高須 クリニック 目頭 切開。 二重整形「目頭切開法」とは?メリット・リスク・術後の腫れ・ダウンタイムは?【医師確認済】|二重awards.dramadesk.org

目尻切開 : 二重まぶた(二重瞼)・目もと(目元) : 美容整形の高須クリニック

高須 クリニック 目頭 切開

高須クリニックのカウンセリングと手術予約の流れ カウンセリング予約はネットから行いました。 医師の指名ができるのですが、私は指名せずにカウンセリング予約をしました。 カウンセリングの担当医師は東京院のH先生。 笑顔で優しそうですが淡々としていて、なんと5分以内に終わりました。 交通費と片道1時間半という長い時間をかけてクリニックまで行ったのに、なんだかあっけなかったです。 こちらで質問を用意しておけばよかったです。 わたしのまぶたならミニ切開で十分とのことだったので、ミニ切開法を受けることを決めました。 また、垂れ目形成も同時にしようかと悩んでいたのですが、カウンセリング日に決断することができなかったので当月中に決め、クリニックに電話すると約束しました。 高須クリニックは予約金が必要です。 施術料金合計額の10%を決められた日までに指定の口座に振り込まなければなりません。 また、キャンセルした場合はキャンセル料がかかります。 当日と前日は50%、2日前から7日前は10%かかります。 こちらがその旨が記載された用紙です。 二重切開法の同意書はこちら。 これを渡されて、私本当に整形するんだ!と、ドキドキしました。 1週間ほど垂れ目形成を検討したのですが、リスクを考えた上でやめることにしました。 連絡してと言われていたので、クリニックに二重切開だけ受けますと電話しました。 その後、指定の口座に予約金27,000円を入金。 その後特に電話もメールもなくなり、不安になりました。 以前某個人院で整形手術を受けたときは振り込み確認メールがきたので😢 そして1週間後に高須クリニックから電話がきました!内容は、グラマラスライン(垂れ目形成)を受けるか決めましたか?というもの。 え!?連絡したじゃん! 院内でうまく伝達ができていなかったんですかね。 前に連絡しましたと言ったら、時間差があるので~と言われました。 意味不明ですが、ぐっと我慢。 高須クリニックは手術日が近づくと確認電話がかかってくるのですが、前日の夕方まで待っても連絡がこなかったので不安になり、自分からメールで確認しました。 心配性です。 予約できていたので、翌日予定通りクリニックに向かいました。 高須クリニックでミニ切開!当日 クリニックに着き、同意書のサインなど各種手続きを終えた後席に戻ると、スタッフが寄ってきて私に言いました。 「同意書は持ってきていますか?」 え!??!なにそれ!持ってないよ。 もしかして今日手術できない!? 私「同意書ってなんですか???」 困った顔をするスタッフさん。 「親御さんのサインをもらわないと手術できないです…」 え、もしや私未成年だと思われてる? 「私、未成年じゃないです…」 スタッフさんはびっくりした顔をして、おいくつですか?と年齢を聞いてきました。 「24歳です…」 スタッフ「そうですか。 少々お待ちくださいね。 」 そうですかって!!さっき手続き資料に生年月日書いたじゃん。 見ればわかるじゃん。 クレジットカードで支払ったじゃん! 童顔がコンプレックスだったので、すごくショックでした。 手術前からテンション下がりまくりです。 帰宅後もずーんとしていました。 謝ってくれなかった…。 そのまま座っていたら、番号を呼ばれ、手術室に案内されました。 肝心の手術はというと、想像していたより痛くありませんでした。 麻酔注射は皮膚をつねる程度の痛みです。 あとは無痛。 痛みはないのですが、手術中は恐怖に支配されていました😢 終わってから鏡を見せてもらったのですが、完全にお岩さん状態!ひえ~~~と言ってしまいました。 先生にお礼を言おうとしたら、もういなくなっていました。 お忙しいんだろうな。 希望の幅の2倍くらいだったのですが、手術2週間目の今は理想に近づいています。 それと、ミニ切開といえども実際は中切開(?)のようです。 5cmほど切られていたので、長めの切開ですね。 傷跡はまだ消えていませんが、あと半年くらいで綺麗になるそうです。 また、手術後にポイントカードをもらうことができました!知らなかったのですが、高須クリニックでは手術料金の5%がポイントとして還元されるようです。 ポイントは手術に使うことはもちろん、タカスドクターズコスメと交換することもできます。 私はポイントを残しておくと他の整形にも手を出してしまいそうなので、抜糸に行ったときに化粧品と交換してもらいました。 美容液とかいろいろ選べるのですが、私はいくらあっても困らないであろう必需品!洗顔フォーム2本とメイク落とし1本をいただきました。 1万円相当です。 高須クリニックでミニ切開法を受けたまとめ 言いたいことをまとめます!• 高須クリニックは予約金が必要!• キャンセル料は10%から50%かかる!• カウンセリングは質問を考えてから行くべき!• スタッフさんの接客は最悪!• ミニ切開法はミニではない。 まあまあ長い傷跡になる!• 手術代金の5%のポイントがついて、手術や化粧品に使える! 以上です! ちなみに管理人は湘南美容外科で二重切開をしました。 経過を更新中なので、参考にしてください!.

