明晰だが、暴力的で奇行が目立つために友人を求めながらも孤立してきたハルと、成績こそ全てと優秀な自分を維持するために他人との関わりを排除してきた雫、不器用な2人が出会ったことにより、取り巻く人間関係もそれまでとは大きく変わっていく。 短い時間だったが、2人の間には幼いながらも愛情が芽生えていた。 錠が開かないまま時が過ぎて10年後、高校生になった楽は転校生の少女・桐崎千棘と出会う。 最悪な出会いの後、親のいいつけで「千棘と3年間、偽の恋人同士になってもらう」ことになり、驚愕する楽。 こうして2人の「ニセコイ」生活が始まるのであった…。 マイルノビッチ 「時計坂」という町にある「一刻館」という名の古いアパートの住人・五代裕作と、管理人としてやって来た若い未亡人・音無響子を中心としたラブストーリー。 人よりも苦労を背負い込んでしまう世渡り下手な青年・五代裕作と、生来の鈍感さと亡き夫へ操を立てるがゆえの真面目さを合わせ持つ美貌の管理人・音無響子の織り成す恋愛模様について、周囲を取り巻く常識はずれの面々が住むおんぼろアパート「一刻館」を舞台に、高橋独自のリズミカルでコミカルな展開で小気味良く描かれる。 1980年代の恋愛漫画の金字塔として名高い作品である。 引用元: めぞん一刻は、間違いなくラブコメ漫画の先駆けです。 自分も10年以上前に全て読んでいるのですが、これほどまでに完璧なラブコメ漫画はないと思いますね。 やはり俺の青春ラブコメは間違っている-妄言録 モノローグ - 友達が1人もおらず作ろうとも思わないひねくれた高校生が、それを見かねた教師によって「奉仕部」という部活に入れられてからの高校生活を描いたラブコメディ作品。 『あやかしがたり』に次ぐ渡航の第2作であり、初のラブコメディ作品。 平坂読の『僕は友達が少ない』を筆頭とするいわゆる「残念系ラブコメ」を目指し書かれており、第1巻の帯には平坂からの推薦文が掲載されている。 引用元: 「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている」は、比較的新しいラブコメ漫画になるのですがストーリー的にとても面白いので是非1度読んでもらいたいオススメのラブコメ漫画です。 りぶねす 「嘘」は許されない。 「恋」はもっと許されない。 すこし未来。 日本では16歳になると、政府から結婚相手が指名される世の中になっていた。 根島由佳吏15歳は、日本の片隅に住む、うだつの上がらない少年。 成績もスポーツも中の下。 だがしかし、その胸に燃えるような恋心を秘めていた! 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 常人離れした身体能力と行動力、仁義と正義感にあふれ、純情で不器用な高校一年生・剛田猛男。 同性からは慕われる男の中の男だが、異性には全く好かれない、いかつい顔とごつい巨体の持ち主だった。 彼がこれまでに好きになった女子たちは、クールで秀才でイケメンの親友・砂川誠を好きになっていた。 ある日猛男は、電車で痴漢に遭っていた女子高生・大和凜子を助け、猛男は大和に一目惚れする。 後日、お礼に訪れた凜子の様子から「彼女もまた誠を好きになったのだ」と察し、誠と大和の恋を成就させようと体を張って奮闘する。 しかし、凜子が想いを寄せる相手は砂川ではなく、猛男だったのだ。 