車内 ホコリ 取り。 車内のカビ取りにおすすめの掃除方法!発生させない予防対策!

車の匂いの取り方のポイントは消臭剤の前の下処理

車内 ホコリ 取り

車の中って、意外とほこりが溜まっている って こと、ご存知ですか? 泥や砂はもちろん、花粉やPM2. 5など、目に見えないほこりが、入ってきています。 お部屋のお掃除は定期的に行っても、車内の掃除って、いつ行ったか覚えてないほどではないでしょうか? 帰省をする春休みや夏休みなど、使用する頻度や時間が長いほど、汚れているのです。 もちろん、そうでない人も、綺麗にしておくだけで気分も上がりますよ。 自分が出来そうなお掃除から、はじめてみてはいかがですか? 目次• 車内掃除の頻度って? 以前まで、車のお掃除って言えるほどのお掃除って、正直全くしていませんでした 笑 自分が、毎日車に乗るようになり、車中の臭いや足元のゴミが気になり始め、少しずつお掃除を心掛けるようになりました。 特に、長距離運転した後、後部座席の子どものお菓子の食べかすがひどいものでした!? 掃除する事で、たくさんのほこりが隙間にあることに気付いたのです。 それを機に、まずは、ガソリンを入れに行くときに、ちょこっとお掃除から始めてみました。 うちの車は、月2回ガソリンを入れに行くため、それを定期的なお掃除日と決めました。 あとは、ちょっとずつちょっとずつです。 とにかく、長く続けるためにも、出来る範囲でするようにしています。 定期的な簡単なお掃除項目• 車内のゴミを捨てる• 簡単にほこりを取る(目につく場所) 時間がある時のお掃除項目• スタンドに置いてある貸しタオルで、ダッシュボードや窓ガラスを 簡単に拭く• 「簡単に」が合言葉です。 これが、お掃除頻度が長続きできる一番の秘訣だと思います。 掃除機じゃダメ? 出典: 一般的には、普通の掃除機の使用でもいいと思います。 しかしながら、少なからずデメリットもあることを頭に置いておきましょう。 自分の許容範囲を把握した上で、使用してみることをおすすめします。 家からコードを引く場合、延長コードが必要となる• 掃除機自体が大きいため、作業効率が悪い• コンパクトで、作業効率がよい• 出費がかさむ 車用ほこり取りの種類って? 車用ほこり取りの種類って、本当にたくさんあります。 ちょっとした隙間時間にできるアイテムや自分の性格にあったアイテムを味方にして、お掃除を楽しみましょう。 ちょっとした隙間時間に使える• 取っ手付きを選ぶと、手が汚れない• モップタイプよりは、ほこりが立ちにくい• ピカっときれいにできる• 直に持つため、手が汚れる• ほこりがつく原因は静電気! 車内を清潔にしていても、いつの間にかほこりがくっついている…。 その原因は静電気です。 静電気といえば、下敷きで髪の毛をこすったり、車ならドアを開けようとした時にバチッとくる印象がありますね。 いずれも物同士の接触で発生しているのですが、車内も座席に座ったりハンドルを握ったり、さらには洗車したりと摩擦が置きやすい環境。 それゆえ、静電気が発生しやすくなっています。 静電気の発生している車内では、座席などにに生じている電気がプラスに偏りがち。 一方ほこりはマイナスの電気を帯びているため、プラスとマイナスの電極が惹かれあう形でくっついてしまうんです。 ゆえにどんなに掃除を徹底しても、ほこりがつきやすくなってしまうというわけ。 静電気対策が重要な鍵! つまりほこりを予防するなら、静電気対策が必要です。 対策グッズは様々な種類がありますが、人用・車用など用途が違うのでうまく使い分ける必要があります。 車内の静電気を逃がすなら地面とをつなぐグッズで対処 静電気対策グッズは色々ありますが、特に車と地面とをつなぐアースの役割を果たす商品がおすすめ。 車はタイヤのみが地面に接しており、車体は空中にあるため、たまった静電気を逃がすことが難しいのもほこりをためやすい原因。 ゆえに外から車と地面とをつないで静電気を逃がしてあげましょう。 ユキトレーディング アースベルト リヤバンパーから地面へ放電 ユキトレーディングのアースベルトがその1つ。 リアバンパー部分に取り付けることで地面へと静電気を逃がしてくれます。 ただ設置時に車にネジ穴を空ける必要があること、きちんとつけないと効果を感じにくいケースもあるので、心配な方は整備工場などに相談してみましょう。 水で地面に静電気を流しやすく また洗車時のケアでおすすめなのが、地面に水をまくこと。 水を伝って静電気が地面へと流れやすくなるので、洗車中の摩擦で静電気が発生しても、車内に留まりにくくなります。 利用者が静電気を貯めていないかチェック! 