次の

目頭切開の名医がいる注目の美容外科口コミまとめサイト

高須 クリニック 目頭 切開

高須クリニックのカウンセリングと手術予約の流れ カウンセリング予約はネットから行いました。 医師の指名ができるのですが、私は指名せずにカウンセリング予約をしました。 カウンセリングの担当医師は東京院のH先生。 笑顔で優しそうですが淡々としていて、なんと5分以内に終わりました。 交通費と片道1時間半という長い時間をかけてクリニックまで行ったのに、なんだかあっけなかったです。 こちらで質問を用意しておけばよかったです。 わたしのまぶたならミニ切開で十分とのことだったので、ミニ切開法を受けることを決めました。 また、垂れ目形成も同時にしようかと悩んでいたのですが、カウンセリング日に決断することができなかったので当月中に決め、クリニックに電話すると約束しました。 高須クリニックは予約金が必要です。 施術料金合計額の10%を決められた日までに指定の口座に振り込まなければなりません。 また、キャンセルした場合はキャンセル料がかかります。 当日と前日は50%、2日前から7日前は10%かかります。 こちらがその旨が記載された用紙です。 二重切開法の同意書はこちら。 これを渡されて、私本当に整形するんだ!と、ドキドキしました。 1週間ほど垂れ目形成を検討したのですが、リスクを考えた上でやめることにしました。 連絡してと言われていたので、クリニックに二重切開だけ受けますと電話しました。 その後、指定の口座に予約金27,000円を入金。 その後特に電話もメールもなくなり、不安になりました。 以前某個人院で整形手術を受けたときは振り込み確認メールがきたので😢 そして1週間後に高須クリニックから電話がきました!内容は、グラマラスライン(垂れ目形成)を受けるか決めましたか?というもの。 え!?連絡したじゃん! 院内でうまく伝達ができていなかったんですかね。 前に連絡しましたと言ったら、時間差があるので~と言われました。 意味不明ですが、ぐっと我慢。 高須クリニックは手術日が近づくと確認電話がかかってくるのですが、前日の夕方まで待っても連絡がこなかったので不安になり、自分からメールで確認しました。 心配性です。 予約できていたので、翌日予定通りクリニックに向かいました。 高須クリニックでミニ切開!当日 クリニックに着き、同意書のサインなど各種手続きを終えた後席に戻ると、スタッフが寄ってきて私に言いました。 「同意書は持ってきていますか?」 え!??!なにそれ!持ってないよ。 もしかして今日手術できない!? 私「同意書ってなんですか???」 困った顔をするスタッフさん。 「親御さんのサインをもらわないと手術できないです…」 え、もしや私未成年だと思われてる? 「私、未成年じゃないです…」 スタッフさんはびっくりした顔をして、おいくつですか?と年齢を聞いてきました。 「24歳です…」 スタッフ「そうですか。 少々お待ちくださいね。 」 そうですかって!!さっき手続き資料に生年月日書いたじゃん。 見ればわかるじゃん。 クレジットカードで支払ったじゃん! 童顔がコンプレックスだったので、すごくショックでした。 手術前からテンション下がりまくりです。 帰宅後もずーんとしていました。 謝ってくれなかった…。 そのまま座っていたら、番号を呼ばれ、手術室に案内されました。 肝心の手術はというと、想像していたより痛くありませんでした。 麻酔注射は皮膚をつねる程度の痛みです。 あとは無痛。 痛みはないのですが、手術中は恐怖に支配されていました😢 終わってから鏡を見せてもらったのですが、完全にお岩さん状態!ひえ~~~と言ってしまいました。 先生にお礼を言おうとしたら、もういなくなっていました。 お忙しいんだろうな。 希望の幅の2倍くらいだったのですが、手術2週間目の今は理想に近づいています。 それと、ミニ切開といえども実際は中切開(?)のようです。 5cmほど切られていたので、長めの切開ですね。 傷跡はまだ消えていませんが、あと半年くらいで綺麗になるそうです。 また、手術後にポイントカードをもらうことができました!知らなかったのですが、高須クリニックでは手術料金の5%がポイントとして還元されるようです。 ポイントは手術に使うことはもちろん、タカスドクターズコスメと交換することもできます。 私はポイントを残しておくと他の整形にも手を出してしまいそうなので、抜糸に行ったときに化粧品と交換してもらいました。 美容液とかいろいろ選べるのですが、私はいくらあっても困らないであろう必需品!洗顔フォーム2本とメイク落とし1本をいただきました。 1万円相当です。 高須クリニックでミニ切開法を受けたまとめ 言いたいことをまとめます!• 高須クリニックは予約金が必要!• キャンセル料は10%から50%かかる!• カウンセリングは質問を考えてから行くべき!• スタッフさんの接客は最悪!• ミニ切開法はミニではない。 まあまあ長い傷跡になる!• 手術代金の5%のポイントがついて、手術や化粧品に使える! 以上です! ちなみに管理人は湘南美容外科で二重切開をしました。 経過を更新中なので、参考にしてください!.