誠の協力もあり、思いを確かめた猛男と大和は、恋人として付き合うことになる。 君のいる町 上流階級家庭の子供ばかりが集まる桜蘭高校特待生1年の藤岡ハルヒは、勉強ができる静かな場所を求めて第三音楽室に辿り着く。 しかしそこは「暇をもて余す美少年が、同じく暇をもて余す女生徒をもてなし潤す」ホスト部 クラブ なる集団が営業していた。 不注意から、校内オークションに出展予定だった「ルネ」の花瓶を割ってしまったハルヒは、弁償金800万円の返済のため「ホスト部の犬(雑用係)」となるが、眼鏡を外した素顔が美形だったことから接客係に格上げとなる。 そして借金帳消しの条件として、100人(後に1000人追加)の指名客を集めるノルマを課せられ、ホスト部員としての第一歩を踏み出す。 しかし大きな問題が…ハルヒは「女の子」だったのである。 かくしてホスト部隠れ紅一点のハルヒと、それを知った部員達との関係と思惑は、様々な出来事を経て次第に変化していくのだった。 山田くんと7人の魔女 朱雀高校に通う高校生・山田竜は、学校きっての問題児で不良少年。 学校でも周囲から浮いた存在であり、友達も出来ずにいた。 ある日、階段から落ちたはずみで優等生・白石うららとキスしてしまったところ、2人の身体が入れ替るという不思議な現象に見舞われる。 いくつかの実験と検証により、うららは『キスした相手と身体を入れ替わる能力』、山田は『キスすることで、魔女の力をコピーする力』を持っていることが判明する。 生徒会副会長の宮村虎之介に、あっさりと入れ替わりを見破られた2人は、超常現象研究部に入部することになるのであったが…。 引用元: 自分的にはイラストのタッチが好みだったので印象的なラブコメ漫画になっています。 ある日、朝陽は偶然にも「実は私は吸血鬼」である葉子の秘密を知ってしまい、その秘密を守り抜くためになし崩しに「お友達」になる。 しかし、次第に「実は私は宇宙人」「実は私は狼男」「実は私は悪魔」「実は私は未来人」といったような人外の面々が周囲に増え、中には朝陽に好意を覚える女性も少なからず現れるようになるのであった…。 神のみぞ知るセカイ 舞島学園高校に通う桂木桂馬は恋愛シミュレーションゲーム、いわゆる「ギャルゲー」が好きな高校生。 その腕前から「落とし神」と呼ばれる彼は、ギャルゲーの登場人物である2Dの女をこよなく愛している。 そんなある日、桂馬の元に「攻略してほしい女がいる」というメールが届く。 「無理なら絶対に返信しないように」という挑発的な文面に憤慨し何も考えずに返事をした途端、彼の目の前に空から1人の少女が舞い降りる。 少女の名はエルシィ。 地獄からはるばるやってきた悪魔だという彼女は、桂馬に「駆け魂」の捕獲を依頼する。 その方法は、取り憑かれた人間を恋に落とし心のスキマを埋めること。 現実の女性とは関わり合いを持ちたくない桂馬は当然断るが、先のメールに返事をしたことで悪魔との契約が成立していること、契約は解除はできず、自分とエルシィの命がかかっていることを知ると渋々承諾する。 こうして、ギャルゲー界の「落とし神」桂木桂馬の3D女性攻略が始まった。 引用元: 「神のみぞ知るセカイ」は全26巻なのですが、ラブコメ漫画としてはとにかく高評価を得ている作品です。 徒然チルドレン あの時彼がもう少しセンスが良かったらプロポーズを受けていたのに、バンドマンの彼がもう少し芽が出る可能性があったら。 