卒寿祝い おすすめ。 【卒寿】感動されるお祝いの言葉&メッセージ入りのギフト【2020年完全版】

【卒寿お祝いのプレゼント】名入れギフトを紹介 | 婚式.com

卒寿祝い おすすめ

まずは卒寿祝いの基礎知識を知ろう 「卒寿」の由来やテーマカラーは? 「卒寿」の由来 90歳のお祝いは「卒寿(そつじゅ)」と呼ばれています。 「卒寿」という名前の由来は、 「卒」の略字である「卆」が、九十と書くことからきています。 平均寿命が80代までのびている現在でも、卒寿祝いを迎えられる方は日本の人口の2%未満しかいないため、貴重なお祝いであることがわかりますね。 「卒寿」のテーマカラー 「卒寿」のテーマカラーは、 紫色です。 昔は紫色の衣類が大変貴重で、一握りの高貴な人しか着用を認められなかったのだとか。 お祝いはいつすべき? 卒寿を迎えられる方が風習を重んじる場合は、数え年でお祝いをするのが良いでしょう。 しかし、最近では満90歳の誕生日でお祝いをすることも多くあります。 親せきや友人を招待してお祝いする場合は、 みんなが集まりやすい年末年始やゴールデンウィーク、お盆などに行うのも良いでしょう。 90歳になると急な体調の変化も考えられるので、 できるだけ早めにお祝いをする方が多いようです。 卒寿祝いは長寿を願う食事会を開こう! 長寿といわれている現在の日本でも、 90歳まで生きることは大変貴重です。 そのためきちんと家族でお祝いすることが望ましく、遠方に離れて暮らしている孫や子どもたちと会う機会が少ない方には特に、 家族が祝う食事会で 「これからも元気でいよう」と前向きになる人も多くいます。 90歳になると、プレゼントをもらうよりも親族を交えての食事会のほうが嬉しいという方も多いようです。 本人の体調にあわせたお祝いにする 卒寿祝いは、卒寿を迎える方の体調面を考慮することが大切です。 90歳は年齢的にも体力が衰えていますので、 体に負担がかかるようなお祝いの仕方は避けてください。 また、外食するのが難しい場合は 自宅で、体調に不安がなければ 移動距離が短いお店で外食、など卒寿を迎える方の体調に配慮した場所の調整を行いましょう。 食事会後には記念写真をプレゼント 食事会の後に家族みんなで記念撮影を行い、後日アルバムやフォトフレームにその写真を入れてプレゼントをするのもすてきですね。 さらに 名入れサービスを利用することで特別感が増し、いつでも卒寿祝いの日を思い出すことができます。 卒寿をお祝いする食事会の場所・やり方について 食事会の場所は人数で決める 食事会の場所は、 卒寿を迎える方の体調や参加人数 などを考えて決めるようにしましょう。 卒寿祝いを迎える世代の方は、 子どもや孫、さらには曾孫がいることもあるでしょう。 そういった人たち全員を招待すると、かなりの大人数になることが予想されます。 参加する人数が多い場合は、 料理を準備する負担や片付けの手間がかからないお店での食事会がおすすめ。 なお、予約するとキャンセル料が取られるお店もあるので、参加人数に変動のないような時期を選んで開催しましょう。 ただし、卒寿祝いの食事会を長時間行うと体に負担がかかることもあるので、 体調に不安がある場合は自宅を会場にすることも考えておいてください。 お店を予約する時は個室に お店で食事会を開くメリットは、 料理の準備や後片付けをする必要がないことです。 ちょっとした気遣いとして、卒寿を迎える方が周りに気を使わずに楽しい時間を過ごすことができるように、できるだけ 個室のあるお店で予約をとりましょう。 卒寿祝い用の料理を用意しているお店も多いので、その際はコース料理を頼むのがおすすめです。 自宅での食事会のやり方 自宅で行う食事会は、 家族みんなで和気あいあいと楽しい時間を過ごせるのがメリットです。 体が不自由な人やお子さんがいても余計な心配がなく、お祝いの品を贈る側も受け取る側も気を遣う必要がありません。 また、卒寿を迎える方の好みにあわせた料理を用意できるという利点もあります。 なお、参加人数が多い時には、 卒寿の方が 好きなお店の ケータリングサービスを利用するという方法もあります。 両親へ:10000円~30000円くらい• 祖父母へ:10000円~20000円くらい• 親戚へ:5000円~10000円くらい• 同僚や取引先へ:3000円~10000円くらい 卒寿に食事会を開く場合の予算は? お店で食事会を開催する場合、予算は高額になることが多いです。 例えば1人5000円のコースを選択して10人が参加すると、50000円はかかる計算になります。 それにプラスしてプレゼントを用意すれば、予算オーバーになりかねません。 予算が足りない時には、親族から参加費をもらうという手段もあります。 自宅で食事会を開催する場合の予算は、基本的に材料費がメインになるので、お店で開催するよりもかなり安く済みます。 ただしケータリングを頼めばお金がかかるので、 食事会の予算は一緒にお祝いする人と話し合って決めるようにしましょう。 【食事会】卒寿のお祝いに自宅で出すならコレ!おすすめの料理 どんな料理を出すと喜ばれる? 卒寿祝いの食事会は、 卒寿の方の健康状態を考慮してメニューを決めることがポイント。 糖尿病や高血圧など持病がある場合は、味付けは薄味にするなどの工夫と気遣いを、歯が悪かったり入れ歯を使用している場合は、やわらかくてのどに詰まらないような料理を準備する必要があります。 おめでたい料理の定番としては、鯛の姿焼きや鯛めし、ちらし寿司、握り寿司、お刺身などが挙げられます。 喜んでもらうために最も大切なのは、卒寿を迎える方の好みを把握することです。 しっかり計画をたてて、華やかさのある食事会を開催しましょう。