次の

目頭切開、W法(内田法)、三日月皮膚切除法などの術式の違い、傷跡、経過、腫れ、ダウンタイムについて : Dr.高須幹弥の美容整形講座 : 美容整形の高須クリニック

高須 クリニック 目頭 切開

これが張りすぎていると目が細くなったり、目と目が離れて見えてしまいます。 反対にほとんどないような状態だと、目が顔の中央に寄りすぎて、きつい印象に見えてしまいます。 多くても少なくても顔のバランスをくずしてしまう蒙古ひだ。 生まれつき少ない人や、目頭切開で寄り目になってしまった人のための手術が、『蒙古ひだ形成・目頭切開後の修正』です。 手術は、目頭から上まぶたにかけての皮膚を切開し、皮膚を広げるというもの。 これによってひと回り目と目の間が離れ、目もと全体のバランスが整います。 同時にやさしい印象になり、ニッコリ微笑んだときの笑顔もより魅力的なものになります。 逆Z法のように下向きの蒙古ひだになるのではなく、先の丸い感じの蒙古ひだになります。 手術直後は先の尖った細い目頭の形になりますが、3~6ヶ月くらいかけて、ある程度後戻りを起こし、丸い感じの目頭の形になっていく経過をたどります。 そのため、逆Z法に比べると、手術後の結果が予測しづらいというデメリットがあります。 目頭切開で切られ過ぎてしまった場合の修正手術に用いられることが多いですが、元々蒙古ひだがなく、涙丘が見えすぎている人や寄り目の人に行うこともあります。 目頭切開後の修正の場合、前回の目頭切開であまりにたくさんの皮膚を切除されてしまっていると、この術式ではできないことがあります。 40代女性の患者様で、6ヶ月以上前に他院で目頭切開を受けていました。 診察させていただいたところ、かなり大きく目頭を切られており、パンチで穴を空けたような不自然な形になっていました。 また、蒙古襞がほとんどなくなるくらい切られていたので、涙丘(眼球の内側のピンク色の粘膜が盛り上がっている部分)が丸見えになってしまっており、寄り目でキツい印象になっていました。 他院で受けた目頭切開の術式は不明ですが、傷跡の状態を見るとW法(内田法)であると思われます。 W法(内田法)は、適応を見極め、正確に行わないと、パンチで穴を空けたような不自然な目頭の形になってしまう上に、W字の汚い傷跡が残ってしまいます。 患者様は自然で優しい感じの目頭に修正してほしいという御要望だったので、蒙古襞形成手術をすることになりました。 手術は逆Z法のデザインで蒙古襞を作り、約2. 5mmずつ切り過ぎた目頭を戻しました。 術後は、パンチで穴を空けたような不自然な目頭が程よく尖った自然な目頭になり、適度に涙丘が隠れ、寄り目が解消し、キツい印象もなくなりました。 私(高須幹弥)の場合、手術前に麻酔の点眼薬(目薬)をし、目元の皮膚に麻酔クリームを塗ります。 10分くらい経過すると、目元の感覚が鈍くなってきます。 その後、デザインをし、手術部位を消毒して、局所麻酔の注射をします。 麻酔の注射はわずかに痛いのですが、麻酔の点眼とクリームが効いているため、通常の痛みの半分くらいになります。 また、高須クリニックでは麻酔の注射が極力痛くないように、局所麻酔液を人間の体内と同じPHになるようアルカリ緩衝液を混ぜ、極細の注射針で注入するようにしています。 