こうしていたら……、ああすれば……、高い理想を掲げて根拠もなく仮定の話を積み上げる内に、気が付けば33歳・独身になっていた。 脚本家の鎌田倫子は、恋も仕事も上手くいかず、高校時代からの親友である香、小雪と焦りながらも「女子会」を繰り返す日々を送っていた。 そんな話ばかりしていると、突然、金髪の美青年に「このタラレバ女!」と言い放たれてしまう。 タラレバばかり言ってる女子会のことを「行き遅れ女の井戸端会議」だと揶揄され、世間のアラサー未婚女に衝撃を与えただけでなく、若い女子に将来こうなりたくはないと実感させた。 いつのまにか金髪の美青年はいつもの飲み屋「呑んべえ」の常連となり、倫子たちと何かしら関わってくる。 謎の彼女X 当初、普通の高校生の椿明と、クラスに転校してきた「謎」の少女卜部美琴は互いに関心がなかったが、美琴が放課後の教室でうたた寝したときに机に残された唾液を明が舐めたことをきっかけに、二人の交流が始まる。 間もなく明は美琴に告白し、「独創的」なアプローチを受け入れた美琴は明の彼女となる。 美琴は、明が初めての性体験の相手になるとか、ゆくゆくは明の「謎」の妻になりたいというような言動をする一方で、普通に手をつなぐことや肩を抱かれることを拒否するなど独自の価値観を持っており、明を戸惑わせる。 しかし禁断症状を予防するために美琴の唾液を毎日のように舐めるうちに、明は次第に美琴の考え方を受け入れるようになってゆく。 また、明の親友である上野公平と付き合っている丘歩子に美琴が心を開くようになってからは、美琴も歩子の唾液を通じて、心を開くようになる。 僕らはみんな河合荘 男子高校生・宇佐和成は親の転勤により、食事付きの下宿「河合荘」で一人暮らしをすることとなった。 そこには宇佐にとって憧れの先輩である女子高生・河合律も住んでおり、宇佐は「彼女と共に、穏やかで充実した高校生活を送りたい」と願う。 だが彼女は無愛想で、いつも本に夢中で心を開こうとしない。 なんとか彼女に近づきたい宇佐であったが、河合荘の住人は律以外も強烈な人ばかり。 宇佐はルームメイトで人畜無害なマゾヒスト・城崎、美人だが男運のない面倒くさいOL・錦野麻弓、一見華やかだが実は腹黒という女子大生・渡辺彩花といった住人に振り回されるのであった… 引用元: 「僕らはみんな河合荘」は、ラブコメ漫画ランキングに必ずと言っていいほどランクインするラブコメ作品。 涼風 感情表現が不器用で一見クールな17歳の女子高生・橘あきら。 彼女はアルバイト先のファミレス店長・45歳の近藤正己に密かに想いを寄せている。 そんなある日、アルバイト中に起こったとある出来事をきっかけに、あきらの秘めたる恋心は大きく動き出してゆく。 引用元: 最後にご紹介する「恋は雨上がりのように」は、恋愛要素が強めなラブコメ漫画となります。 「遥か年上の男性に想いを寄せる女子高生の恋模様を叙情的に描いた恋愛漫画」とも言われていますので、年上好きの女性の方にはオススメの漫画かもしれません。 漫画には色々なジャンルがありますが、1人でゆっくりと読みたいときにはラブコメ漫画がベストだと思っていますので、今回ご紹介したラブコメ漫画を是非参考にしてみて下さい! まとめ 今回はラブコメ漫画をご紹介させていただきましたが、新しい作品が出るたびに入れ替えたいと思っています。 なので、ラブコメ漫画を探すときにはいつも読みに来てもらえたら幸いです! それでは長々と失礼しました!.