次の

90歳のお祝いの卒寿祝い|お祝いする時期やおすすめのプレゼントをご紹介!

卒寿祝い おすすめ

90歳を迎えた方を祝う卒寿。 大切な人や家族が卒寿を無事に迎えられたときには、ぜひ盛大にお祝いしましょう。 しかし、卒寿のお祝いは何をすれば良いのか、迷う方もいるのではないでしょうか。 自宅でささやかにお祝いをするのも良いですが、家族・親戚が集まって食事会をするのもおすすめです。 今回は、卒寿のお祝いの際に開く食事会の段取りや注意点について解説します。 卒寿のお祝いは時代に沿って変化してきている 卒寿のお祝いと言えば、テーマカラーである紫のちゃんちゃんこを着てもらって祝うのが伝統的です。 ですが、今はあまりちゃんちゃんこを着たがる人が少ないこともあり、卒寿を迎えた本人の希望を聞き、喜んでくれるお祝い方法をとることが一般的です。 卒寿のおすすめのお祝い方法 卒寿のお祝い方法を考える際にもっとも大切なのは、「若い人の目線」ではなく、卒寿を迎える方の好みや健康面、安全性に細やかに配慮することです。 ここでは、卒寿のお祝いに贈ると喜ばれるものや注意点などをご紹介します。 相手が喜ぶものをプレゼントする せっかく何かを贈るのであれば、使ってくれるものが良いですよね。 相手が喜んでくれそうなものをプレゼントしましょう。 たとえば、花をプレゼントするのも良いでしょう。 花はお部屋の雰囲気を華やいだものにしてくれます。 また、卒寿を迎える方が散歩やお出かけをする方なら、帽子やハンドタオルなども喜ばれるプレゼントの1つです。 このとき、ポイントとしては「紫」のものを選ぶこと。 卒寿のテーマカラーは紫のため、紫色のものを選ぶと記念になるでしょう。 お菓子がお好きな方なら、老舗の和菓子屋さんから羊羹など本人の口に合うお菓子を取り寄せたり、お菓子に合うお茶を付けてプレゼントしたりするのも良いでしょう。 皆で食事に出かけるのもおすすめ 何か記念になるものをプレゼントするのはもちろんですが、中には家族や友人とともに楽しく過ごすことが何よりの生きがいという方もいらっしゃいます。 普段はなかなか集まることができない家族・親戚を呼んで、食事会を開くのもおすすめです。 わいわいと楽しく卒寿のお祝いをして、今後もさらに元気でいてほしいという気持ちを伝えましょう。 卒寿を迎える方が好きなお店や、いつもとはちょっと雰囲気の違う、近場の会食ができるお店を予約するなど、さまざまなサプライズを用意するのもおすすめです。 食事会を企画する際の段取りや注意点は? 食事会を行う際には、卒寿を迎える方が90歳という高齢であることを念頭に、準備を進める必要があります。 その方の体力、お医者様から注意するように言われていることなど細やかに考えたうえで、食事会を開くようにしましょう。 調子が悪そうな日は避け、本人の体調を優先しましょう。 座敷を好む方もいれば、ひざを曲げて座ることが難しい方もおり、椅子の方が良いという場合もあります。 また、お店が2階以上の場合、階段で上がることも負担になってしまいますので、お店のチェックや相談は事前に済ませておきましょう。 最優先すべきは卒寿を迎える本人の体調です。 そのうえで家族や親戚と相談し、食事会の検討をしましょう。 まとめ 卒寿のお祝いは、記念になるお祝いアイテムをプレゼントするだけでなく、ぜひみんなで集まって盛大にお祝いをしましょう。 遠方に住む親族で、どうしても集まることができない方には、ビデオメッセージを作ってもらうと、何よりの卒寿祝いになるのではないでしょうか。 卒寿の次は、白寿です。 白寿に1歳足せば100歳。 人生100年時代を元気に過ごしてもらえるよう、卒寿を素敵なお祝いとしてください。 記念になるお祝いの場をお探しの方へ センスのある贈り物をお探しの方へ.