車内に静電気がたまるのは、もしかしたら利用しているあなたが原因の可能性も。 静電気を帯びた人が利用することで、車に静電気が発生することもあるんです。 車だけでなく人の静電気対策も行うことで、車にほこりをためるリスクをより下げることができます。 ほこり取りシートで傷がつくってホント? 自分の愛車に傷がつくなんて、とても気になる点ですよね!? しかし、どんなにやわらかなシートで丁寧に拭いても、少なからず傷はついてしまうのです。 その傷を最小限にとどめるためには、 汚れている上からの、拭き掃除は控えた方が賢明です。 そのため、ほこりを叩いたり、掃除機で吸ってから、拭くように心掛けています。 お掃除で、きれいになっても、掃除で傷つくなんて、嫌ですもんね。 自分自身の許容範囲と相談しながら、掃除方法や掃除アイテムを探しましょう。 車用ほこり取りを選ぶときのポイントって? 自分の性格に合っているかどうかの見極めが大切です。 メリットをつくって、やる気を奮い立たせることも大切です。 長く続けるためには、自分の性格にあっていることが、一番の近道となるでしょう。 繰り返し使用できるものを選びましょう• 使い捨てのアイテムを使うことを、おすすめします• 簡単な作業の方が、掃除を継続することが可能となるのです。 ダイソンだけに、お値段が高いことはご存知の通りです。 しかしながら、ダイソンの 吸引力の凄さはこのお値段を持っても、おすすめなのです。 こちらは、コードレスということで、車内掃除も簡単に可能となりました。 車内掃除を考えて、設計されているため、コードレスでノズルの付け替えだけで、今まで吸引が届きにくかった場所のゴミも取り除くことが出来るのです! 何度も言いますが、 強い吸引力で、小石や泥までも吸引できる点が魅力です。 強い吸引力をお望みの方は、ぜひとも、まずはこちらをお試ししていただきたいのです。 吸引力に妥協を許さない人なら、なおさら、安いものを何個も購入するより、はじめからこちらを1個購入する方が、はるかに安い買い物となるはずです。 手に届く場所に置いておき、気付いた時にお掃除でき、隙間時間を無駄にしません。 掴んだゴミは、掃除機で吸い取ることで簡単に除去できるため、メンテナンスも簡単で、何度も繰り返し使用できる点が経済的です。 私は、おうち用として使用していて、とても気に入ったので、車用に、もう1つ買い足しました。 から拭きでも使用可能ですが、濡らしても使えます。 クリーナーは水洗いできるものから、水洗い不可のものまでありますが、日ごろのお手入れは、使用後のゴミをすて、細かいほこりなどをざっくりと拭いて取り除けばよいのですが、定期的にフィルターのお手入れが必要となります。 マイクロファイバークロスは細かいほこりもからめとることができ、クリーナーも傷つけません。 レックのマイクロファイバークロスは、カラフルで10枚もの大容量なので、色ごとに使い分けることも出来ます。 RINREI 車内艶出し PoliXコート これまた、アマゾン ベストセラー第1位 ほこり取りと言えば、車の中のほこりだけではありません。 これは、エアコンの内部がきれいにお掃除できていないため、カビなどが発生した時の臭いなのです。 クリーンエアフィルター交換と同時施工が可能です。 拭き掃除の様に、簡単にはできませんが、一度、試す価値はあると思います。 プロに依頼すると高額になるため、このようなアイテムを使う事で綺麗になれば、家計にも優しいお掃除方法ですよね。 雨の日の運転中に、フロントガラスの視界の悪さに気付いたんです!? 急な雨で、避ける場所もなく、前に進むしかありませんでした。 外側は、激しい雨がフロントガラスを打ち付け、内側は子どもの手あかや油、以前の拭きムラが膜のようになり、外が見づらく、事故を起こさないよう、細心の注意を払いながら運転しました。 あの経験をしてからというもの、定期的にフロントガラスのお掃除をするようになりました。 急に雨が降り出してもおかしくない梅雨時期の前には、必ず行うことにしています。 窓の内側が曇った時や子どもの手あか汚れが気になった時、気軽に使え、汚れをためずOFFでき、掃除のハードルも、低くなるはずです。 新車のように戻った愛車でドライブを 出典: いかがでしたか?自分に合うお掃除アイテムを見つけることができましたか?気軽に、隙間時間で自分に出来るお掃除から、始めてみてはいかがでしょう。 これから、暑くなってきて、海に山に、車を利用する機会が増えてくる時期でもあります。 せっかくなので、きれいな車内で、快適に過ごしたいですよね。 自分の愛車を大切にきれいに保つことで、楽しく運転できるはずです。