次の

【緊急速報】現役ラブコメ漫画売り上げランキング、ガチで発表されるwwwwww

ラブコメ 漫画

26位 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 渡 航,ぽんかん 数々の過去のトラウマ、苦い思い出から自らぼっちであることを選び、 孤独に過ごす高校生・比企谷八幡を主人公としたラブコメ小説が原作です。 とある事情で生徒の悩みを解決する手伝いを目的とする「奉仕部」に入部させられた八幡。 しかもそこにいたのは学園一の才女と噂される雪ノ下雪乃という生徒でした。 正直よくあるハーレムラノベだと思っていてすみませんでした。 なんというか、登場人物がほぼ全員何かしらの痛みや孤独を抱えていて、 ラブコメとはいえハッとさせられる瞬間がけっこうあります。 ヒロインたちの可愛さとかより先に、 「頼むから早く幸せになってくれ…!」 とハラハラしてくる、そんなラブコメでありながらどこか異彩を放つ作品です。 25位 ふだつきのキョーコちゃん 山本崇一朗 学園内でシスコンヤンキー扱いされている札付ケンジ。 そしてその妹で兄のシスコンっぷりにうんざりのキョーコ。 妹の下駄箱を勝手にあさってラブレターを見つけ 差出人に詰め寄りに行くほどのシスコンぶりで周囲から恐れられているケンジですが、 彼がそこまで妹に執着するのにはある理由が…。 そんな彼が気になるのは自分にも臆せず話しかけてくれる委員長の日々野さん。 基本はこの3人を中心にお話が展開していきます。 普段はツンの妹キョーコ デレる場面もちゃんとあるよ! 、 ほんわかした雰囲気で 眼鏡が素敵な委員長キャラ日々野さん。 ラブコメは!キャラが多けりゃいいってもんじゃない! 分かりやすいシーンだけが魅力なんじゃない! それを教えてくれるようななんというか 「静かで目立たない描写」でときめかせてくれる作品でもあります。 もちろん設定の時点でぶっとんだ部分はあるのですが、 あくまでそれはアクセントとして、 メインは3人のやりとり、描写が狂おしいほどに魅力的な素晴らしい作品です。 24位 つうがくろ かがみふみを 『赤面』をかつてこれほど魅力的に描いた恋愛漫画があったでしょうか。 甘酸っぱすぎて微笑ましくてたまらなくて悶えること間違いなしのほのぼの純愛作品。 田舎の中学校に転校してきた汐田くん。 クラスメイトたちは都会からの転校生にこぞって話しかけますが、 席を立っていなくなってしまいます。 は 立ち止まっている汐田くんに出くわしますが、気まずい感じに。 あたふたとする佐東さんにとうとう汐田くんが話しはじめます。 自分は口下手で本当は話したかったと。 その時のはにかんだ汐田くんに佐東さんはすっかりやられてしまいます。 そうして2人は通学路を舞台に恥ずかしがりながら、 何度も顔を真っ赤に染めながら、 仲良くなっていきます。 もうやばいです。 甘酸っぱすぎる!!!微笑ましすぎる!!! 可愛らしい絵柄で可愛いことしか起きねえ!!! 佐東さんと汐田くんと一緒に照れながら読んでみて欲しい作品です。 23位 りぶねす 堂本裕貴 「妹が可愛くないなんて兄の怠慢に他ならない!」 そう信じ理想の兄として振る舞ってきた兄のテツ、 そして素直で優しいいい子に育った妹のカスミ。 一話にして完結したようなシチュエーションが秀逸なラブコメです。 まあシスコンですが、ここまで突き抜けているタイプの兄キャラはそういません。 なんだかんだで妹は義理の妹だった、血が繋がっていなかったとかで ウダウダ悩むシーンとかそういうのはもうウンザリなんです。 とにかく清々しいほどに妹を愛し、見守り、育ててきた兄が主人公なので 一本筋が通ったキャラとして素直に受け取れると思います。 加えて兄の愛情がきちんと妹に伝わっているという描写が素晴らしいと思います。 