次の

90歳の卒寿祝いに人気のプレゼントランキングTOP10!お祝いの意味や喜ばれるメッセージ文例も紹介

卒寿祝い おすすめ

そもそも卒寿って何? 「卒寿」という言葉は知っている、そしておめでたいという事も知っている、でも、どういう由来で祝うようになったのかは知らない、という人は多くいると思います。 まず、卒寿の由来やいつからの風習なのかをを書いていきたいと思います。 まず、長寿のお祝いをするようになったのは遠い昔の奈良時代。 元は中国から伝わった風習だと言われています。 この時代は現在と比べるととても短命で、40歳まで生きれば長生きできた方でした。 40歳を超えた時点で、「長生きできてめでたい!」と10年ごとに長寿のお祝いをしていたそうです。 今でこそ40代過ぎても美魔女だなんだと言われていますが、この時代での40歳なんて、棺おけに片足突っ込んだおばあちゃんという事になってしまうんですね。 そんな時代ですから、平均寿命を超えて長生きしている人は少なく、貴重な存在でした。 ただ、この頃は90歳まで長生きする人は、あまりいなかったのではないでしょうか? もし、仮に居たとしたら、仙人として崇められた事でしょう。 なので、 「卒寿」をお祝いするようになったのは、この時代よりも平均寿命が延びてきた頃だと思われます。 そして時は流れて数百年。 現在の日本では、高齢化が進み、90歳、100歳まで生きる人も珍しくなくなってきましたよね。 ただ、それはつい最近の事で、 ほんの100年前までは、日本人の平均寿命は50歳と言われていました。 なので、60歳を過ぎると、年齢の区切りに祝い事をして長寿をお祝いする、という習慣が今でもあるのです。 60歳は還暦、70歳は古希、77歳は喜寿、そしていくつか飛ばして90歳は「卒寿」です。 区切りの良い年齢なので、他の区切りの年齢の時は何もしないけど、卒寿の時はお祝いする、という人も多いのです。 ちなみに卒寿の言葉の意味は、略語の「卆」という文字を上から読むと数字の九十に見える事からそう呼ばれるようになったそうです。 どんなプレゼントがお勧め? めでたい卒寿のお祝いプレゼント。 どうせあげるなら喜んでもらえるものをあげたいですよね。 一般的には「これからも元気で長生きしてね」という思いをこめて縁起のいいものを送るといいと言われています。 ですが、 あまり「縁起の良いもの」にこだわらず、90歳のおじいちゃん、おばあちゃんが喜んでくれそうなものをあげると良いと思いますよ! でも遠方に住んでいて普段あまり会う機会がないと、本人の好みもイマイチわかりませんよね。 そこで、卒寿のお祝いに多く贈られているプレゼントをご紹介するので、ぜひ参考にしてみて下さい! 綺麗なお花 お祝いのプレゼントと言えば花ですよね。 卒寿の時でも喜ばれますが、贈る時に気をつけてほしいポイントがあります。 まず、 菊などの花は葬式を連想してしまうのでNGです。 白や緑の花もあまり縁起がよくありません。 卒寿には「茶色のものが良い」と言われているので、それに近い黄色やオレンジ系のお花を撰ぶようにしましょう。 