そのため、麻酔の注射は、皆さんが想像しているよりも痛くなく、ほとんどの患者様が手術終わった後に、「思ったより痛くなかったです!」「全然痛くなかったです!」とおっしゃいます。 手術中は、局所麻酔がよく効いているので、痛みは感じません。 時々、他院で目元の手術を受けた人が、「手術中も痛かった」とおっしゃいますが、正しい局所麻酔製剤を正しい量、濃度で、正しい位置に注射すれば、手術中に痛いということは通常ありません。 手術後は、2~3時間で局所麻酔が切れてきて、徐々に痛みが出てきますが、それほど強い痛みではなく、わずかな痛みです。 一応、念のため全ての患者様に、痛み止めの内服薬を頓服で(痛いときだけ飲んでいただくように)処方していますが、多くの患者様は、「ほとんど痛くなかったので、痛み止めは飲みませんでした」とおっしゃいます。 術後の痛みも想像しているよりも大したものではなく、ちょっとした切り傷、かすり傷程度のもので、「痛くて夜も眠れない」なんてことはないので、恐るるに足らずです。 術後3日目くらいには、痛みはほとんどなくなっているか、気にならないくらいのわずかな痛みになっています。 皮膚を切開する目もとの手術は、切開した部分を細いナイロン糸で縫合し、約1週間後に抜糸をします。 手術当日は傷跡を濡らさないようにしていただきます。 洗顔する場合は、傷跡を濡らさないように、目もと以外の部位を上手に洗ってください(洗顔料、洗顔フォーム、石鹸を使っていただいてかまいません)。 かといって、絶対に傷跡を濡らしてはいけないとか、傷跡を濡らすと取り返しがつかないことになるというわけではありません。 もし、傷跡が濡れてしまったら、綺麗なティッシュペーパーやタオルなどで軽く拭き取っていただけば大丈夫です。 傷跡に洗顔フォームがついてしまったら、水で軽くすすぐか、濡れタオルなどで拭き取っていただけば大丈夫です。 手術当日のシャンプーも同じで、なるべく目元に水滴がつかないように上手に洗ってください。 傷跡に泡がついてしまっても、水で軽くすすぐか、濡れタオルなどで拭き取っていただけば大丈夫です。 手術の24時間後には、傷跡をゴシゴシ強く擦ったりしなければ、傷跡を含め目もとを軽く洗っていただいても大丈夫です(洗顔フォームを使って頂いてもかまいません)。 洗顔した後も、洗髪した後も、傷跡に泡が残らないように、綺麗にすすいでください。 約1週間後に抜糸をした後は、傷跡を含め、ほとんど普通に目もとを洗っていただいて大丈夫です。 ただし、手術して1ヶ月くらいは、傷跡に負担がかかるのは良くないので、強い力でゴシゴシまぶたを擦るのはやめ、軽く指の腹で擦るくらいにしましょう。 蒙古ひだ形成などのメスを使う目もとの手術のリスク、合併症において最も頻度の高いのは、術後の内出血です。 これらの手術は、二重まぶた埋没法やヒアルロン酸注射などと違い、程度の差はあれ、ほとんどの方に内出血が生じます。 私達医師は、なるべく強い内出血が出ないように丁寧に手術をさせていただきます。 程度の軽い内出血であれば、1週間後の抜糸の頃にはほとんど消えていますが、運悪く強い内出血が出てしまうと、消えるまで2週間程度かかることがあります。 