「お互いのことをきちんと考えた優しさ」が 世間に溢れる数多くの兄妹ものの中でこの作品を際立たせています。 22位 制服あばんちゅーる 伊丹澄一,さぬいゆう ヒロインの風紀委員長・絲生(いとう)さんがとにかくかわいい。 「ツンデレ」と銘打たれていますが、 そんな単純には言い表せないくらいいいキャラをしています。 絲生さんは 「照れ屋カワイイ」 「素直になれないカワイイ」 「本音ダダ漏れカワイイ」 「勝手にハイテンションになってカワイイ」 「恋愛に超憧れている年相応の女の子カワイイ」 などなど、とにかくカワイイのです。 漫画やアニメの「委員長」となると普段は刺々しく、 ちょっとしたことですぐデレてしまいます。 その経緯が急すぎて違和感だったりが出てしまうことが ラブコメ作品や恋愛漫画ではけっこうありますが、絲生さんなら大丈夫。 最初から恋愛に憧れている年相応の願望を持ったごく普通の女の子 が委員長をやっているからです。 ヒロインを応援してあげたくなるようなタイプの恋愛コメディーだと言えるでしょう。 6位 俺物語!! 一言で言えば、 主人公は心優しいゴリラのような男です。 この主人公・剛田猛男はとにかく心がイケメンすぎてすごく応援したくなる男の中の男。 親友のイケメン モテる も認める優しさと強さを併せ持ったいいヤツで、 そんな彼と、彼のその男らしさと優しさに触れたヒロインが 少しずつ距離を縮めていく様が描かれます。 相手のことを常に考えてしまう、相手から目が離せない、もっと相手を知りたい…。 そして晴れて想い人と一緒になれた、それでも時にすれ違い、誤解が生まれて。 この作品の中では 「恋をするとツノが生え」ます。 誰かに恋をしているとその人間には角が生え、その恋愛が冷めると自然と角は取れます。 非常に斬新な発想ですが、恋愛漫画におけるギミックとして非常にうまく働いていると 思います。 言葉でどんなに相手を突き放そうとしても、角が生えたままであれば その言葉を乗り越えて、好きだという想いは相手に伝わります。 その逆もまたあり得ます。 まさに1話が恋をしても角の生えてこない女の子がメインの話で、 それゆえに恋人の男の子にははっきりと 角が生えて 気持ちが分からないわけです。 「恋をする本心」にスポットを当てた作品とも言えるかもしれません。 1位 ケンガイ 大瑛ユキ 舞台となるのはとあるDVDレンタル店。 主人公とヒロインの女性は共にこの店でアルバイトをしているのですが、 ヒロインは超が付く映画マニアで同じ趣味の女友達と共に「圏外」と呼ばれ 周りからは「恋愛対象外、興味なしの変わり者」と扱われています。 そんなヒロインですが、主人公は彼女がふと見せた一面に一目惚れ。 早速あの手この手でアプローチをかける主人公ですが、 ヒロインは相変わらずのマイペースっぷりで…。 なんというか、「恋愛ってそんな簡単なもんじゃないよね」と思い出させる漫画です。 ハッとさせられる描写や周りの目、好きだという感情を向けられた人間の戸惑い、 決して恋愛は綺麗な面だけじゃない、ドロドロで面倒くさくて、 それでも相手のことを考えてしまう、思いを伝えたくなる。 恋愛というものの美しさと共に負の側面も存分に味わえる読み応えたっぷりの作品です。

次の

ラブコメ漫画のおすすめ10選・俺の妄想を掻き立てる最高傑作

ラブコメ 漫画

