空母いぶき great game 11話。 新連載『空母いぶき GREAT GAME』第1話を無料公開!!

空母いぶき GREAT GAME【最新第10話】「いぶき」緊急出動 ネタバレと感想!

空母いぶき great game 11話

空母いぶき GREAT GAME【最新第10話】「いぶき」緊急出動 ネタバレ 空母いぶき GREAT GAME【最新第10話】「いぶき」緊急出動 東都新聞社所属一の瀬記者は、北極海事件をネットで調べる中、キングリッジ大将が柳沢首相と会談したことに注目します。 官邸官邸のサイトでは、首相自らが「しらぬい」が無人航空機の攻撃を受けたこと、「いぶき」と「ちょうかい」の2艦を北極海に派遣することを閣議決定した旨を報告します。 一の瀬は早速に沢崎国家安全保障局長に電話をすると、今回の「いぶき」出動をアメリカの要求ではなく、日本の判断によるものだと確信するのでした。 明朝「いぶき」と「ちょうかい」は賑々しい見送りがない中での出航となり、浦賀水道を通過していきます。 一方、キングリッジは、柳沢との会談結果を大統領に報告すべく、急ぎ在日米軍基地から渡米の途に着きます。 「いぶき」が北上している情報は、ハワイから北極海に向かう米海軍第3艦隊の「ポートロイヤル」と「ハルゼー」にも伝えられました。 「ポートロイヤル」のブリッジでは、無人機で攻撃したのはロシアとの意見が出る中、救援船もカナダ沖を北上中から、早く現場に駆けつけるつもりです。 艦長のアームストロング大佐は、1000トンの「しらぬい」が「ディオサ号」を曳航しながら横断しようとする様子をモニターし、北極海を我が聖域とするロシアがどんな手段を使っても阻止に向かうと予想するのでした。 スポンサーリンク 空母いぶき GREAT GAME【最新第10話】の感想 今回は熱血艦長の蕪木は出番なしで、周辺を取り巻く情勢のお話となりました。 剛腕記者一の瀬や、前作でアルバトロス隊の隊長だった迫水など、前作からの登場キャラがチラホラと出てきました。 「いぶき」での秋津と新波の会話にも注目です。 前作では、艦長と副長の関係で攻撃方針などで意見が対立する場面がありましたが、今回は群司令と艦長という立場に収まったせいか、お互いが尊重するような気遣いも感じられ、柳沢総理の判断に対しての軽いジョークも言える間柄になり得たようです。 まとめ ということで、 この記事では、2020年5月25日発売の『ビッグコミック2020年11号』に掲載された 空母いぶき GREAT GAME【最新第10話】「いぶき」緊急出動のネタバレと感想を紹介しました。 今回のお話を簡単にまとめると、• 「いぶき」出動!• アメリカに帰国するキングリッジ• 北上を続ける「ポート・ロイヤル」と「ハルゼー」 という内容でした。 今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。 この記事の内容を漫画で読んでみたい! と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく、購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめです! こちらの記事では、好きな漫画の最新話や単行本をお得に読むことができるサービスを紹介しているので、よろしければご覧ください!

次の

新連載『空母いぶき GREAT GAME』第1話を無料公開!!:イザ!

空母いぶき great game 11話

ビッグコミック編集部からお年玉! 発売中のビッグコミック新年1号掲載作 [画像: ] 正月休み最終日の1月5日、ビッグコミック編集部から「お年玉」として、発売中の雑誌ビッグコミック1号に掲載の『空母いぶき GREAT GAME』第1話を丸ごと無料公開!! 発売中の雑誌に掲載されている作品を丸ごと無料で公開するのは極めて異例です。 編集部が決断した理由は「第1話がとにかくおもしろく、大ヒットした前作を上回る傑作になる予感があります。 この緊迫感とおもしろさを老若男女問わず一人でも多くの方に体験していただくには、ネットでの無料公開が最適と判断しました。 また、国内外の作品問わず、連続ドラマの次回放送を楽しみに視聴されるような方には、雑誌で連載作品を追いかける楽しさにも気づいていただきたいという思いもあります。 ということで、『空母いぶき GREAT GAME』第2話が掲載されるビッグコミック第2号は1月10日ごろに全国の書店やコンビニエンスストアで発売です!」とのこと。 編集部がそれほどまでに自信を持っている『空母いぶき GREAT GAME』第1話は上記サイトで公開中。 緊迫感のある作品を毎月10日と25日発売のビッグコミックで月に2回追いかける楽しさもこの機会にゲットしていただきたい。 『空母いぶき GREAT GAME』 かわぐちかいじ 協力/八木勝大・潮匡人 原案協力/惠谷治 ビッグコミック2020年1号から連載開始。 コミックス既刊12巻で530万部を突破し、昨年実写映画化もされた超人気作『空母いぶき』は尖閣諸島周辺での中国軍との衝突が物語の中心だったが、新作『空母いぶき GREAT GAME』は北極海で幕を開けた。 ビッグコミック 1968年2月創刊。 小学館より毎月10日、25日発売。 「知性と品格と反骨の業界ナンバー1青年漫画誌」を標榜。 『ゴルゴ13』(さいとう・たかを)が1968年11月の連載開始以来一度も休載なく掲載されている漫画誌としても有名。 【公式サイト】.