次の

車のホコリ取りおすすめ10選【シートやモップなど】車内を傷つけにくい商品も

車内 ホコリ 取り

あなたの愛車はこんな静電気の汚れに悩まされていませんか? 静電気のせいで愛車が汚れて困っている方がたくさんいらっしゃいます。 具体的には、以下にご紹介するホコリによる汚れでイライラしていると思います。 どれかに心当たりのある方は、この後ご紹介する静電気防止策を試してみましょう。 1-1. 洗車やワックスをかけてもすぐにホコリが目立つ 静電気による汚れを気にされる方は、普段から愛車を綺麗にしていると思います。 そんな方を悩ませているのが、洗車やワックスがけをしたにも関わらず、すぐに愛車を汚すホコリです。 拭き取っている最中からホコリが集まってしまうこともあれば、ホコリが付きやすくなり、汚れが目立つようになることもあるでしょう。 これでは洗車やワックスがけをした意味がありませんし、ピカピカにしたはずの愛車が汚くなりイライラしてしまいますよね。 1-2. コーティングしたはずなのにホコリ汚れがひどい 最近は、車にボディーコーティングをされる方が増えました。 艶や光沢が出るので愛車が輝いて高級感もでますし、主流となっているガラスコーティングなら汚れが落ちやすくなり、洗車などのメンテナンスが楽になるからです。 愛車をいつまでも綺麗に保つために、費用をかけてでもコーティングをされたんだと思います。 しかし、そのコーティングのせいで愛車のホコリ汚れが目立つようになり、イライラさせられていないでしょうか。 これでは高い費用を払ってコーティングをした意味がありませんよね。 綺麗になるどころか逆効果です。 1-3. 車を買い替えてからホコリ汚れが増えた 車を買い換えた時にもイライラさせられることがあります。 新車のはずなのに、すぐにホコリで汚れてしまうからです。 買い換える前の古い車の方が綺麗だったということもあるでしょう。 特に、ボディーカラーが黒や濃色、ブルー系やメタリック系だとホコリ汚れが目立ちます。 また、2台目以降の車の場合でも同じです。 自宅の車を並べてみると、新車で購入したはずの車の方が汚れていることを不思議に感じている方もいるでしょう。 車は安い買い物ではありませんし、新車なのに汚がひどければイライラするのも当然ですよね。 どれにしようか悩んだ末に選び抜いた車だったり、高級車やずっと憧れていた車だったら尚更です。 1-4. ダッシュボードにホコリが溜まりイライラする 車のボディーについたホコリだけではなく、車の内装、特にダッシュボード周りにホコリが溜まってイライラさせられることもよくあります。 運転中でも視界に入るので常に気になりますし、何度拭き取ってもすぐにホコリが溜まっていたり、ダッシュボードの奥まで手が届かなくて拭き残してしまうこともあると思います。 気持ちよく運転するためにも、車内のホコリ汚れもなんとかしたいと考えていらっしゃるでしょう。 車が汚れる静電気の正体とは 静電気といえば、小学生の頃に下敷きを擦って髪の毛を引っ付けて遊んでいたことを思い出す方も多いと思います。 このように、静電気には物を引きつける性質があります。 今回の場合で言えば、静電気がホコリを引きつけてしまうのです。 つまり、この静電気の発生を防止することができれば、ホコリで汚れる心配もありません。 当たり前だと思われるかもしれませんが、なぜ静電気が発生してしまうのか知らないという方も多いのではないでしょうか。 そこで、効果的に愛車のホコリ汚れを防ぐためにも、その正体について確認しておきましょう。 2-1. 静電気の正体は摩擦帯電! 静電気の正体は、物と物が擦れ合った時に生じる電気のことです。 これは、電気のバランス変化が原因です。 