友達の姉が企画した合コンに人数合わせで駆り出され、年齢と身分を偽って参加した、高校1年生の歌子。 そこで出会った功太といい雰囲気になるが、歌子が高校生だと分かると、途端に態度を急変させ去っていった。 後日、歌子は警察官の制服姿の功太と再会するが、功太は歌子を冷たくあしらう。 親友に傷心を慰めてもらい、帰りが遅くなった歌子は、変質者に襲われかけ、仕事中の功太に助けられる。 完全に功太に恋に落ちてしまった歌子は、積極的にアタックし、やがてその思いが通じるが、仕事柄、未成年との交際に問題が生じるため、2人は結婚することになる。 友達に怪しまれ始めて嘘も限界になってきたとき、街で見かけたイケメンを盗撮して自分の彼氏として写真を見せることでその場をしのごうとする。 だが、なんとその彼は同じ学校に通う佐田恭也だった。 事情を打ち明け彼氏のフリをしてもらうことを承諾してもらったが、恭也は優しげな見た目とは正反対の腹黒ドS男子だった。 エリカは恭也から犬扱いを受けるなどのトラブルに見舞われるが、二人は次第に本当の恋人として交流するようになる。 からかい上手の高木さん 主人公・水谷雫は、幼少期からトップの成績を取ることしか興味が無く、生き物に対しての慈しみも乏しい。 小学生時、クラスで飼っていたウサギが死に、皆が悲しむ中でも宿題を優先する発言をし、周囲から「ドライアイス」とあだ名をつけられるような勉強の虫だった。 高校へ入学して間もなく、担任から隣席との理由で依頼されてプリントを届けたことがきっかけで、入学式当日に流血事件を起こし、停学処分解除後も不登校を続ける問題生徒・吉田春(通称「ハル」)と知り合う。 本当の友達がいないハルの思い込みや勘違いも手伝い、非常に気に入られ、迷惑しながらも雫はハルの世話を焼くようになる。 やがてハルは登校を始めて2人の感情に友情が芽生え、次第に恋愛に近いものに変化していく。 実は頭脳明晰だが、暴力的で奇行が目立つために友人を求めながらも孤立してきたハルと、成績こそ全てと優秀な自分を維持するために他人との関わりを排除してきた雫、不器用な2人が出会ったことにより、取り巻く人間関係もそれまでとは大きく変わっていく。 短い時間だったが、2人の間には幼いながらも愛情が芽生えていた。 錠が開かないまま時が過ぎて10年後、高校生になった楽は転校生の少女・桐崎千棘と出会う。 最悪な出会いの後、親のいいつけで「千棘と3年間、偽の恋人同士になってもらう」ことになり、驚愕する楽。 こうして2人の「ニセコイ」生活が始まるのであった…。 マイルノビッチ 「時計坂」という町にある「一刻館」という名の古いアパートの住人・五代裕作と、管理人としてやって来た若い未亡人・音無響子を中心としたラブストーリー。 人よりも苦労を背負い込んでしまう世渡り下手な青年・五代裕作と、生来の鈍感さと亡き夫へ操を立てるがゆえの真面目さを合わせ持つ美貌の管理人・音無響子の織り成す恋愛模様について、周囲を取り巻く常識はずれの面々が住むおんぼろアパート「一刻館」を舞台に、高橋独自のリズミカルでコミカルな展開で小気味良く描かれる。 1980年代の恋愛漫画の金字塔として名高い作品である。 引用元: めぞん一刻は、間違いなくラブコメ漫画の先駆けです。 自分も10年以上前に全て読んでいるのですが、これほどまでに完璧なラブコメ漫画はないと思いますね。 やはり俺の青春ラブコメは間違っている-妄言録 モノローグ - 友達が1人もおらず作ろうとも思わないひねくれた高校生が、それを見かねた教師によって「奉仕部」という部活に入れられてからの高校生活を描いたラブコメディ作品。 『あやかしがたり』に次ぐ渡航の第2作であり、初のラブコメディ作品。 平坂読の『僕は友達が少ない』を筆頭とするいわゆる「残念系ラブコメ」を目指し書かれており、第1巻の帯には平坂からの推薦文が掲載されている。 引用元: 「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている」は、比較的新しいラブコメ漫画になるのですがストーリー的にとても面白いので是非1度読んでもらいたいオススメのラブコメ漫画です。 りぶねす 「嘘」は許されない。 「恋」はもっと許されない。 すこし未来。 日本では16歳になると、政府から結婚相手が指名される世の中になっていた。 根島由佳吏15歳は、日本の片隅に住む、うだつの上がらない少年。 成績もスポーツも中の下。 