次の

新連載『空母いぶき GREAT GAME』第1話を無料公開!!|株式会社小学館のプレスリリース

空母いぶき great game 11話

空母いぶき GREAT GAME【最新第11話】アニタ・スタンレインのメッセージ ネタバレ 空母いぶき GREAT GAME【最新第11話】アニタ・スタンレインのメッセージ 極海専用の米軍潜水艦シーウルフ級が、洋上に展開するロシア艦隊の動きをキャッチしました。 その中央の巨大な躯体は、ロシア原子力ミサイル巡洋艦キーロフ級「ピョートル・ヴェリキー」。 全長252mと空母「いぶき」をも上回る戦後最大の洋上艦です。 バレンツ海から「しらぬい」と「ディオサ号」に向かうロシア艦隊は、アラスカから北上する米第3艦隊に対応する動きで、明らかに日米の勝手にはさせないという意思を示します。 一方、この動きは同じく北上を続ける、自衛隊「いぶき」「ちょうかい」の第5護衛隊群にも報告が入りました。 横須賀からは、ロシア北方艦隊のうち4艦の移動の確認まではありましたが、艦名や位置情報を教えない辺りに、自衛隊の関与を拒否した米軍の偽ざる感情を察する秋津は、この情報を「しらぬい」に伝達するよう命令をします。 その「しらぬい」では蕪木が「ディオサ号」のアニタと会談をしています。 アニタは自分たちが拾った現代の軍事シンボルであるソナーをきっかけ、北極海が国家の欲望に晒されていると情報の公開を決意します。 アップされた動画投稿サイトに誰もが注目する中、ロシア艦隊は知らぬ存ぜぬで接近を続けてきます。 するとこのタイミングで、蕪木に救助船「ポセンドン」が停船したと連絡が入りました。 スポンサーリンク 空母いぶき GREAT GAME【最新第11話】の感想 日米ロと三つ巴の様相を感じさせる始まりは、いきなりの「シーウルフ」。 『沈黙の艦隊』で海江田艦長「まやと」と死闘を繰り広げたベイツ兄弟が搭乗した同型艦のゲスト出演。 嬉しいファンサービスです。 扉絵を飾ったキーロフ級の威圧感でしたが、あの「大和」は262mあったため「戦後最大の〜」というセリフに繋がります。 ストーリーとしては、アニタがソナーの公開という、切り札を早々と使ってしまったと印象でした。 柳沢総理が懸念したように「ポセンドン」の停船という、思わぬ事態を自らの手で招いてしまいました。 自衛隊側では、蕪木が秋津に動画アップの件について報告がなかったこも気になりますが、米ロ艦隊よりも現場に遅れそうな「いぶき」との連携がうまくいくのか心配な材料が増えてきた気がします。 まとめ ということで、 この記事では、2020年6月10日発売の『ビッグコミック2020年12号』に掲載された 空母いぶき GREAT GAME【最新第11話】アニタ・スタンレインのメッセージのネタバレと感想を紹介しました。 今回のお話を簡単にまとめると、• ロシア艦隊の接近• ソナーの公開をするアニタ• 「ポセンドン」は助けに来ない という内容でした。 今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。 この記事の内容を漫画で読んでみたい! と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく、購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめです! こちらの記事では、好きな漫画の最新話や単行本をお得に読むことができるサービスを紹介しているので、よろしければご覧ください!

次の