地球上のすべての物質は電気を帯びていて、詳しくみるとプラス電気とマイナス電気がバランスよく並んでいます。 しかし、摩擦が起こるとこのバランスが変化して、プラス電気ばかりになってしまうのです。 この状態を帯電と言い、マイナス電気と引っ付こうとする働きが生じます。 磁石のN極とS極がひっつき合うのと同じで、ホコリを吸い寄せてしまうのです。 これが静電気の正体です。 また、乾燥していると帯電した電気を放出しづらくなります。 そのため、乾燥した冬場に静電気で痛い思いをすることが多いのです。 2-2. 静電気は車が発生源とは限らない 静電気の発生源が車にあると考える方が多いと思いますが他にもあります。 それが、あなた自身です。 実は、人間の体にも電気が流れているので(脳からの電気信号で手足が動いています!)、あなた自身がホコリ汚れの原因となっている可能性もあるのです。 例えば、帯電した状態で洗車をしていれば、自らホコリを集めてしまうことになります。 つまり、車がホコリで汚れないためには、愛車とあなたに静電気が溜まらないようにすることが必要になるのです。 車の静電気汚れ防止策10選 それでは、いよいよ具体的に静電気の発生を防ぎ、愛車を綺麗に保つ方法をご紹介していきます。 ただし、静電気を100%防ぐことはできません。 先にもお伝えしたように、そもそもすべての物質は電気を帯びているからです。 今回は防止策とそれにかかる費用も合わせてご紹介していきますので、こちらも参考にしながら試してみましょう。 ただし、費用が高いから効果も高いということではないので注意してください。 濡らすことにより、静電気が靴を通って地面に放電しやすくなります。 3M「」やソーアップ「」などがあります。 艶出し以外にも汚れの付着を防いだり、洗い流しやすくなる効果もあります。 例えば、ブリス「」「」「」やブリモント「」などがあります。 家電製品についているアースと目的は同じです。 ベルトやチェーンタイプの物があり、車体裏への取り付け作業が必要です。 ホコリがついたボディーをクロスなどで拭き取れば磨き傷の原因になりますので、すぐに洗車ができない場合や、頻繁にホコリが付着する場合には利用するといいでしょう。 そんな場合には、静電気除去キーホルダーやブレスレットを身につけてみるといいでしょう。 カラビナタイプのものもありますので、鍵をまとめるために利用している方は交換してもいいでしょう。 車のシートと衣服の摩擦でも静電気が起こります。 こうした静電気を除去するためには、静電気除去スプレーがおすすめです。 衣服や車のシートにスプレーするだけで静電気の発生を防ぎます。 スーパーや薬局などで手軽に手に入ります。 ただし、ホコリ以外の汚れがついている場合には、先に「」の記事でご紹介している方法でクリーニングしてから、静電気除去スプレーを使用するようにしましょう。 ホコリを拭き取るだけでなく、拭き取る際の摩擦を抑えて静電気を防ぐ効果もあります。 例えば、ソーアップ「」などがあります。 車内に常備しておくことができるので、汚れが気になった時にサッと取り出して使用することもできます。 例えば、ソフト99「」などです。 使い捨てになりますが、帯電防止効果もあるため、手間を省きたい方には便利です。 「車の静電気汚れ」まとめ 車の静電気の正体は次のようなものです。 洗車やワックスがけによる摩擦• 愛車やあなた自身の体に溜まった静電気 これらがホコリを吸い寄せるように集めてしまうため、大切な愛車を汚してしまうのです。 今回は、こうしたイライラの原因となる静電気を除去、防止するための方法を10個ご紹介しました。 取り組めるものから試していただき、ホコリ汚れのない綺麗な愛車を取り戻しましょう。