だがしかし、その胸に燃えるような恋心を秘めていた! 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 常人離れした身体能力と行動力、仁義と正義感にあふれ、純情で不器用な高校一年生・剛田猛男。 同性からは慕われる男の中の男だが、異性には全く好かれない、いかつい顔とごつい巨体の持ち主だった。 彼がこれまでに好きになった女子たちは、クールで秀才でイケメンの親友・砂川誠を好きになっていた。 ある日猛男は、電車で痴漢に遭っていた女子高生・大和凜子を助け、猛男は大和に一目惚れする。 後日、お礼に訪れた凜子の様子から「彼女もまた誠を好きになったのだ」と察し、誠と大和の恋を成就させようと体を張って奮闘する。 しかし、凜子が想いを寄せる相手は砂川ではなく、猛男だったのだ。 誠の協力もあり、思いを確かめた猛男と大和は、恋人として付き合うことになる。 君のいる町 上流階級家庭の子供ばかりが集まる桜蘭高校特待生1年の藤岡ハルヒは、勉強ができる静かな場所を求めて第三音楽室に辿り着く。 しかしそこは「暇をもて余す美少年が、同じく暇をもて余す女生徒をもてなし潤す」ホスト部 クラブ なる集団が営業していた。 不注意から、校内オークションに出展予定だった「ルネ」の花瓶を割ってしまったハルヒは、弁償金800万円の返済のため「ホスト部の犬(雑用係)」となるが、眼鏡を外した素顔が美形だったことから接客係に格上げとなる。 そして借金帳消しの条件として、100人(後に1000人追加)の指名客を集めるノルマを課せられ、ホスト部員としての第一歩を踏み出す。 しかし大きな問題が…ハルヒは「女の子」だったのである。 かくしてホスト部隠れ紅一点のハルヒと、それを知った部員達との関係と思惑は、様々な出来事を経て次第に変化していくのだった。 山田くんと7人の魔女 朱雀高校に通う高校生・山田竜は、学校きっての問題児で不良少年。 学校でも周囲から浮いた存在であり、友達も出来ずにいた。 ある日、階段から落ちたはずみで優等生・白石うららとキスしてしまったところ、2人の身体が入れ替るという不思議な現象に見舞われる。 いくつかの実験と検証により、うららは『キスした相手と身体を入れ替わる能力』、山田は『キスすることで、魔女の力をコピーする力』を持っていることが判明する。 生徒会副会長の宮村虎之介に、あっさりと入れ替わりを見破られた2人は、超常現象研究部に入部することになるのであったが…。 引用元: 自分的にはイラストのタッチが好みだったので印象的なラブコメ漫画になっています。 ある日、朝陽は偶然にも「実は私は吸血鬼」である葉子の秘密を知ってしまい、その秘密を守り抜くためになし崩しに「お友達」になる。 しかし、次第に「実は私は宇宙人」「実は私は狼男」「実は私は悪魔」「実は私は未来人」といったような人外の面々が周囲に増え、中には朝陽に好意を覚える女性も少なからず現れるようになるのであった…。 神のみぞ知るセカイ 舞島学園高校に通う桂木桂馬は恋愛シミュレーションゲーム、いわゆる「ギャルゲー」が好きな高校生。 その腕前から「落とし神」と呼ばれる彼は、ギャルゲーの登場人物である2Dの女をこよなく愛している。 そんなある日、桂馬の元に「攻略してほしい女がいる」というメールが届く。 「無理なら絶対に返信しないように」という挑発的な文面に憤慨し何も考えずに返事をした途端、彼の目の前に空から1人の少女が舞い降りる。 少女の名はエルシィ。 地獄からはるばるやってきた悪魔だという彼女は、桂馬に「駆け魂」の捕獲を依頼する。 その方法は、取り憑かれた人間を恋に落とし心のスキマを埋めること。 現実の女性とは関わり合いを持ちたくない桂馬は当然断るが、先のメールに返事をしたことで悪魔との契約が成立していること、契約は解除はできず、自分とエルシィの命がかかっていることを知ると渋々承諾する。 