その場合、抜糸した翌日からアイメイクをすることができるので、ファンデーションやコンシーラーで隠すことができます。 また、なるべく内出血を生じないようにするためには、私達医師が丁寧に手術することはもちろん、患者様が手術中にリラックスして目に力を入れないこと、術後1週間特に最初の3日間くらいは熱いお風呂に長時間浸からないこと、激しい運動はしないこと、お酒を飲みすぎないことなどが重要です。 蒙古襞形成のリスク、副作用に、仕上がりにわずかな左右差が生じる可能性というものがあります。 そもそも、人間の顔は必ず左右非対称にできています。 目も必ず非対称にできています。 眼球のついている位置、まぶたを開ける力、まぶたの厚み、まぶたの皮膚のたるみ具合、脂肪のつき具合、蒙古襞の張り方、つり目具合、タレ目具合、眉の位置、眉から目までの距離など、必ず左右非対称があり、それらにより、元の目は非対称になっています。 そのため、仮に、完璧に左右対称にデザインし、完璧に左右対称の手術を行ったとしても、元の目の土台の非対称があるため、必ずわずかな非対称は生じてしまうことになります。 特に、他院で受けた目頭切開の修正手術として蒙古襞形成を行う場合は、他院の目頭切開を受けた時点で左右差が生じている可能性があるため、左右対称に仕上げるのが更に難しくなる可能性が高くなります。 また、手術というのはあくまで、生身の人間の体を生身の人間の手で扱う行為です。 コンピューターで絵を描くように、完璧に左右対称に仕上げることは現実的、物理的に不可能です。 我々高須クリニックのドクターは、なるべく左右差が出ないようには最大限の努力はさせていただきますが、上記の理由から、必ずわずかな非対称は生じることになり、コンピューターグラフィックスのような完全なシンメトリーにすることは不可能です。 蒙古襞形成のリスク、副作用に、仕上がりが完璧に自分の理想の形にならないことがある可能性というものがあります。 蒙古襞を希望される患者様の中には、目頭の形のデザインを非常に細かく要望される方がいらっしゃいます。 中には、憧れの芸能人などの目の写真を見せて、「この人と同じような目にしたい」などのようにおっしゃり、他人と全く同じ目にしようとされる方もいらっしゃいます。 しかし、手術というのはあくまで、生身の人間の体を生身の人間の手で扱う行為です。 コンピューターで絵を描くように、何でも自由自在に形を変えることは現実的、物理的に不可能です。 また、まぶたや目の構造は、人によって千差万別であり、眼球のついている位置、まぶたを開ける力、まぶたの厚み、まぶたの皮膚のたるみ具合、脂肪のつき具合、蒙古襞の張り方、つり目具合、タレ目具合、眉の位置、眉から目までの距離など、必ず解剖学的な個人差があります。 土台が違うのに、表面的に蒙古襞形成で目頭の形を変えても、他人と全く同じ目を作ることは、やはり現実的、物理的に不可能です。 我々高須クリニックのドクターは、なるべく患者様の希望の形に近づくようには最大限の努力はさせていただきますが、上記の理由から、患者様が非常に細かいデザインを要望される場合、完璧にその通りに仕上げるのは不可能である場合が多いです。

次の