病院に入院していたり、施設で暮らしていたりする場合は、水を換える手間がなく、長期間楽しめるブリザードフラワーがお勧めです。 お菓子、果物 お菓子や果物などは高齢の方には喜ばれます。 高齢になってくると味覚が衰えてくるので、食べ物をあまりいおいしいと感じなくなる場合があるのですが、甘みを感じる機能は最後まで存在する、と言われているので甘いものは喜ばれる事が多いのです。 果物の場合は、旬のものを多すぎない量で、お菓子の場合は小分けにしてあるものがお勧めです。 高齢になってくると一度にたくさん食べられないので、食べきれる量か、日持ちのするお菓子を選びましょう。 人によっては病気などで、糖分などを制限している場合もあるので、お菓子や果物を贈る際には事前に確認しておきましょう。 好きなお菓子がわからないという場合は、 ゼリーがお勧めです。 自分の親の場合は20000~30000円 祖父母の場合は10000~30000円 親戚の場合は5000~10000円 これくらいが相場です。 ただ、これはあくまでも目安なので、無理のない金額を包んだのでいいと思います。 例えば、まだ10代、20代の若い孫の場合は5000~10000円でも問題ありません。 大事なのは気持ちです。 お祝いの言葉はどんな内容がいい? プレゼントを贈る場合は、一緒にお祝いの言葉も伝えたいですよね。 喜ばれるのは「卒寿おめでとう」という長生きを祝う言葉と、「いつまでも元気でいてね」「もっと長生きしてね」という体調を気遣う言葉だと思います。 ただ、「面と向かってそんな事、恥ずかしくて言えない」という照れ屋さんもいると思いますから、そんな時はプレゼントと一緒に手紙を渡しましょう。 メッセージカードに一言沿えるだけでも、喜んでくれますよ。 例分を少しご紹介します。 おばあちゃん、いつもありがとう!おばあちゃんのくれた野菜、いつもおいしく食べさせてもらっています。 体に気をつけて畑仕事無理しないようにね。 これからもずっと長生きしてね こんな感じで、お祝いの言葉だけでなく、思いやりの言葉を入れると、おじいちゃんもおばあちゃんも、きっと喜んでくれるはずです。 手紙を書く時は、目の悪い人でも読める文字の大きさと濃さにするように気をつけて下さいね。 せっかく贈った手紙を見て「・・何て書いてあるのか読めん・・」とがっかりしてしまう事のないように配慮しましょう。 最近の卒寿事情 自分の祖父母や両親の世代は、卒寿もまだまだめでたい事で、お祝いする人も多いですよね。 でも今では60歳まで生きるのは当たり前、90歳まで生きるのも珍しくないことになってきています。 これが、自分達の世代の時はどうなっているのでしょうか? 今は少子高齢化なんて言われていますから、この先、むしろ高齢者より若者の方が敬われているのでは?なんて考えてしまいますね。 長寿を祝う風習自体なくなってしまっているかも!?そんな可能性も0ではありません。 どんなプレゼントや言葉でも、周りから長生きをお祝いされるのはうれしい事です。 普段は忙しくて会えなくても、卒寿の日は顔を見せに行ってあげましょう。

次の