こうして、ギャルゲー界の「落とし神」桂木桂馬の3D女性攻略が始まった。 引用元: 「神のみぞ知るセカイ」は全26巻なのですが、ラブコメ漫画としてはとにかく高評価を得ている作品です。 徒然チルドレン あの時彼がもう少しセンスが良かったらプロポーズを受けていたのに、バンドマンの彼がもう少し芽が出る可能性があったら。 こうしていたら……、ああすれば……、高い理想を掲げて根拠もなく仮定の話を積み上げる内に、気が付けば33歳・独身になっていた。 脚本家の鎌田倫子は、恋も仕事も上手くいかず、高校時代からの親友である香、小雪と焦りながらも「女子会」を繰り返す日々を送っていた。 そんな話ばかりしていると、突然、金髪の美青年に「このタラレバ女!」と言い放たれてしまう。 タラレバばかり言ってる女子会のことを「行き遅れ女の井戸端会議」だと揶揄され、世間のアラサー未婚女に衝撃を与えただけでなく、若い女子に将来こうなりたくはないと実感させた。 いつのまにか金髪の美青年はいつもの飲み屋「呑んべえ」の常連となり、倫子たちと何かしら関わってくる。 謎の彼女X 当初、普通の高校生の椿明と、クラスに転校してきた「謎」の少女卜部美琴は互いに関心がなかったが、美琴が放課後の教室でうたた寝したときに机に残された唾液を明が舐めたことをきっかけに、二人の交流が始まる。 間もなく明は美琴に告白し、「独創的」なアプローチを受け入れた美琴は明の彼女となる。 美琴は、明が初めての性体験の相手になるとか、ゆくゆくは明の「謎」の妻になりたいというような言動をする一方で、普通に手をつなぐことや肩を抱かれることを拒否するなど独自の価値観を持っており、明を戸惑わせる。 しかし禁断症状を予防するために美琴の唾液を毎日のように舐めるうちに、明は次第に美琴の考え方を受け入れるようになってゆく。 また、明の親友である上野公平と付き合っている丘歩子に美琴が心を開くようになってからは、美琴も歩子の唾液を通じて、心を開くようになる。 僕らはみんな河合荘 男子高校生・宇佐和成は親の転勤により、食事付きの下宿「河合荘」で一人暮らしをすることとなった。 そこには宇佐にとって憧れの先輩である女子高生・河合律も住んでおり、宇佐は「彼女と共に、穏やかで充実した高校生活を送りたい」と願う。 だが彼女は無愛想で、いつも本に夢中で心を開こうとしない。 なんとか彼女に近づきたい宇佐であったが、河合荘の住人は律以外も強烈な人ばかり。 宇佐はルームメイトで人畜無害なマゾヒスト・城崎、美人だが男運のない面倒くさいOL・錦野麻弓、一見華やかだが実は腹黒という女子大生・渡辺彩花といった住人に振り回されるのであった… 引用元: 「僕らはみんな河合荘」は、ラブコメ漫画ランキングに必ずと言っていいほどランクインするラブコメ作品。 涼風 感情表現が不器用で一見クールな17歳の女子高生・橘あきら。 彼女はアルバイト先のファミレス店長・45歳の近藤正己に密かに想いを寄せている。 そんなある日、アルバイト中に起こったとある出来事をきっかけに、あきらの秘めたる恋心は大きく動き出してゆく。 引用元: 最後にご紹介する「恋は雨上がりのように」は、恋愛要素が強めなラブコメ漫画となります。 「遥か年上の男性に想いを寄せる女子高生の恋模様を叙情的に描いた恋愛漫画」とも言われていますので、年上好きの女性の方にはオススメの漫画かもしれません。 漫画には色々なジャンルがありますが、1人でゆっくりと読みたいときにはラブコメ漫画がベストだと思っていますので、今回ご紹介したラブコメ漫画を是非参考にしてみて下さい! まとめ 今回はラブコメ漫画をご紹介させていただきましたが、新しい作品が出るたびに入れ替えたいと思っています。 なので、ラブコメ漫画を探すときにはいつも読みに来てもらえたら幸いです! それでは長々と失礼しました!.

次の