次の

車のホコリ取りに便利な羽【毛ばたき】の正しい使い方と注意点│サイクリサイクラ

車内 ホコリ 取り

もくじ• 車のシートは結構汚れている 車の中、特にシートは結構汚れています。 体から出る汗、髪の毛、お菓子やジュースを飲んだ時の食べこぼし、ペットの毛、チリ・ホコリ、タバコの灰・ヤニなど、数えたらキリがありません。 もし、 汗や食べこぼしなどをそのまま放置していると、ダニやカビなどのエサや栄養になり、どんどん繁殖します。 また、車を降りる時や離れる場合は、窓を閉め施錠をしますよね。 車は密室状態になり、風通しが悪くなります。 暑い日だと車の中は蒸し風呂状態です。 雨の日や寒い日でも風の通らない密室では、菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。 想像するだけで、とても不快になりますよね。 車のシートをセスキで掃除する方法 車のシートの汚れは、日が経つごとに奥に入り込んでいくので、汚れに気付いたらすぐに拭き取ることが大切です。 車のシートの掃除には、セスキがおすすめです! まずは、セスキ炭酸ソーダでセスキスプレーを作ります。 本革には使用できない! セスキスプレーを本革のシートに使用するとシミになる場合があります。 本革には、専用のスプレーなどをご使用ください。 セスキ炭酸ソーダとは セスキとは、セスキ炭酸ソーダの略で、液性は弱アルカリ性、 特に油汚れに効果を発揮し、手あかやたばこのヤニ汚れも落とします。 セスキと重曹の違い 油汚れのお掃除によく使われるもので「重曹(炭酸水素ナトリウム)」があります。 こちらもセスキと同じ弱アルカリ性です。 セスキ炭酸ソーダ 重曹 pH 9. 8 8. 4 液性 弱アルカリ性 弱アルカリ性 特徴 水に溶けやすい 水に溶けにくい 価格 重曹より少し高め 安価 注意点 手荒れに注意 セスキと重曹の違いは、㏗ ピーエイチ の違いです。 ㏗とは、水溶液中の水素イオン濃度を表す指数のことです。 中性の指数が7で、それより大きければアルカリ性、小さければ酸性です。 上記の表を見ると、セスキも重曹も弱アルカリ性ですが、セスキの㏗の方の数値が大きいので、重曹よりアルカリ性が高くなります。 セスキは水に溶けやすいので、スプレーボトルに水と一緒に入れると簡単にセスキスプレーができます。 重曹は水に溶けにくいので、ペースト状での使用に向いています。 セスキの価格は重曹より少し高めになりますが、最近では100円ショップにも置かれているので、そちらを利用すると安く手に入ります。

次の